2010年4月27日

3年間の苦しみの元凶発覚 ~検査入院決定~

昨日は朝10時から病院へイン。
診察・検査が終わったのが18時。
薬を買いに行って、電車に乗ったのが19時でした。

僕が3月31日に救急車を呼んで入院した田園調布中央病院の主治医に紹介状を書いてもらって、横浜市都筑区のセンター南駅前にある昭和大学横浜市北部病院というところへ行ってきました。

田園調布中央病院では小腸内視鏡検査の検査器具とその検査ができるだけの医師がいないということだったので、昭和大学横浜市北部病院の助教授の医師にお願いしてもらうことに。

診察後の検査は採血、点滴、CTスキャンでした。
もう俺は高校3年の頃から何十回と採血受けてるよ……。
献血とか余裕だろ。ヘモグロビン濃度低いからできないけど。

それでもヘモグロビン濃度は11.3まで回復しました!(平均値は14~16)
この間は9.9だったのでよかったです。

それにしても昭和大学横浜市北部病院の看護師はムカつきますね。
要領を得ないし、こっちは「痛い!」っつってんのにまるで無視するし。
こっちは病人なんだからもう少し配慮してもらいたいなあ。

田園調布中央病院の看護師さんはみんないい人でしたね。
あそこは入院してて非常に気持ちよかったんだけど、今度は昭和大学横浜市北部病院に検査入院しなくちゃならなくて気が重いです。

5月17日~入院です。
何事もなければ18日に退院できますが、悪性腫瘍だったり、クローン病と判断されたり、手術が必要だったりした場合はそのまま1週間以上の入院になります。

文芸サークルの幹事長がお酒の飲めない(ドクターストップです)僕を気遣ってお菓子パーティを企画してくれました。
励ましの言葉もくれたし、ホント心配かけてごめんね!

ちなみに疑われている病名は「ベーチェット病」「クローン病」「単純性潰瘍症」のどれかです。
どれも原因不明の難病ですが、闘病生活がんばりたいと思います。

2010年4月25日

僕のこだわり

どうでもいいこだわり。

・財布の小銭入れるところは2つに分かれてないと嫌だ。

100円玉、500円玉 / 1円玉、5円玉、10円玉、50円玉 に分けないと気が済みません。

だって取りづらくないですか? 探しづらくないですか? レジ前で、ジャラジャラやるんですか? 耐えられない。


・読んでないマンガは本棚に仕舞わない。

これは普通かな。
読んでないコミックスや漫画雑誌は基本的にテーブルの上に積んでいます。

なので客人がテーブルの上の本を読むことが耐えられない。
本棚のものから取って読んでほしい。まだ読んでないものを自分より先に読まれるのがそもそも苦痛。

この間テーブルの上に積んでおいた、まだ読んでいない絶望先生第二十集を了解もとられずに読まれていたときは発狂しそうになったが、大人の許容力で耐えた。
二度とそいつに会うことはないだろう。

あとどうでもいいけど、読まずに積んである本は「積読/積ん読(つんどく)」っていいます。
辞書をちゃんと調べよう。
「積み本」でもなければ「積み読」でもない。「つんどく」が正解。


・自炊というか料理が嫌い。

いかに自炊をせずに家計を抑えるか、を研究中。
他人のために料理をつくるのならいいが、自分のためにつくってそれを自分で食べるなんて、なんか……、なんかアホらしい。


・Twitterで、フォロワーのつぶやきは全部読んでいます。

後輩から「ストイックだ」と言われたこだわり。
TL(タイムライン)の未読は全部チェックして追っています。

まるでストーカーだなあ。
よるほー会をはじめとしたフォロワーのみなさん愛してる。


また気づいたら書いていこう。
変人度が上がるけどねwww。

2010年4月24日

マンスリー隠し金山ライブ! @ネイキッドロフト

本日ネイキッドロフトにて、月刊・鶴岡法斎「マンスリー隠し金山ライブ!」が開催されました!

『ねぎ姉さん』や『闇鍋ブロードウェイ』の作者で、僕の大尊敬している小林銅蟲さんがゲストとして出演するという話を聴きつけ、予約して行ってきました!

トークライブですが、ライブレポートとして書かせていただきます。
ではどうぞ。

2010年4月23日

トイカメラ始めました。

トイデジカメ、VistaQuest1005の限定バージョン、NICODIGIを買いました。


わーいヽ( ´∀`)ノ
ヴィレヴァンオンラインで買いました。

入院が生活の区切れ目となったことで始めたくなった新しいことの第二弾です(第一弾はよるほー)。

こんな写真を撮りました。サイトにアップする予定です。




でも本当はトンネルエフェクトとか多重露光とかクロスプロセスとかやってみたいです。
なのでフィルムのトイカメラの購入を検討中。
デジカメではこれらの撮影・現像方法はできませんからね。

都市や街を基点・主軸にして撮影していくつもりです。
まだまだ撮影技術も未熟だし、いいロケーションも全然知りませんが、度々ブログやサイトやつなビィにアップしていきたいと思います~。

トイカメラの道はまだまだ始まったばかりだ……!!

2010年4月19日

「よるほー」考察

「よるほー」とは何ぞや?


僕がTwitterを始めてから数ヶ月、深夜0時になると「よるほー」と呟くお方を発見した。

一体なんだと思ってさっそく調べると(現代ゆとり教育享受者はこういう「気になったらすぐ調べる」ということをしないからゆとりゆとりと叩かれるのだ。「ググる/ググれ」って言葉ができたのも、きっとこれが原因だと思っている)、「夜にホー(フクロウの鳴き声)」だから「よるほー」というのが言葉の由来だとすぐにわかった。

意味は特にない。
定義としては、「ツイートボタンを押してからタイムライン上に反映されるまでのタイムラグを考慮に入れた上で、0時00分00秒にちょうど重なるようにツイートすること」である。

この「よるほー」を知った当初はあくまでもROM、よるほー観戦に徹していたのだが、先日の入院がちょうどいい区切れ目となり、この春から何かしら新しいことを始めてみたい! という思いが湧いてきていたところ、ならば自分もよるほーしてみよう! という思いに至ったわけである。

先述のとある方とは言うまでもなく、僕が尊敬している@tora_nuco氏のことである。
氏のブログと相互リンクを結べた嬉しいできごとは記憶に新しい。

さて、氏は「本気でよるほーを決める会(現:よるほー会)」という会を設立し、見事なまでにその実績と会員を増やしている。

僕もこの思いに至ってからすぐに入会しようかと考えたのだが、観戦するのと実際に競技に参加するのはやはり違う。
やってみると思いの外うまくいかない。

だが、誰でも最初は初心者である。
「よるほー会」は単なるインターネット上のお遊びサークルではない。
本気でよるほーを決める人材を養成する、よるほーゼミなのである。

ならばよるほー会に入会すればよるほーを決めることができるのではないか?
……その考えでは甘い。

英会話教室に入会したら誰でも英語を話せるか、というとそうではない。
少なからずの努力や、何かしら自分にとって有用な(勉強)方法を模索しなければ結果はついてこない。

それに、何の目的も意味もなくよるほーするのと、よるほー会に入会して高まった意識でよるほーするのでは段違いだ。

早速よるほー会に入会した僕は、入会日のまさにその日にいきなり「トリプルよるほー(3つのクライアントもしくは2つのクライアント+Webでのよるほー)」を試み、1発だけだが成功を収めた。

会長を務められている@tora_nuco氏には多大なる感謝の念と、以前にも増す尊敬の気持ちで一杯である。

だがその反面、僕はよるほーに捕らえられてしまった。
よるほーこそがTwitterをやる上での最大の醍醐味となってしまったのである。

退院後は0時に寝て、朝8時半に起きるという規則正しい生活を送ろうと決め、その基準にもなるよるほーは最適のアラート・システムだと思って始めたのだが、完全に飲み込まれてしまった。

具体例を挙げるならば、ポケモンをやっている人がいて、その人が個体値とか努力値とかでポケモンを厳選していたとしよう。
周りの一般人あるいはポケモンライトユーザー(RPGとしてのポケモンのストーリーを楽しむ人)からしてみれば、「何やってんの!?」という反応が当たり前である。

それと同じことなのだ。
周りから見れば、「よるほー? 何それ? 何やってんの?」という反応なのだろうが、当人たちはポケモンの厳選をするのが、よるほーをするのが、当たり前の世界に生きているのである。

格段に周りとの温度差が違う。
理解されなくても、僕たちは毎日熱い気持ちをつぶやきに乗せて、「よるほー!」と高らかに叫ぶのだ。

そしてその結果で一喜一憂する。
失敗したら悔しいのだが、成功したところで何の意味はないのだ。

だが「よるほー」自体に意義はある。
Twitter上で価値を形成し、人の心を熱くさせる一つの新しい文化として、今日もTLを彩っていくことだろう。

2010年4月18日

手相に関する考察

昨日のTwitter上での手相に関するpostのまとめ。

手相は宗教じゃない。
手相学という立派な学問である。

宗教学には分類されないが、実際に池袋界隈を中心としたとある宗教団体のツールとして使われてしまっているのは事実です。
僕は手相を鑑定する際にはそういった誤解を解くためにも、「手相はあくまでも占いなんだよ、気にしすぎることはないよ」というスタンスを貫いております。

実際に「手相は当たるか?」と聞かれれば、その答えはフィフティ・フィフティ、です。
当たる人もいれば、当たらない人もいます。

手相は過去・現在・未来すべてを見れますが、全部的中させるというのは難しいです。
そもそも手相は年々変わりますし、不安や悩みを解決・解消するための足がかりになればいいかなと思っています。

手相とは心を映す鏡といわれています。

なので抱えている悩みや自身の性格、それにこれから起こってくるであろう幸福や結婚や出会いといったものが手のひらにしわとなって表れますので、それを見た上でこうこうこうしたほうがいいというアドバイスを与えます。
あとはその人自身がそのアドバイスを受け止めて、自分の力で問題を解決していってほしいです。

そういう、「手相を見て占ってもらったアドバイスを信じる」という意味では宗教かもしれません。
でも教祖はいないので、よくわかりません。

手相サークルの幹事長(部長)である僕が教祖なのかもしれませんね(笑)

文芸サークルで手相鑑定をする迷惑な副幹事長 = 俺

昨日は文芸サークルの飲み会でした。
ビール1杯ぐらいだったら飲めるかなぁ~と思って行ったのですが、待機中に調子が悪くなってきたので断念。
結果りんごジュースと烏龍茶だけで、その場の空気で酔えました。

この小腸腫瘍を契機に断酒してもいいかなぁ~と思っています。
ノンアルコールの付き合いの方が好みですしね。



■ 手相鑑定について ■

文芸サークルなんだから文学トークをすればいいものを、僕は必死になって新メンバー全員の手相を見てまわるという、アルコールを摂取してもいないのにもかかわらず酔っ払いみたいな行為をしでかしてしまいました。

が、周りは全員酔っ払いなので、そういう奇特な趣味にはどんどん喰いついてくる。

基本的に草食系サークルなので、消極的な人ばかり。
生命線と知能線が離れている大胆な人は3人しかいませんでしたwww

手相のことは後日もしくは今晩にでも詳しく書きます。
昨日Twitterを通して、とあるフォロワーの方のおかげで自分の手相および手相鑑定に対しての考えを深められたので、まとめておきます。
書いたらTwitterで言います。



■ Twitterについて ■

手相サークルのアカウントを一旦作ったんですが、すぐに消してしまいました。
理由は意味がないなと思ったから。
でも1ヶ月ぐらいかけて、【今日から使える手相知識】を参考画像(Twitpic経由)付きで呟くbotの準備を整えたいので、それができたらまたアカ取ろうと思います。

手相サークルでTwitterやってる人はいないから活動日を呟いても意味ないんだけど、それはインカレのための渉外活動にもなるし、手動で呟こうかと思います。

Twitterおよびよるほーのことも後日まとめます。

あくまでもこのエントリは昨日の飲み会の話ですからw


2次会、3次会の出席は体のことを第一に考えて欠席しました。
1年生の女の子と2人きりで帰りました^q^
全然話せなくて自分に絶望しました。

これでも大学1年の頃よりかは異性と話せるようにはなったんだがなあ。
ほら、俺、男子校だったから(フフン

2010年4月15日

病名「潰瘍性小腸腫瘍」

近況報告。
手相サークルの第一回目の説明会に5人もの人が来てくれてほくほくです。
1年生が3人、2年生が2人です。
来週また2年生が1人来てくれるみたいです。

入院していて、新勧活動がまったくできなかったのに、みんなマイルストーンやらホームページを見て来てくれているみたい。
一応テーブルの上にもポップを出しているので、それでも宣伝効果はあるかもしれない。
でもビラの効果はまったくないねw

授業も面白いものもあれば大変なものもあって、今年はとんでもないことになりそう。
手相サークルで幹事長をしっかり務めて、山猫文学会でも副幹事とホームページの管理運営、演習が再履修科目を含めて4つ、英語が2つ、おまけに就職活動。

プロレタリア文学の授業で、「就活=醜活」、「大学は就職予備校か」という話を聴いてすごく面白かった。
あの演習の授業は当たりです。


それで今日の内視鏡検査の結果。
まだ詳しい結果は出ていないのですが、病名として、潰瘍性の「小腸腫瘍」と診断されました。

横浜の病院へ行って、カプセル内視鏡および小腸カメラをやらなければなりません。

まだまだ大変です……。

2010年4月6日

入院&退院


入院してました。

3月30-31日の深夜に下血(ケツから鮮血が迸る)、貧血でトイレで倒れて気絶して、救急車呼んで12件受け入れ拒否されたのちの入院。

救急車に乗ったのは人生2回目。
入院は初めて、点滴も始めて。

内視鏡検査(大腸カメラ)は2回目。
15日に再検査なので、計3回。

救急車の中で1時間ぐらい缶詰にされたね。
早朝だったからどこの病院もダメで。
まあ、結果入院した病院はすごくいい病院だったのでよかったです。

入院生活日記とか書いてもどうしようもないんで、Twilogでも読んでください。

流動食に一喜一憂したり、胡麻プリンに感動したり、ものすごい暇だったり、バイト先に「バイトやめます」っていう電話をかけたり、意味もなく友達に電話をかけたり、マンガや本を読んだり、点滴のコネクタパーツいいなあって思って写真撮ったり、『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん!』やハートキャッチプリキュアやピタゴラスイッチを観たり、消灯時間21時に寝て朝6時に起きたり、そんな感じ。

まだ貧血は続いています。
回復するまで1ヶ月ぐらいかかるそうです。

通常の人のヘモグロビン濃度は14~15ぐらいなのに、今8しかありません。
今日から学校ということで昨日外泊退院、今日付けで無事に退院しましたが、学校行くまでの道を歩いているだけですごく疲れて息切れしてしまうほど。
坂がつらいです、坂が。

15日の検査まで静養します。

ちなみに原因は不明です。
原因不明の下血です。
なので再検査なのです。