2011年12月30日

ザ・ベスト・オブ・コミックス2011

いかがお過ごしでしょうか。
突発的に行った企画「ザ・ベスト・オブ・アルバム2011」でしたが、その企画に追随する形で再び突発的に行う、その名も! 「ザ・ベスト・オブ・コミックス2011」!!

僕は漫画を読むことぐらいしか生きがいがないので、今年読んだなかで面白い漫画はどれだってことを決めようと思います。
でも発売した漫画は数多くあるので、制限を設けましょう。

<ルール>
①2011年に第1巻が発売したコミックス
②2011年に最終巻が発売したコミックス(※連載が完結した作品ではなく、あくまで最終巻の発売)

追補として、全1巻の作品も含まれます。
ちなみにこのルールには1つ欠点があって、今年第1巻が発売された漫画の最終巻が来年発売された場合、2年連続受賞もありえてしまうということです。
まあそれでもいいかなという気もしますので、ひとまずこれで行きましょう。
今後ルールが変わる可能性もあります。なんせ第1回目ですから。

では、「ザ・ベスト・オブ・アルバム2011」から少し間が空いてしまいましたが、いってみましょう!


【候補作品①】
・青山景『よいこの黙示録』講談社 2011.03.23
・浅野いにお『うみべの女の子』太田出版 2011.03.17
・阿部洋一『血潜り林檎と金魚鉢男』アスキー・メディアワークス 2011.10.15
・井田ヒロト『誰かカフカを守って』新潮社 2011.09.09
・稲山覚也『てんむす』秋田書店 2011.06.08
・碓井尻尾『青春甘辛煮』竹書房 2011.03.26
・榎屋克優『ミッドナイト・ウォーク』太田出版 2011.08.20
・大久保篤『ソウルイーターノット!』スクウェア・エニックス 2011.09.22
・王嶋環『紫乃先生〆切前!』芳文社 2011.01.07
・かにかま『もうダメかもしれない』芳文社 2011.11.26
・河田雄志/行徒『もぎたて☆アイドル人間』角川書店 2011.04.04
・河田雄志/行徒『学園革命伝ミツルギ なかよし』スクウェア・エニックス 2011.05.25
・沙月ゆう/浜田ぢゅんいち『恋のソムリエ 式部ちゃん』キャラアニ(角川) 2011.12.15
・サンカクヘッド『荒くれネバーランド』幻冬舎 2011.02.24
・下村トモヒロ『シュガービーチ』芳文社 2011.08.06
・神堂あらし『おしのびっつ!』芳文社 2011.01.07
・杉基イクラ『ナナマルサンバツ』角川書店 2011.05.02
・瀬野反人『残念博士』角川書店 2011.12.02
・高津カリノ『サーバント×サービス』スクウェア・エニックス 2011.09.24
・楯山ヒロコ『椿さん』芳文社 2011.03.07
・てっけんとう『うちのざしきわらしが』芳文社 2011.07.27
・はましん『花みちおとめ』スクウェア・エニックス 2011.06.22
・藤島じゅん『丸の内!』芳文社 2011.07.07
・みなもと悠/土塚理弘『ハルポリッシュ』秋田書店 2011.09.08
・宮原るり『僕らはみんな河合荘』少年画報社 2011.05.30
・森繁拓真『となりの関くん』メディアファクトリー 2011.04.23
・山田古都子『ひよっこシスターの安息』芳文社 2011.12.07
・夕仁『inote! -アイノテ!-』芳文社 2011.03.26
・よしだもろへ『いなり、こんこん、恋いろは。』角川書店 2011.04.04
・六道神士『エコー/ゼオン』角川書店 2011.03.04

【候補作品②】
・亜桜まる『だぶるじぇい』(全6巻)講談社 2011.12.16
・あらゐけいいち『Helvetica Standard』(全1巻)角川書店 2011.07.23
・石黒正数『外天楼』(全1巻)講談社 2011.10.21
・岩井恭平/刻夜セイゴ『OZ-オズ-』(全6巻)メディアファクトリー 2011.04.23
・碓井尻尾『店長の憂鬱』(全3巻)竹書房 2011.11.26
・えすのサカエ『未来日記』(全12巻+スピンオフ2巻)角川書店 2011.04.26
・小島あきら『わ!』(全3巻)スクウェア・エニックス 2011.06.22
・さよならポニーテール『きみのことば』(全1巻)太田出版 2011.10.08
・島田英次郎『お憑かれさん』(全8巻)講談社 2011.01.17
・樹るう『パンむすめ』(全1巻)芳文社 2011.11.07
・尚村透『失楽園』(全6巻)スクウェア・エニックス 2011.06.22
・林トモアキ/浅井蓮次+『戦闘城塞マスラヲ』(全4巻)角川書店 2011.04.26
・東屋めめ『ご契約ください!』(全3巻) 2011.03.26
・丸智之『トライピース』(全11巻)スクウェア・エニックス 2011.12.22
・矢上裕『アゲハを追うモノたち』(全4巻)角川書店 2011.03.04
・PEACH-PIT『ZOMBIE-LOAN』(全13巻)スクウェア・エニックス 2011.04.27



※敬称略
※商品へのリンクは張りませんのであしからず。


第10位 はましん『花みちおとめ』スクウェア・エニックス 2011.06.22
まずはイチオシのこの作品。
主人公の女の子は草花と会話ができるがいじめられていて、そこに華道の家元でどこでも花を咲かせられる男が転校してきて、主人公の女の子もろともアレンジメントさせられちゃいます!
どうですか? これを聞いただけでもだいぶ面白そうでしょう!
で、タイトルを話毎につけるのですが、そのタイトルが中二感があってとても良いです。
ガンガンオンラインで1話を読んだら1発で惹かれてしまった作品です。

第9位 樹るう『パンむすめ』(全1巻)芳文社 2011.11.07
新規オープンするパン屋さんの話。4コマです。
パン学校(?)を卒業して、祖父のパン屋を継ぐことに。夢を叶えるってやっぱりいいよね。楽しそうなんだけど、苦労もたくさんあって。
雑誌で読んですごく面白かったのですが、残念なことに1年という単位で終了(物語の内容的に)。
パンが好きな人はぜひ読みましょう。小学生の男の子の常連客とのロマンスもいいね(巻末のおまけで成長します)。

第8位 碓井尻尾『店長の憂鬱』(全3巻)竹書房 2011.11.26
すし4コマ漫画。すし漫画の金字塔です(『さくらんぼ。』などもあるけどね)。
お寿司が好きな人はぜひ読みましょう!(あれ? 食べ物系作品が連続している……(笑))
バイトのアユカワさんは俺の嫁。1話毎に必ず「○○少女」という題の4コマがあります。
実際チェーン店の店長って相当大変だと思うんですよ、読むとわかるんですが、休みも全然とれないだろうし……。
ああ、これは憂鬱だわという感じが突き刺さってきますが、寿司屋でバイトするのもいいかなあとか思ったり、思わなかったり。あくまで作中のギャグが面白いだけで、実際やってみたら大変かもしれませんね。特に巻末おまけの高校生の頃の店長の顔といったらないwww
完結してしまって残念ですが、碓井先生の活躍は『青春甘辛煮』で。

第7位 岩井恭平/刻夜セイゴ『OZ-オズ-』(全6巻)メディアファクトリー 2011.04.23
SFですよ、しかも内部世界、マトリックスです。
“痛み”がない世界を作って、みんなその中でそれが当たり前の生活を送っているんですが、“OZカード”を手にしてしまうと“痛み”を感じるようになってしまう。その恐怖の描写がすごい。
で、カードを持つ者同士でサバイバルバトル。勝ったら賞金。シンプルなように聞こえますが、実際かなり複雑です(笑)
刻夜セイゴ先生は『低俗霊MONOPHOBIA』で知ったんですが、低俗霊シリーズは1から読んでないとわからない上に個人的にあまり好きではないので、ぜひこちらをおすすめします。
オズと言えば『オズの魔法使い』で、実際知っているとキーワードやらなにやら流用なさっています。
『サマーウォーズ』の内部世界も「オズ」なんですが、これはなんたる偶然でしょうかね。
少々話がコンパクトにまとまり過ぎてるような気もするけど、SFが好きな人なら全然問題なく楽しめるでしょう。

第6位 野中英次/亜桜まる『だぶるじぇい』(全6巻)講談社 2011.12.16
完結したとき、マガジンが寂しくなりました。ユルアニでアニメ化もしました。
伝統芸継承部を舞台に、いろんな職人さんが自前の技術を磨いていく(当初は)という漫画です。
異色タッグの『だぶるじぇい』でしたが、やっぱり読み返してみると面白い。
枕職人で盛大に笑いましたからね。
やはり亜桜先生の描く女の子はすごくかわいいですね。みんなかわいい。
「○○職人」って言えばもうなんでもオッケーな感じがあって、「今週の職人」とかやってた頃は中だるみかなーみたいに思ってしまっていました、すみません。
『ポチ』の連載再開はあるのでしょうか。

第5位 森繁拓真『となりの関くん』メディアファクトリー 2011.04.23
先日iPhoneのコミックフラッパーで知った作品。授業中こそこそ遊ぶだけ!
毎回毎回よく思いつくなあという感じですが、横井さんのリアクションが毎回面白いし、横井さんかわいい。
この漫画は関くんではなく、横井さんを見るための漫画なのかもしれません。
後藤さんが出てきてから誤解が進行して、恋愛的視点が出てきてるのがまた面白いというか。
どこへ向かおうとしているのか、見届けなければなりません、これは。
やはり舞台は中学校だと思うのですが、弁当食ってたし、高校なのか中学なのか未だにわかりません。
机改造したり、黒歴史とかもかなり面白いですね。

第4位 石黒正数『外天楼』(全1巻)講談社 2011.10.21
オムニバス形式で進んでいく近未来ミステリ。
石黒正数先生は日常系のSFがすごく得意というか、すごく好きです(短篇集にいくつかあります)。
クローンの是非とか、ロボット(アンドロイド)の人権とか、そういうテーマにも着目していて、フェアリーっていう小型の人型人工生命体がキーとして出てくるのですが、議論を巻き起こしていたりね。
結末はビビりました。これはすごいです。

第3位 東屋めめ『ご契約ください!』(全3巻) 2011.03.26
営業4コマ漫画。とにかくもう吉田さんがかわいくて仕方ないんですよ!!
それなのに松野社長と……ぐぬぬ。まあ、わかっていたことですけどね。
さて、東屋めめ先生と言えば年明けに『リコーダーとランドセル』のアニメを控えていますが、僕はこの作品で知りました。
季節のイベントと商戦というのはやっぱり絡みまくっていて、毎度毎度吉田さんにあれこれ買わされる松野社長が面白いですね。
営業バトルもありましたし。
というか松野産業はあれだけの人数でよく回せてたなー(笑) 吉田さんの影響もあって常に赤字なんじゃなかろうか。

第2位 稲山覚也『てんむす』秋田書店 2011.06.08
大食い漫画。女の子がかわいいが、料理が時々美味しくなさそうなときがある。
でも大抵読んでいれば食欲が沸いてきて、メシを食いたくなってくる漫画なんですよ。
チゲ鍋の回はやばかった。食えないのに食いたい欲がむらむら出てきて、どうしたもんか困りましたよ。
特筆すべき点として、やられ役がすごくいい。敵なのに天晴というか、憎めないというかね。
やりとりや勝負時のかけひきもすごく面白いし、“食べること”を少しでも楽しくしたいならぜひ。

第1位 さよならポニーテール『きみのことば』(全1巻)太田出版 2011.10.08
やはり今年はさよポニイヤー! ということで第1位は『きみのことば』でしょう!
全1巻なのでしょうか、先日発売したspoon.2月号に新作が載っていますので、ぜひまたさよポニの漫画が出るといいですね。
いきなりウサギに乗って通学してきたり、蝶々の話とか、ファンタジー要素もあってすごくほのぼのしています。
でもやっぱり悩みとかもあって。そういう“女子高生らしさ”みたいなものも如実に出ていますね。
さよポニファンには必携の一冊ですが、ここからさよポニワールドへ入ってもいいんじゃないでしょうか!? 大体カラーでゆりたんが描く絵も素晴らしいですし。

特別賞 平野俊貴/植竹須美男/阿部洋一『完全版 少女奇談まこら』アスキー・メディアワークス 2011.10.15
ついに! ついに来ました! 幻のまこら復活!!
第2巻の最後で第3巻の予告まで打ってるのに発売されなかったまこらの続きがついに来ました。
完全版の1巻が出たということで、特別賞を受賞です。旧版の1巻はすでに出ていますから。
惜しむらくは加筆修正が少々過剰かなという点。1巻の鏡地獄でふすまの柄が単なるトーンに変わってしまっているのには泣きました。
あと目が大体変わっていますね。気になった方はぜひ旧版を探してゲットされてはいかがでしょう! あのふすまの柄がすごく好きなんですよ(まあ、同じ柄が後々出てきますが、あれは本当に綺麗)。
まこらは現在も連載中で、4巻5巻と続いていくのでしょう。阿部洋一先生は現在もう1つ『血潜り林檎と金魚鉢男』も同じ所で連載中で、そちらもなかなか面白いです。


<総括>
まあ、作品のリンクを張らないとただ感想言ってるだけのように見えますが、お察しください。
というわけで、ランキングはこんな形に。
本当は『トライピース』や『残念博士』も入れたかったのですが、やはり10作品となると絞るのに苦労しますね。『残念博士』もすごく面白いし、博士もネガ博士もかわいいので、11位があったら11位は『残念博士』です。
『トライピース』も完結しましたが、途中背景が白すぎたり、キレがなくなる場面があって(いきなり女装をやめたり)、記憶が戻るところが熱かったですね。実を言うと最終11巻をまだ読めていません。でも12位があったら『トライピース』でしょう。「ザ・ベスト・オブ・アルバム2011」での戦争の話で名前を出しておきながらランクインさせないというのには抵抗があったのですが、まあ致し方ありません。
『サーバント×サービス』も公務員漫画として友達にもおすすめしたのですが、部長がウサギというネタに惹かれなくて……。山神ルーシーをお持ち帰りしちゃう話のほうがぐっと来たんですが……。
『椿さん』も薦めましたね、そういえば。家政婦ブームが来てるのでどうでしょう。
『未来日記』も『ゾンビローン』も完結しましたがランキングには入れないと決めていました。好きなんですが、ランキングとなるとまた別の話かと。『花みちおとめ』を入れたくて仕方なかったというのもあります。
『よいこの黙示録』は来年2巻(未完)が出るので、来年はランクインするでしょうね。3巻は永遠に発売されないと思うと非常に悲しいです。青山先生のご冥福をお祈りいたします。

とまあこんな感じです。
アルバムのほうの候補作品は消しちゃいましたが、漫画の候補作品は残しておきましょうかね。全部おすすめなので。

明日のコミケ3日目は友達と行く予定です。
それではみなさん良いお年を。

2011年12月25日

ザ・ベスト・オブ・アルバム2011

メリークリスマス! 年の瀬も迫って参りました。
クリスマスと言えば、先日授業で第一次世界大戦下のイギリスv.s.ドイツにおける「クリスマス休戦」について扱ったのですが、ほのぼの感やばいですね、戦場なのに、クリスマスはお互いを祝い合う。
戦争はなくしたいものですよ、トライピースの最終巻も出ましたしね! クリスマス休戦を扱った映画もありますし、ポール・マッカートニーの「Pipes of Peace」のPVがそれです。

さて、僕はあまりCDを購入いたしませんでしたが!
友達から頼まれたのと、単純にやりたい気持ちも興ったので、やっちゃいましょうザ・ベスト・オブ・アルバム2011!!

邦楽・洋楽併せてのランキングになります。
「もっと読む」からどうぞ。

2011年12月24日

朝がきて夜がきてまた朝が夜になってまた朝が来てまた夜が来て朝が

自分のなかを流れる時間。
それと世界を流れる時間が噛み合っていない。歯車が合わなくて、自分のなかでの1時間が、周りだと2時間にも3時間にもなっている。それにとても違和感を感じる。

「違和感を感じる」という言葉は正しいのだそうだ。『問題な日本語』の2巻か3巻に載っていた。今度4巻も出るそうだが、僕はまだ1巻しか持ってなかった。ゼミの教授が編纂に携わっているので、先行して読ませていただいた。

ゼミと言えば、卒論は無事に提出できた。
内容は微妙。しかも1箇所間違ったこと言ってる部分がある。でもそれは巻末資料内なので本文は問題ないだろう。
12月3日ぐらいから始めたので、高校同様2週間ぐらいか。高校卒論をブラッシュアップしていった感じなので、プラス2週間だからボリュームも増しているというわけだ。
あとは演習と専門選択の単位を取れれば、ギリギリ卒業できそうだ。

高校生活はというと、ボリュームゼロだ。すっからかんの空っぽだったなあと、ヤングエースに載っていた『長門有希ちゃんの消失』を流し読みしたらそう思えた。
友達も大してできなかったし、青春らしいことはなにもしていない。部活も早々に辞めたしね。

過去のことはもうどうでもいいんだ、ここでわざわざ、今更書くようなことでもなくて、これはただの近況報告みたいなものなんだから。
ヤングエースと言えば大塚英志先生の作品が多く載っている。『黒鷺死体宅配便』に興味を持ったのは高校生の頃だが、その当時は評価が良くなかったように思う。最近は割と面白い。『多重人格探偵サイコ』も面白いと思えて、大塚英志作品を全部読みたくなった。

漫画を読むのが生きがいなので、親に買いすぎだと怒られようがなんだろうが、読みたいものを読むのだ。
あとはバンドと、浜田よしかづ先生のUstream配信を観ることぐらいかなぁ、生きがい。

新しいヘッドホン、それはAKGのQ701がほしいのだが、先日Monster beats solo HDを衝動買いしたばかりだ。しかも薦めてくれた人よりも先に買うという反則技で。
Q701もTwitterのフォロワーさんがほしいと言っていて、また同じようにその人よりも先に買おうとしているのだ。逆のことをやられたら、自分はなんと思うだろう? やはり追随してすぐ買うのだろうが、自分の気持ちの未来予測があまりにもできないので怖い。セルフ・コントロールがやっぱりうまくいってない。
なんにせよ、家でMonster beats solo HDをずっとつけっぱなしにしていると耳が痛くなる。音でじゃなくて、側圧で。僕はPCをやるときは音楽を聴いていようが聴いていなかろうが大抵ヘッドホンをつけっぱなしにするのが癖になってしまっているので、これは由々しき事態だ。
秋葉原ヨドバシでQ701が三色とも試聴できたので試聴したが、音もいいしつけ心地も大変素晴らしいと思った。大宮ビックカメラで試聴したAKG K540も良かったのだが、それすらも及ばないと感じた。
お金が無いのに、物を買おうとしている。これはつまり借金だ。どうしたものか。
やくしまるえつことd.v.d『Gurugle Earth』の限定版を買ったら、親に怒られたしね。

『Gurugle Earth』はなんとWebカメラに衛星写真をかざすと音楽が流れるという超面白い媒体の作品なのだが、時間がなくてまだプレイできていない。明日あたりやりたいが、締め切りとか勉強とかやることも多いのでできるかどうか。
アニメや漫画の消化もしていきたい。最近は卒論でまったく読めず観られず、これからも来年の公務員試験の勉強があるからアニメはあまり観られないと思う。
『WORKING'!!』を観ているのだが、ワグナリアで働きたいなあ。いい職場だよね、私語自由だし、アットホームで。原作漫画は実は買ってないので、お金ができたら買おうと思う。

もうなにもかもどうでもいいと思わないか?
生きることにも疲れた。病人でいることにも疲れた。お金が無くて欲しいものが手に入れられないというのも疲れた。
やばいバイトとか、公務員試験勉強とか体調のこととか全部後回しにして2つも3つもバイトやりたくなる。
自殺する気は今のところはない。上に挙げた生きがいもあるし……。でも、ひどく沈むときとまともなときとアップダウンが短い周期でぐわんぐわん巡ってくるから、つらい。

そうそう、コミケ3日目だけ行くことにしたよ。
カタログを買うのが参加者の心得みたいなことを聞いたので、なるほど礼節は重んじようと思ってカタログ買ってきた。まだチェックできてない。twitcmapでいいと思ってたし、当日もiPadでこれ見ようと思ってる。
コミケは高校生の頃、夏に行ったなぁ。よく覚えてないし、どうでもいい。あの頃もCDを買いに行ったんだけど、買えなくて、しかもそのCD出してる奴ら好きじゃなくなったから今も微妙な心境なんですよね。

ジャンプフェスタも行こうと思ってたんだけど、結局行かなかった。
バンドの忘年会の翌日で眠たかったし、行くとまたゲーム欲しくなっちゃうから危険だと思って。
まあ体験プレイも整理券制だから行ってもどうせプレイできないだろうが。
あ、そうすると、毎年の文化祭での手相鑑定で、鑑定できなかった人の気持ちがわかった。

眠って、眠って、目を覚まさないでいよう……

沈まぬ太陽

渡辺謙主演、山崎豊子原作の『沈まぬ太陽』を観ました。
実際の事故、日本航空123便墜落事故と実在の人物をモデルに描かれています。
「はい」「はいじゃないが」のやりとりで有名な墜落事故ですね。僕の生まれる前に起きた事故なのですが、ご冥福お祈りいたします。

この感想は書くのをやめようかと思ったのですが、やはり書きます。
観てる間は、心が締め付けられるようなことばかりですね。
完全なフィクションとは思えなくて、123便や御巣鷹山という単語にも聞き馴染みがありましたし、調べてみたらやっぱりという感じでした。
ただ、墜落事故が主軸にはなっているものの、テーマとしては企業の腐敗だと思います。

3時間20分に及ぶ大作で、途中でインターミッション--休憩10分が挟まれるという。
大した感想も言えませんが、ではどうぞ。

2011年12月21日

Bowling for Columbine

マイケル・ムーア監督自ら出演するドキュメンタリー映画「Bowling for Columbine」を観た。
Google日本語入力で「コロンバイン」と入力すれば予測変換に出るほど知られている1999年の「コロンバイン高校銃乱射事件」を主軸に、アメリカの銃社会とそれに付随するアメリカ社会のあり様を皮肉なユーモアを交えて、それでいながら真に迫った問い掛けをする作品だ。

現代史の授業で取り上げられたので、興味を持ってTSUTAYAへ向かった。
銃社会の歴史には人種差別も絡んでいますので、DVDの特典映像で監督がキング牧師の話もされています。

学校内で銃を乱射する事件は現在まで他にいくつもありますし、アメリカだけが銃の殺傷事件が1万件以上。他の国とは桁が2つも違うと作品内で統計が出されています(2003年公開時点)。

他にもFOSTER THE PEOPLEの「Pumped Up Kicks」(アルバム『Torches』収録)や冲方丁「マルドゥック・スクランブル104」(SFマガジン編集部『ゼロ年代SF傑作選』および早川書房『マルドゥック・フラグメンツ』収録)で銃の乱射事件が扱われていて、関連する作品であるなら、しかもドキュメンタリーだというので非常に興味を持ちました。

もちろん銃乱射事件だけではなくて、戦争の話や、メディアのあり方などについても問題提起がなされています。
では感想行ってみましょう↓

2011年12月17日

the pillows ЭнергияTOUR at ZEPP TOKYO

the pillows、エネルギヤツアーへ行ってきました!
東京はファイナル公演。
授業終わってから行きましたが(5限はサボった)、なんとか開場前に物販をゲットできました。
TシャツはComic SonicのCD Tシャツ。これしか持ってないんですよ~。
今までお金がなかったのと、あまりライヴTシャツに興味がなくて、最近ようやく買う気になってきたら、通販だと過去のTシャツの在庫が結構なくなっちゃってるのね。
Wake Up! TourとかPIED PIPER TOURのTシャツほしかった~、行ったのに!

さて、やっぱりコインロッカーは中でいいなと思いました。
帰りにめっちゃ混むけどね。主治医から体を冷やしちゃダメって言われてるし。

前から2段目ぐらいに位置取りました。
背の高い人がちょうど前にいましたが、横にずれれば見えたのでまあいいかなと。
始まったらモッシュもあって結構流されましたが、今度は別の背の高い人が前に。
自分もモッシュし返して、なんとか見える位置に行けたのでまあよかったです。

セトリはうろ覚えですが、1曲目に「Rain Brain」、2曲目に「ビスケットハンマー」という『Thank you my twilight』推し。
最初のMCで、今回のツアーでは今まであまりツアーでやらなかった曲もやるとさわおさんが言って、歓声が起こる。
個人的には「cherry」をやってほしいんですが、残念ながら。

3曲目は「NO SELF CONTROL」、4曲目はバビロン。
NO SELF CONTROLも確かにツアーでやるのは珍しいというか、僕はピロウズのライヴで聴いたのは初めて。
めっちゃいい。
この次がNew Animalだったかな?

で、MCがあって、「BUSTERS男子、一緒に歌ってくれ!」の掛け声とともにメインのエネルギヤに。
もちろん歌いましたよ、歌詞はうろ覚えでしたが。
で、BLOCKHEAD、Ritalin202へ。
Skeleton Liarもありました。

次のMC後にTHAT HOUSEなのですが、なんとTHAT HOUSEをツアーでやるのは13年ぶりとのこと。
淳ちゃんが初めてだったという。もうそんなに経つのかあ(といっても、リアルタイムで聴いていたわけではないけども)。
アコギに持ち替えてのTHAT HOUSE、やっぱりすごくいいですね。
ひっそりとした人気があるっていうか、みんな好きでしょう。
で、アコギのまま「ハイキング」へ。

midnight down、RUSHもすごく良い。
確かいつかのツアーでも聴いた気がする。
そうそう、RUSHの「大人になった悲しみに耐え切れず胸が痛くても」という気持ちが最近理解できてしまったんですよ。
胸に染みたね。

次のMCで、FLAG STARが一番暗い曲だと。
「もう12月だしね」。出だしが確かに暗い歌詞だよね。

ニューTシャツが出ていた通り、「日々のうた」ももちろんここでありました。
日々のうたTシャツは下に載せますが、結構人気がある印象。視界に必ず1人は着てる人がいる。
PちゃんがロンTバージョンを着ていましたね。

個人的に大好きな「kim deal」も聴けた。
いやあ贅沢なライヴです。
GOOD DREAMSをやって、その未来は今で一旦終了。
その未来は今はアレンジがきいていて、あのブレイクすごくいいなと思いました。

1回目のアンコールはYOUR ORDERとSleepy Head。
YOUR ORDERはいつもの感じでしたが、Sleepy Headはさわおさんがプレアクトを行なってから淳ちゃんのベースが入るという超かっこいい仕様!
終わり方もすごく良い。
いつも終わりはPoison Rock'n'rollでアウトロを繰り返して締めていたんですが、最近やらなくなって、今度からSleepy Headのアウトロ繰り返しで終わるのがいいですね!
これは興奮しました。

2回目のアンコールはRUNNERS HIGHとLITTLE BUSTERS、定番ですね。
LITTLE BUSTERSの最後のほうで前にいた女性から肘打ちを腸骨に食らい、あまりの痛さに倒れそうになりました。
が、倒れたり、あるいは喧嘩吹っかけると面倒になりそうなのでなんとかこらえました。
今も痛いです。

 

 

 

カレンダーはこんな感じですが、完全にポスター仕様なので、壁に貼ったらちょっと見づらい……。

アルバムは普通にアマゾンで安く買うか、Tシャツ付きのを買ったほうがよかったかなぁと思ってしまいました。

でも、先着250名とか言われたら迷わず買っちゃうのが僕の悪い癖。


それで、帰りにはなまるうどんでうどんでも食って帰るかと思ったら、駅の精算機のところにカードケースをまるごと忘れるという失態を犯してしまいました。
急いで戻ったら当然のように盗まれてしまっていて、各改札口や遺失物案内所を回ったり、交番に紛失届けを出したりして必死に探すも、その日は見つかりませんでした。
幸いにも翌日の朝に見つかったので助かりました。免許証や学生証や保険証などが入っていたのです。
クレジットカードとキャッシュカードはその場ですぐ電話して、停止してもらいました。
クレカは使おうとした形跡があったみたいでしたが、残念でした、なくしたクレカは学生用なので限度額が低く設定されているのです。
結構高額な買い物だったようですが、限度額オーバーしたので使えなかったようですね。
キャッシュカードは暗証番号あるし、結局盗んだ人にとってはゴミにしかならなかったみたいですね。

今後こういうことがないように気をつけます。
最近は物忘れや忘れ物が多くて、結構置き忘れとか忘れ物が多いので、本当に気を付けないと……。
ライヴ終盤から帰途にかけてかなりツキに見放されていましたが、ライヴ自体はとても良かったし、今回のツアーはとてもはしゃげたので最高でした。
年明けて春からのトライアルツアーもぜひ行きたいですね!

2011年12月14日

リアル・スティール

『リアル・スティール』を観に行きました!
土曜日の朝にテレビでインタビュー映像が流れていて、それを観たところ「あ、面白そうだな」と思って観に行きました。
マックス役のダコタ君がなかなかナイスな少年で、日本語のセリフのシーンとかもあるとインタビューでも紹介されていました。
また、内容がロボットのボクシングなのですが、その発祥地が秋葉原という設定らしい。
これを聞いた瞬間「観るしかない」と思いましたよ。

僕の中では評価は高い作品でした。
SUPER8よりも良かった。
もしかしたら世間一般の評価は低いかもしれませんが(大抵僕の中で評価が高いものは世間では評価が低くなり、逆も然りである。だから、不安にもなるし、自信を持って「好きだ」と言っても周りとの価値観の相違が軋轢を生む)、とても面白かったし、泣けるシーンもありました。

ではどうぞ↓(ネタバレを含みます)

2011年12月13日

New House presents "Burning Ship Fractal" at Shibuya Lush

12月10日深夜、New Houseの企画ライヴに行ってきました。
体調悪いのによく行ったもんです。

実は、渋谷Lushは音がめちゃくちゃでかくて、耳を悪くしてしまいました。
前回の隣にある渋谷HOMEでのライヴはなかなか良かったんですがね……。
いまだに左耳の調子が芳しくありません。

では書きますか。
今回もセットリストはあやふやです。

SE、ゆるゆりオープニング
ゆるゆりは普段観てませんでしたが、1話の序盤だけちょろっと観たので、曲は知ってます。

1曲目、AppleStoreのやつ(だったかな?)
安定感があってとてもいい曲ですね。
これがAppleSotoreの1曲目でしたっけ。曲が一致しないのはまあいつものことなんですが、たぶんこれでしょう。
これは早くアルバム聴きたくなる欲が高まる曲です。

2曲目、Cold Water
定番。フレーズが好きなんですよー。

3曲目、Small World
この辺からあまり覚えていません。
まあ、Small WorldもSo Cleanもいつもやる曲なので、前後してしまっていたら申し訳ないですが、感想はいつもどおりですね。
照明がVJさんの流すプロジェクターからの謎の映像だけなので、なんとなくダークな雰囲気。

4曲目、新曲
かな? 途中で、今まで聴いたことない曲があって、それがこの辺りだったと思うんですが、よく憶えていません。
この新曲がかなり良くて、アルバムに入るならぜひ聴きたいと思いましたね~。友達と一緒に行ったんですが、彼も同意見。

5曲目、So Clean
この前にMCだったかな。
とにかく音がでかすぎてセトリを憶えるどころではなかったんですよ。
なんかこう書くと誰かを悪者扱いしているような文面ですが、そういうわけではないんですよ。
あれ、っていうかSo Cleanだっけ? 曲名と曲が一致していないので、間違っているかもしれません。
この曲もいいですよね。

6曲目、Path to the freedom
高音が音割れしてますよ。そして、耳に突き刺さって痛い。
キーボードの方がドラムスティックを指揮棒みたいにやってましたが、もう何でもありっすね。
それでもサビを聴いたら元気が出る。腕を振り上げたくなりますよね。
今回のタンバリンは客に投げつけることはありませんでしたが、モロさんがマイクスタンドを倒してましたね。

7曲目、新曲
だったかな~?
新曲というか、高円寺でやったごちゃっとした感じの曲だと思います。
今こうして書いてみると、7曲もやったんですね(間違っていたらすみませんが)。
ライヴ自体はよくまとまっていて、流れも良かったんじゃないでしょうか。
音があんなに爆音でなければね。

最後になにか叫んでいましたが、まったく聞こえませんでした。


帰ったら朝でした。
やっぱり病気のこともありますので(寝不足は体調によろしくない)、深夜スタートのライヴは今後遠慮するかもしれませんね。
あとDJはあまり……。

Tシャツが新しくなったそうなので、ほしいですね。
ちょうど手持ちがなかったので買えなかったのですが。
そうそう、メンバーはモロさん以外全員New House Tシャツを着てましたが、彼だけアッカリ~ンTシャツでしたね。

2011年12月9日

HEADPHONE ON BLOCKHEAD

こんばんは。
the pillows「エネルギヤ」と、イカちゃんコンピアルバム「IKA♡LOVE」が発売となりましたね!
エネルギヤTOURはもちろん15日の東京公演のチケットを獲得済みです。
前回のホンアゲツアー、渋谷のO-EASTに観に行ったんですがすごく良くて、ZEPPは無駄に人が多いだけでダメだなあと感じていて、今回またZEPP TOKYOで、「またか……」って気分になったことはないしょだゾ!

CDは本当はタワレコで買って繰り返し使えるカイロを貰いたかったんですが、密林のキャンセルを忘れてしまって、気づいたら発送されてしまっていました_| ̄|○
まあ、公式サイトでTシャツを買うというのもよかったのでしょうが、エネルギヤのTシャツはどうも僕にはイマイチな印象を受けたのでスルーしてしまいました(キリル文字だからかなぁ)。
もちろん良いと言ってる方もいらっしゃるので、人に依るでしょう。貶しているわけではありませんよ。

10日は渋谷LushにてNew Houseのバーニングシップフラクタルライヴです。
バーニングシップフラクタルについて調べたら、よくわかりませんでした。さすが厨二、恐ろしい子……!
アルバムの発表とかも(あれば)楽しみです。

さて近況なのですが、最近外に出るのがすごく嫌になってしまって、もう外に出るのを考えるだけで気分がガクリと下がって腹まで痛くなってくる始末……。
まあ、ここ数日でいろいろありましたから……。
それで、外に出るのを少しでも楽しくできるアイテムがあれば外に出やすくなるのでは? 外に出てもイライラしなくても済むのでは? と考え、結果、ヘッドホンとメガネを買ってしまいました!!

こちらが購入したヘッドホン、Monster Beats by Dr.Dre Solo HDです!!

色はホワイト、AppleStore銀座で購入、Monster社による高音質ポータブルヘッドホンです!

実は1年以上も前からずっと欲しかったヘッドホン。ようやく買えました~(´▽`)

メガネはALOOKで購入。

「セルフレームで、鼻あてパッドが付いていて、細身な感じのってありますか?」って店員のお姉さんに訊いて選んでもらいました!

内側が明るいグレーな感じになっていて、世界の圧迫感がなくなり、世界が明るくなった気さえします。

今まで使ってたメガネは実は3代前のものなんですよね。
自宅用と外出用が兼用になっていたので、そういう点も外出のし難さにつながっていたのかも。家と同じメガネかけてるのに、外だと全然リラックスできないから無意識にストレスが!?

視力を測りなおしたら、メガネをかけても0.3しかなかったらしく、これはやばいと思いました。
それで上げすぎても疲れるし、1代前のメガネはそれで使わなくなっちゃったから(それ以外にもかけづらいという理由も)、ひとまず0.8まで上げてみて、物足りなくなったらさらに上げるということになりました。

いずれにせよ親に内緒で買っちゃった(゜∀。)ワヒャヒャヒャ
最近出費が激しいことを咎められているので、知られると小言を言われるかなあとか気にしちゃいました。
でも、なにを気にする必要がある? これはおれの人生だ。
内定が無いのは社会のせいなんだーっ!(※冗談です)

前置きが大変長くなってしまって申し訳ありません。
Monster Beats solo HDのレビューをこれから行うわけですが、それ目当てで来た人はなんだよって感じですよねwwwww

では、下の「もっと読む」からどうぞ。

2011年12月7日

Smart Cover Review

iSkin aura2 for iPadさんには長期休暇に入っていただくとして……

 

結局買ってしまいました、純正Smart Cover。
色はあれこれ悩んだのですが、ライトグレーをチョイス。

最初ヤマダ電機に行ったのですが、ブルーしか売ってなかった……。
ブルー一色! どんだけブルー推しなんだ!? ってぐらいブルー!

ブルーな気分になり、ビックカメラに行きましたが、こちらは旧型推し!
どうやら現行のSmart Coverは新モデルのようですね。オレンジとかは旧モデルのようです。
旧モデルのグレーはあったのですが、新しいライトグレーとダークグレーは在庫切れで取り寄せ。
迷っていた2色がないと第三の選択肢が発動して、旧モデルのグレーを買ってしまいそうになりましたが、やはりグレーを買うなら少し薄い色のライトグレーのほうが良いかなと思い、講義後、アップルストア銀座へ!

New Houseのライヴ依頼ですね、ザギンは。
やっぱりアップルストアは大変おしゃれ。エレベーターがスケスケでおしゃれだし、階段への扉もおしゃれ。
で、ライトグレーとダークグレーで迷って、結局ライトグレーを購入!
レジが木の展示テーブルと一体化しているような感じだったので(人がいてよく見えなかった)、あれはいいなあと思いました。

さて、Smart Coverを買った理由ですが、(以下に続く)

2011年12月3日

クローン食道楽 第6回

NO.006 臼家 高田馬場店
【Information】
営業:11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
席数:多い
煙草:不明
段差:2F

更新がすごい遅れていて、押していましたが、今回でようやくストックが消化できます。
だって、ここ行ったの11月16日ですからねwww

さて、臼家(うすけ)高田馬場店へと行ってきました。
うどん、そば屋さんです。どうやら老舗のようですね。

僕と友達と後輩の3人で行きました。
本当は最初、気楽に大戸屋へ行ったのですが、席が空いていなくて、店員さんが不躾に「2人と1人に分かれるなら座れますよ」とか言ってきて、友達がキレたので店を出ました(※誇張表現です)。

で、あてどなく僕が食べられそうな店(ほぼ和食に限られる)を探してぶらぶらしたが見つからず、ここへ入ったというわけです。
ドン・キホーテの上、芳林堂書店の下に位置しています。

お店のなかはこんな感じ。
雰囲気は良さ気ですが、高級そうなイメージがありました。

本当はお店の外観も撮ろうと思ってたのですが、すっかり忘れてしまいましたね。
また今度行ったときに撮りましょう。


で、お店に入るやいなやビールが1杯無料でサービスされるという……(驚)
僕は病気でビール飲めませんから泣く泣くウーロン茶に……。でもウーロン茶も無料w

これは嬉しいサプライズでしたが、今もこのサービスはあるのかどうかわかりません。

で、管を巻き始める。
先日の文化祭の反省から、進路のこと将来のこと、最近あった辛いこととか……。

話した内容はなぜかほとんど覚えていない。お酒は僕は入っていませんよ。

さて、食事。

梅こんぶ手延べうどんの、こんぶ抜きです。

さすがに料理名に「こんぶ」と入っているのにこんぶを抜いてもらうのは少々勇気のいる行為でした。

が、店員さんの優しさに救われて、梅こんぶ手延べうどんは「梅手延べうどん」へ変身しました(こんぶ抜いただけですがw)

味はとてもおいしい。

長瀞にあるうどん屋もおいしいのですが、ここのうどんもなかなかのもの。
さすが400年の老舗です。

最近視聴できていませんが、「たまゆら」でぽってが食べ終わった後の写真も撮ってたので、真似して撮ってみました。

う~ん、おいしかった!

ただ、やっぱりお金に余裕がないとなかなか行けないですねぇ。
財布が寂しいと、ついはなまるうどんに足が向いてしまいますもの。

できればお酒も飲みたかった!
でも、うどんがうまかったのでよしとしましょう♪


さて、次はどうしましょう。
番外編をやりたいので、そのネタを集めに行きますか!(すでに1つ、生協の焼きドをストック中です)

2011年12月2日

方角を指さない羅針盤

というタイトルの歌詞を書いているのですが、没になるかも。
まあテーマはなんてことはなく、小学生の通知表……(;・∀・)
僕は「あゆみ」だったのですが、塾では「羅針盤」派が多かったような記憶があります。

さて、進路が決まってません。
なんとか卒業はできそうなのですが、卒論を完成させないことには進路もなにもあったものではありません。
高校の頃の卒論は2週間で書き上げたので、まあなんとかなるでしょう。
今回は1週間半ぐらいになりそうですかね……。文量的に高校よりも多いはずなのに、これは少々やばいかも。

やっぱり小説家になりたーい(人´∀`).☆.。.:*・゚ とか思ってます。
すでに新人賞は2つ落選。1つは選考中。
今度のダ・ヴィンチ賞に応募する原稿は5月に書き終わってますので、卒論終わったら校正・推敲して投稿です(メール投稿なので楽ちん)。

なんだか、6月の頃からなにも変わってないような気がする。
11月中はずっとダウナー入っていて、3度目の遺書を書かなければならないかもと思い続けていましたが、なぜか回復。
基本的にアップダウンが激しくて、目指す場所がはっきり認識できていなくて、願望だけで目標がない。
やりたいこととやらなきゃならないことの中間で板挟みになっていて、どっちにも専念できていない感じ。これがとてももどかしいし、自分でもダメだと思ってるんだけど……。
どうしたもんかね┐(´ー`)┌
とりあえず就職浪人です。

バンドですが、新曲2曲中僕の書いた歌詞の曲が1曲あるので、SoundCloudにアップロードしたいのですが、やっぱりメンバーに無断で上げるのはよくないかなぁとか思ってきました。
今度CDを作りますので、それを配ればそれでいいか、でも無料ならネットに上げたほうがいいような気もする。
MySpaceとかやれればいいんだけどね、やるか。

ライヴはたぶん年明け。
友達に曲を聴かせたところ、好きと言ってくださったので、自信沸いて来ました。
ぜひ呼びましょう(でも遠いかもしれません)。

プロのバンドマンになるつもりはなくて、ならばプロの作詞家にもなれなくて。
作詞家になるには、どうやら曲ありきで話を進めなければならず、ちょっとそのプロセスがマッチしてない。
僕はやっぱりお話を書きたい。お話を書いて、いろんな人に読んでもらいたい。こっちの気持ちのほうが強い。
仕事しながらでも目指せはするから、今はとにかく就職を目指すべきですかねー。「べき」なんてものはないんだが。乙武さんもそうおっしゃってた。