2012年3月30日

アンノウン

ずっと観たかったのに、結局映画館には観に行かなかった作品。
確か、近くの劇場で上映していなくて、億劫になってしまっていたんだと記憶しています(違ったかもしれません)。
とある漫画家さんがプッシュしていたので、公開前から気にはなっていたんですけどね~(´ω`)

ようやく観ることができました。
面白かったです。
なんとなく、日本ミステリみたいだなと感じてしまいました。

また映画の感想が続いてしまいましたね、本当はもっといろいろと近時の悩みを書きなぐってみたくもありますが……。
では感想いってみましょう。

2012年3月29日

インセプション

話題の(?)映画である『インセプション』をようやく観ました。
実は、あまり面白くないだろうと期待しないで観ました。
でもまあ、なかなか面白かったです。
あの終わり方は好きですね、「あとは想像にお任せします!」みたいな。


2012年3月28日

卒業式後

先日3月25日に卒業式がありました。
特に問題なく、無事に卒業できましたヽ(´∀`)ノ
午前中、学位授与式にて学位(文学学士)を授与され、午後に卒業式。
あ、その間にゼミの研究室に寄って卒論を受け取りました。まったりしてましたね。
あとは友達に電話したりしていました。

卒業祝賀会にも出ました。
ゼミの人以外に友達がいないので、結構浮いてたと思います。
さて、進路が決まっていないのですが、目下公務員試験の勉強ですかね~。
国家公務員の採用7割削減というバカな政策のせいで地方公務員を目指す僕たちも逼迫されてしまうというわけです(地方に流れる人多そう)。
あー! 2次で落ちてしまったのが悔やまれる……。
でも、周りの人の話を聞く限りは進路決まってない人と決まってる人は半々ぐらいかなーという印象。
一年間はフリーターというね! 二年目はありません。

最近は体調も悪くて、結構しんどい日々が続いています。
バイト中心の生活になりつつあって、予備校も両立していくと自分の時間が全然持てなくなり、精神的にも参りつつある……。
ここ一週間はちょっと間が空いているのでまあいいですが、GW近辺またしんどくなりそうですね。
夏休みも特に……。というか、バイトの日は勉強がまったくできないので、ちょっとやばいかもなぁ。
本気になるのが今回もまた遅かったので、戦々恐々しつつも実は楽観視してしまっているのも問題。
まあやるだけやって、どうにかなるかな~とか思ってやっていっています。

さて、4月15日にライヴがあります~。
場所は北浦和Ayers。 時間料金はまだ未定なので、後ほど告知します。

それと、2月26日発売のCCJAPAN第66号に僕の病気体験談が掲載されました。
書くのが遅くなってしまいましたが、趣味のこととか、普段の生活のことなどを書きました。
Twitterで告知すると、ブログで告知するのが億劫になってしまいますね。気をつけます。

病気のことと関連して、わたしのフクシの見えない障害バッジの入金をしました。そろそろ届くかな~と思っとります。
バッジに関しては以前も書きましたが、やっぱり大して意味が無いんですよ。付けてるからといってなにかが優先されるわけでもないから。
自己満足に近いかもしれませんねー。一応は病人ですよというアピールだけはできる感じですね。
届きましたら写真も併せて改めて記事を書きましょう。
バッジやハート・プラスマークの認知度が上がればいいかもしれませんが、そもそもIBDの認知度が上がらなければ仕方のないような気もしますし、この辺りの話も含めまして後日に。

今日は卒業証明書と成績証明書を発行しに行ってきました。
試験に申し込むためですが、別の試験では受かればまた発行しに行く機会もあります(公務員試験は1つじゃありませんから。それぞれで応募要項が違います)。
卒業後に学校行くと、妙な気分になりますね(笑)

2012年3月18日

写真がセピア色に変わっても

日ごろ映画の感想ばっかりですみません。
このブログは映画のレビューブログではないというのに。1つのコンテンツではありますが。
近況報告的な記事を最近まったく書いてなかったので、書きます。ほぼ深夜更新が定期化しつつありましたしね。

3月1日に無事に卒業が決まりました。卒論も通り、単位もなんとか取れました。
しかし進路が決まっていません。1年間は公務員試験の勉強をしつつフリーターです。
でもまったくやる気が出ず、理由をつけては予備校をサボり、ゲーセンに行ったりニンテンドー3DSを買ったりして遊んでいたのですが、先日Wikipediaで「フリーター」のページを閲覧したら恐怖感が体を駆け抜け、「こいつぁまずいぞ」と思い始め徐々にやる気が出てきました。
きっかけが非常に消極的なのですが、スロースタートなのは昨年の試験でもそうでしたし、短期集中型のほうが僕に合っているみたいなのでこれでいいのかもしれません(勉強時間が圧倒的に足りないので、今回もやばいかもしれませんが、前回1次試験は通っているので、専門試験対策と面接対策を抜かりなくやっていこうと思っています)。

昨日3月17日に文芸サークルで追いコンを催していただき、もう卒業かあと特に実感も湧かず、なんとなくそのときが来てしまったかという感じでした。
入学した4年前がすごく昔のように感じられるんだけど、そのくせあっという間にも感じる。すごく奇妙。

で、最近ゼミでも集まりがあり、そのとき高校選択の話をされて(A校とB校両方受かったらB校選ぶに決まってるよな、みたいな話)、ずっと悩んでいたのですが、ちょっと吹っ切れました。
僕はこっちの学校を選んだからこそ、ドラムを始められたし、大学入ってから仲の良い友達・先輩・後輩もできて、手相も学べたし小説も書けたし、とてもよかった。
高校で友達がほとんどできなかったのが寂しいし、高校時代で得られたものはなにもないけど、プラス思考に捉えるならば人間関係的な経験ができたともいえるでしょう(これから社会に出てからそりの合わない人とはいくらでもやっていかなきゃならんときもあるだろうし、そういう長期的な視野で考えると非常にどうでもよくなってくるし、こんなことで悩むのもバカらしくもなってくる)。
なにより、自分の意志で選択したのだからこれでいいのでしょう。僕の人生を誰かが選ぶわけではないしね。

あとは手相サークルで飲み会したり、よるほー会のオフ会をしたり、IBD患者の集まるリア腸会へ参加してみたり。
リア腸会では初めて同じ病気(クローン病(CD))の方と出会い、同じ分類(IBD)だけど違う病気(潰瘍性大腸炎(UC))の方たちともお会いできて、ためになる話が聞けて非常によかったです。
ただ、自分の知識不足もあり、感じること考えさせられることは多かったものの、自分から意見提案があまりできなくて、まあ病気の程度が軽いというのもあるのでしょうが、もっと医療の分野の勉強をしないといけないかなぁと痛感もいたしました。


あともっと近時のこと。
よるほー会会長のとらぬこさんのBloggerが削除されてしまい、未だに直っていません。
それを受けて移転されたのですが、僕も一度Bloggerが削除されたことがあります。
僕の場合はGoogle+とはまったく関係がなくて理由も不明なのですが、数時間後に復活するという謎の展開がありました。
このことが結構ショックで、Googleの規約が先日改悪され個人情報保護法の抵触が懸念されるところなので、Bloggerから別ブログへの移転を考え始めていました。のですが……
どうもBloggerから別のブログへ移転するには記事のエクスポート形式が違うからできないっぽい。
やり方はいくつかあるみたいなのですが、どれもうまくいかず。
WordPressというのを介してやるのがよさそうなのですが、WordPress形式に変換してみてもhtmファイルになるので、その方法を取るのにリスクがあるのではなかろうかと尻込みしています。
以前忍者ブログからBloggerへ移転する際に間に噛ませたlivedoorブログが使いやすそうなので、livedoorブログへ移転したいのですが、まったくやり方が見えてこない……。
あとは擬似的にtwilogとして利用しているso-netブログもよさそうなんだけど、こちらもlivedoorブログと同じ形式(MT形式)でしかインポートできない……。Blogger形式はどちらも取り込めないのです。

じゃあWordPress始めるか! って思っても、無料サーバーだと不安定かつ将来的なサービス停止もありえるそうなので、やるなら有料が基本みたいなのでこちらも尻込み。
今使ってるBloggerも無料だし、アフィリエイトのできる無料ブログもいくつかあるなかで、わざわざ金払ってまでブログをやる必要性もないなぁ、だったらHTMLでサイトに直で載せればいいんじゃないかという気さえしてくる。
WordPressの案は僕の中では沈没。

今後もlivedoorブログ(あるいはso-netブログ)へBloggerの記事を移転させる方法を探って行きたいです。
ご存知の方いらっしゃいましたらご教授願えれば幸いです。

と、まあいろいろありました。
今年一年間はバイトと勉強を両立させつつ、溜まっている積読本を処理してゲームをやってアニメを観て、自由にやりたいことをやって生きていければいいなぁと思います(もちろん、やらなければならないことが最優先ですが)。
卒業式は25日です。ちょいと遅めですね。卒業祝賀会は行くつもりはなかったのですが、ゼミメンにオススメされて急遽行くことに。会費たけー。

まあ観たい映画は大体一区切りついたので、これから以前購入した超合金ドロッセルやiPhoneアクセサリのレビュー、New House 1st Album『Burning Ship Fractal』の感想などを書いていきたいと思いますのでよろしゅう。
ブログの移転問題を先に解決したいところですが、無理そうならこのままBloggerで更新ですかねー。
いつまた削除されるかビクビクしております。一応記事内のアフィリエイトは全部消したから大丈夫だとは思うんですけどね。やっぱ理由はそれっぽいね。

ではまた。
ウェブサイトでは新作も公開しましたのでそちらもよろしく(まあ、新人賞に落選したやつだけどw)


2012年3月17日

スター・ウォーズ エピソードⅠ ファントム・メナス 3D版

「May the force be with you」

スター・ウォーズ エピソードⅠの3D版を観に行きました。
内容は同じなんですが、とある筋の情報によると追加シーンがあるとのこと。
僕は高校生の頃、お昼休みの僅かな時間を使って学校で観ただけなので、実は途切れ途切れでしか観たことがないのです(しかも4から観た)。
なので通しで観る、しかも劇場の大画面で観るのはとても新鮮で、なおかつ3Dなのでめっちゃ迫力がありましたね。
というわけで、追加シーンはどこなのかわかりませんでしたとさ(´・ω・`)

エピソードⅠといえばポッドレースですね!
3Dなのでかなり熱いです。実はポッドレースのシーンで無駄な音楽がないのがすごく気に入っています。
まあめちゃくちゃ飛び出すというわけではないのですが、奥行きができたぶんレースにより疾走感が生まれています。

どの戦闘シーンでも3Dだから臨場感が増すんですよ、弾が飛んでくるからね。
青いエネルギー玉ありますよね、あれが飛んできたとき思わず避けてしまったぐらいw
映画館で一人でなにやってたんだプププとか言われそうですが、まあ初日にもかかわらずそんなに人が多くなかったからよかったですね。やはり平日だからですかねー。まあ前夜祭とかもありましたが。

内容は大して変わらないんでしょとか言って観に行かないのは損ですよ。
ファンなら観に行きましょう!
スター・ウォーズは何回観ても面白いし。

今回もさ、最後のほうでヨーダがアナキンに修行させるのに反対してるシーンで、ダース・ベイダーのテーマがちょっとだけ流れるのが好きだなぁって感じてしまった。

早くエピソードⅡの3Dが観たいですね♪

2012年3月16日

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム

Sherlock Homes: A Games of Shadowsを観ました。
前作がとても続きを期待させる終わり方をしたので、すごく楽しみにして観に行っちゃいましたよ。

前作同様終盤まで観ないと全体像がはっきりしない感じは独特のミステリ感をつくりあげていていいのですが、キャラクターや伏線回収がどこかうまくいっていないような感じ。
原作をまるまる映画の枠に収めるのは難しいとは思うし、そもそも基にしているだけで原作と違ったっていいわけですしね。
それでも観終わったあとにしこりが残る、歯の間にものが挟まったような印象を受けてしまうのはなぜでしょうね。

あとはBL臭がどうの。

では感想どうぞ。

2012年3月7日

ヒューゴの不思議な発明

『ヒューゴの不思議な発明』を観てきました。
せっかくなので3D版で。近隣の映画館では3D上映をやってるところがなかったので、池袋で観ました。
アカデミー賞最有力候補みたいな謳い文句でしたが、だったら3D上映する劇場を増やせばいいのに。
面白かったのだけれど、“最有力候補”かと問われれば微妙かもしれません。

サイレント映画好きやクラシック好きにとってとても楽しめる作品だと思います。

では感想どうぞ。

2012年3月4日

シャーロック・ホームズ

また前後してしまいました。
3月10日公開の『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』に先駆けて第1作目である『シャーロック・ホームズ』を観ました。
言わずと知れたコナン・ドイルのミステリですね。実は読んだことはありませぬ(読まなきゃダメですよね……やばい)。
結局劇場では観なかったこの作品、大変面白いものでした。
が、中だるみもありますが、そういったグダグダ感も愛せる作品であると思います。

では感想を。
最近映画の感想ばっかりですが!

2012年3月3日

ものすごくうるさくてありえないほど近い

『ものすごくうるさくてありえないほど近い』を観ました。
火曜日に観た『TIME』を観るよりこちらを観ましょう。きっとすごく期待していったからダメだったんでしょうね、あれは。
『ものすごくうるさくてありえないほど近い』ももちろん期待して観に行きましたよ~。
毎度言ってる気がしますが、『リアル・スティール』を観てからというもの親子愛の作品への抵抗がなくなったので、オチはどうあれなかなか楽しめました。

それでは感想をどうぞ