2012年5月31日

宇宙兄弟

『宇宙兄弟』を観てきました。
Coldplayが主題歌ということで、公開前から気にはなっていました。
しかし蓋を開けてみると不穏な感想ばかり飛び込んでくる。
「2025年なのにPCのOSがWindowsXP」とか、「漫画では大腸内視鏡のシーンで四つん這いになって受けてる」とか(後者は聞いた話なので未確認)。
もうOSはWindows8が出るというのに、2025年の自動車会社で未だにXPを使っているとも到底思えない。
また内視鏡検査はほとんど仰向けになって受けます。ちょっと横を向くこともあります。四つん這いになる(つまりうつ伏せになる)ことは決してありえません(ありえるなら、そいつはヤブ医者だ!)。今まで内視鏡検査は5、6回ほど受けました。全部仰向けですので。
病院によりますが、モニタが見える位置にあるところもあって、そういうときは睡眠導入剤(鎮静剤)が効いてくるまでの間は見入っちゃうんですよね。ちなみに僕は初めての内視鏡検査(高校生のとき)で鎮静剤なしでやりましたwww まあなんとかなったよ。

さて、映画ですが、やっぱりColdplay目当てで来ている客は少ない印象。
まして挿入歌にSigur Rósが使われている(!)と知ったのもの最近で、それを知ってから上記のような細部にこだわりがない作品であると想像していたにもかかわらず観に行きました(結論として、杞憂でしかなかった。ささいな問題でした。気にならないレベルです)。

僕のブログを読んでくれている方でSigur RósとColdplayを知らないという人はほとんどいないとは思いますが、一応紹介がてら載せてみましょう。その後、感想です。





2012年5月28日

ダーク・シャドウ

ティム・バートン×ジョニー・デップということで、公開前から結構話題になっていた作品。
早速観てきました。といっても、約1週間ほど前のことですが(笑)
最近は忙しかったり忙しくなかったりして、スケジュールがすごく不安定なのですぐブログを書けないのが痛いところ。まして時間があったところで疲れていて書く気が起きないというのも問題だったり。

『ダーク・シャドウ』は吸血鬼の話なので、近々アニメ化する『ブラッドラッド』(小玉有起/角川書店)がパクリだと言われかねないといったようなことをつぶやきましたが、方向性は全然違ったのでよかったです(ただし、ブラドラの給血シーンは『謎の彼女X』のよだれ供給シーンパクリだと言われかねない)。

さて、ティム・バートンとジョニー・デップといえば近年の『アリス・イン・北朝鮮』もとい、『アリス・イン・ワンダーランド』ですが、まだ観れていません。そのため、なぜアリス・イン・北朝鮮と言われているのかもよくわかっていません。近々観ましょう。
『シザーハンズ』と『スウィーニー・トッド』も観てないので、観ないといけませんね。
『チャーリーとチョコレート工場』はとても面白かったですね。恩田陸『上と外』でネタに使われているぐらいですから(まずタイトルからして元ネタはチャーリーとチョコレート工場)。エレベーターのシーンもいいけど、やっぱりゴミまみれになっちゃうベルーカがかわいいですよね。

パイレーツ・オブ・カビリアン 生命の泉』が自分的にはあまり面白くなかったので、今作は結構期待していました。
果たしてダーク・シャドウは期待に応えられたのでしょうか、以下感想です↓

2012年5月24日

リング、らせん、貞子3D

リングシリーズを読んでいます。
今は『ループ』の終盤。
僕は小説も漫画も読むのがすごく遅くて、1冊読むのに2週間以上かかるのは当たり前といったところですかね。
時間がないというのもありますが、中学生の頃からこんな感じ。

さて、『貞子3D』を友達と観に行こうという話になり、いい機会なので映画も観ようということで。
前日に『リング』を、後日『らせん』を観ました。この2作品はかつて同時上映だったようですね。僕が小学生の頃に公開されたのかー。

というわけで遅くなりましたが、ぼちぼち感想行きましょうか。遅くなった理由はいくつかあります。


2012年5月21日

金環日食

去る3月26日、月と金星と木星が縦一直線に並ぶ光景を憶えているでしょうか。
今まで流星群とか彗星とか興味はあっても観ることはなくて、まあ大体が眠いからという理由だったのですが、その日は早い時間から長時間の観測ができたのでとても興奮していましたね。

まあそれはさておき、今日の5月21日は金環日食でした。
朝の6時に起きて、つい先程まで観測していました。
日本で観られるのは25年ぶり、なかでも関東で観られるのは100年ぶりというではありませんか。眠いとか言ってる場合じゃないと思い、絶対観るぞ(`・ω・´)ノと思ってワクワクして当日を迎えました。

使った道具はこちら。

  

そうです。ニコニコ超会議2012で買った、有限会社スターゲイズ様の日食めがねです!
ちょうどいい機会だからっていって、あのとき買っておいてよかった。品薄で手に入れられなかったり、直前まで買うのを失念していた方がいらっしゃったみたいで、僕もそのうちの1人になりかねませんでしたから(特に、直前まで忘れるパターン)。
しかしながらその反面、セブンイレブンで大量に売れ残っているといった状況もあったとのこと。ふーむ、地域によってかなりバラつきがあるみたいですね。

撮影は普通のSONYコンパクトデジカメ。一眼レフには遠く及びません。一眼レフほしいなぁ。無理してでも買っておけばよかったかも、でかくて高機能なものでなくても、コンパクトな一眼レフでいいので。
なので画質は低いです。まあ、iPhoneよりかはかなりよく撮れたのでよしとしましょう。
スライドショーすると太陽が欠けていく様子がパラパラアニメになりますw バッテリー少なかったし、写真メインにしたかったのでビデオはなし。デジカメもう1台、あるいはHDビデオカメラがあればよかったんですがね~。
機材を買うのを先延ばしにしているといざというときに後悔するからね、無理してでも買っちゃっておいたほうがいいよ(ステマ)

左から右へ。
①②③
④⑤⑥
⑦……


怒涛の一気アップロード。
すごい楽しかったです、日食観るの初めてなもので。テレビはやっぱりクソなので、テレビは見ないで節電。
やっぱり自分の目で観たほうがいいですよ~。すごい瞬間に立ち会ってしまったという感じ。
厨二病的な考えがやっぱりよぎっちゃうもんですね。「ついにこの日が来たか……ゴゴゴゴゴ」的な。
でも一眼レフの写真をTwitterで拝見いたしましたが、やっぱりすごく綺麗で神秘的な写真。一昔前のコンデジじゃあなぁ……(´・ω・`)
太陽光が強すぎて、綺麗に撮れないんですよね(減光フィルタとはいえ……)。ドーナツが太くなってしまう。

途中、雲で隠れてしまいましたが、雲のおかげで肉眼でも注意して観れば観られましたね。

あと木漏れ日がとんでもないことになっていたそうですが、まったく気にせず太陽ばっかり観ていました。もっと周りに気を配ればよかったなぁ。
ピーク時にはすごく辺りが暗くなったので、その暗さも写真に収めてみればよかったかも。

あとは天候ですね。東京は直前まで曇り? 神奈川は雨? 他大多数の地域でも曇り……。埼玉でも晴れのところと曇りのところがまちまち。
幸いにも大体は晴れてくれました。ただ、この右の写真時だけ曇りました。ピーク時に晴れてくれたのでよかったです。

まさに世紀の瞬間でした。日食すごいね!
ちょうど小学校の登校時間と重なっていましたが、小学生がはしゃぐのもわかる。だって僕でさえこんなにはしゃいでいるんだものw
小学校や中学校だと場所によりますが、早く学校へ行って特別授業を行なっていたところもあるのかな? いいね。楽しそう。


さてさて、日食めがねにはまだまだ出番はあるようですよ、奥さん。
6月4日には部分月食6月6日には金星が太陽を横切るのだとか。
フォロワーさんがつぶやいていたので、それの又紹介って感じになってしまいますが、ワクワクしますね~。

あと日食メガネは古い昔のCDで作れるとか。それって初代プレステのディスク(黒い)のような感じのやつかな? ゲームのディスクを使うのは気が引けるけど、要らないものなら使えそうやねぇ。あと溶接の遮光フィルターみたいなあれでもいいらしい(僕はめがね持ってるのでいいのですが、いろいろ方法があるんだなぁと思ったので)。

宇多田ヒカルの「Eclipse(Interlude)」載せようと思ったけどない。
未だに宇多田ヒカルのこと恨んで根に持ってるんだよなぁ、おれ……。もういいだろって感じだけど。KHファンならざる感情だよね、これ。
別にもう公務員なりたいっていう強い思いもなくなってきたし、まあわかるんだけどね。

なんかお祭りが終わってしまったような気分ですね。
いや~。いいもん観ました。

さて、今日はバイトなのよね。
眠くならないといいなぁ(=_=;)

2012年5月11日

ももへの手紙

ずっと気になっていた作品、ようやく観られました。
アニメ映画です。妖怪モノはやっぱり好きです。
もうまもなく公開も終わりそうなので、気になってる方は急ぎましょう。

では感想↓

2012年5月8日

コミティア100参加レポート

コミティアに初参加してみました。
今回でなんと100回目!(100周年ではないですよ。年に数回ありますから)

今まで参加したことがなかったのですが、昨年度末のコミケに参加したことを契機に、こういうイベントに躊躇わずに参加しようという姿勢になっています、まあ今までもそうだったんだけどね、コマジャンとかさ。

 
kmb!Tシャツを着ていったのに、特に誰からも突っ込まれなかったという。
あ、いや、ひとりで行ったんですけどね、カヅホ先生ポポコさんのところにも行ったので。


目的の品は、メタルアキラさん主宰のサークルSUPER 8が発行する「少女の義体化に関するフェティシズム」を購入するために行きました。
あとは小林銅蟲先生Euさんが参加していらっしゃる鼻血女子合同誌も買いたかった(残念ながら完売)。

開場後に行きました。
前回ビッグサイトに来たとき(コミケ時)は、りんかい線国際展示場駅から行ったんですが、今回はゆりかもめ国際展示場正門駅から。
こっちのほうが近いし、安い。もう、定期なしの非正規人間にとっては、時間よりも安さをとります。
コミケの行列と比較して、あんまり混んでないなぁという印象。迂回ルートでぐるぐる回されての入場でしたが、コミケやニコニコ超会議に比べたらガラガラだよ。

そうそう、ニコニコ超会議と言えば、超ボーマスに林健太郎先生が参加されていらっしゃったんですね~。全然チェックできてなかった~。
それで、無料の増刊漫画を配布されたということで、すごい悔しいです。
あと今回のコミティアでもチェックできてない方が何人かいらっしゃって、自分のミスが露呈してまた自己嫌悪に陥りました。
福士千裕さんの漫画買いたかったなぁ。まあ、中野か下北沢に委託されたということで、買いに行きます。
渡会けいじ先生も参加されていて、偶然見つけてその場で旧刊でしたが買うという。O/Aの6巻が6月の頭に出ますね、楽しみです。

まあ、いろいろゲットしました。売り切れもあったり、面白そうなものに手を伸ばしたり(買うかどうかは別として。冷やかしいいのかなぁと危惧もしましたが)。
これだけの人がいて、これだけの人が創作活動をしていて、そのなかで僕が買ったものはほんの一部。Twitterやpixivで知っている方が中心。
僕も同人サークル作るなり加入するなりして、こういうイベントに参加してみたいなぁとかおこがましくも思ってしまうわけですが、僕の作品なんて取るに足らないほどにダメダメなのでね、うまくいかないような気もします。
友達が一緒にゲーム作ろうと言ってくれているので、まずはサウンドノベルあたりから手を出そうかなという計画「だけは」眠っています。

しかし歩き疲れました。
歩いたといっても、4~6ホールの半分も歩いてないよ。

後半は乞食と化していました。
無料の作品を配布しているブースから手当たり次第に貰うという……。
それで気になったサークルもいくつかありましたね。不快に映ったかも知れませんが、結果(あるいは効果)は良好ですよ。

文学フリマが試験と重なって行けなかったので、ここぞとばかりに財布の中身を解放し……_| ̄|○

カヅホ先生の漫画が最高に良かった。
ポポコさんの漫画もなかなか。

充実したゴールデンウィークでした。

2012年5月7日

New House Live at Shinjuku MARZ

5月4日、新宿MARZにてNew HouseとTurntable Filmsのライブが行われました。
文学サークルで追いコンを開いていただいたときに、後輩と一緒に行こうと約束していたのですが、3月末や4月にあったライブは時間やライブの形態が好きじゃなかったので行きませんでした。
結果、この日に。

しかしバイトを変わって欲しいという連絡があったり、どうしようか迷いました。
あんなことになるなら、素直にバイト行っていればよかったなぁ、なんて。

前日にバンドの飲み会があり、ついオールしてしまったため、寝てから行きました。
友達から借りていたものをまだ全部チェックできていませんでしたが取りも直さず袋に詰め、新宿へ。
定期が切れていたから、新宿三丁目から行きました。こっちのが安い。時間よりも安さを気にするようになってしまった。

後輩と待ち合わせして、友達とは現地集合という。
だらだら行きました。New Houseもだらだらしたライブをよくやるから別にいいし。

去年ライブをやったMarbleの隣でしたね、MARZは。
チケットはすでに入手していたので、もろもろ清算して中へ。

1バンド目は三つ目。
そういやなんか名前だけは聞いたことあったような気がしないでもない。
なかなかいいね。

2バンド目にNew House。
クソ。ゴミ。金返せ!

スピーカーの真ん前にいたからかもしれませんが、とにかく音がでかくて、渋谷Lushのゴミライブを彷彿とさせる音のひどさ
おまけにごちゃっとしたアレンジで、なんなのこの前衛的ノイズバンド……、全然楽しめなかったよ
せっかく後輩を連れて行ったのに、すごく申し訳ない気持ちになった。僕も彼も始終耳を塞いでいましたからね(僕はちょいちょい塞がなかったり塞いだりをしていましたが、やっぱり左耳がおかしくなった。翌日になってもキーンっていってた)。

音はまあ今回だけっぽいから百歩譲って許してもいいとして(アルバムのリリースパーティもMARZで、そのときの音はよかったと友達から聞きました。僕は行かなかったんですが、行けばよかったですね)、あのアレンジはひどすぎる。
Lostから始まったんですが、ああ、Lost……ん? 違う曲かな、あ、でもLostかと疑ってしまうほど(最近聴いてなかったので特にそう感じた)。
So CleanやEmpty Shopも音がぐちゃぐちゃで、なにやってんのか全然わかんない。
Path to freedomもプンプンのリフが気持ち悪かった。

He Howlsをついにライブでやったんですが、これも全然ダメ。
全然ダメなのに全曲中唯一マシだった。そんなレベル。
終盤の「I wonder he, wonder he, wonder he howls」という気持ちいい展開が台無し! も~ガッカリライブだったよ!

新曲は2曲やりましたね。
どっちともいいとは思えなかった、音がひどすぎて。

3バンド目はTurntable Films。
すごい素敵なポップバンド。とても良かった。
アンコール出てくんの早ええよ、とか思ったりもしましたが、あのアンコールでやった曲が一番好きだなぁ~。

なぜかプンプンがゲストで登場して、引っ込め~って感じだったんですが、Turntable Filmsのボーカルが「ライブよかったよ~」って言った次の瞬間に僕が「今までで一番ひどい」とボソッと口をついて出してしまいましたね。
隣の友達が「ライブ最悪だ~」のようなことを言っていて、その援護射撃がほしかったからもっとデカイ声で言えよと僕に言ってきたのですが、ハイ、その通りでしたね。もっと大きな声で野次ればよかったです。

うじうじキャラでごめんなさい。自己嫌悪に陥っちゃいますね。
あと余談ですが、僕がiPhoneのパスコードを一発で即入力できたシーン、あれはまぐれです。普段はあの速さでやると1回はミスりますね。


というわけで、さくっと終わりましょう。
New Houseはせっかくアルバム出して、これからツアーやるんでしょ? あんなんじゃ全然ダメだし、お客さんもついてくれないよ? という話をひたすら夕飯中にしていました。
お客さんみんな引いてたもんな~、あの音のひどさに。
次もあまり期待できないんじゃないの。


19日のHOTEL MEXICOとJesse Ruinsのライブ、すごい楽しみにしていたのに翌日のことを考えると欠席せざるをえない状態になってしまいました。
すごい残念。

2012年5月6日

the pillows TRIAL Tour at Shibuya O-EAST

遅くなりましたが、5月1日のthe pillowsトライアルツアーへ行って参りました。
Tourは前回のエネルギヤツアー以来、O-EASTへ行くのはHORN,AGAINツアー以来でした。

予備校へ行ってから会場へ向かったので、少々遅れ気味になり、開場前の物販は逃してしまいました。
外のコインロッカーも埋まっていたし、さわおさんもおっしゃっている通り年々客層が悪くなっているのも確かなので、どうなるかかなり不安でしたね。

僕は普通にチケットを買ったので番号はかなり後のほう。会場内へ入るとすでに人がめっちゃいましたね。
とりあえず荷物をコインロッカーに入れる。入れた後に、「あ、物販……」とか思うというよくあるパターン。
まあいっかと思って物販へ行き、Tシャツを2枚買いました。トライアルTシャツとリバイバルTシャツ。

 
 

今回は3作連動企画で当選したTシャツを着て行きました↓

 

本当はボストンバッグを買って、それをスタジオへ行ったりライブをやったりするとき用のバッグにしようと思ったのですが、想像以上に大きかったので断念。
元々大きいというのは知っていて、旅行にも使えるぐらいだという大きさだということでしたが、いろいろ入れるからまあいいだろうと思っていたら、中がめっちゃ広いんですね。普段使い用には向いていないかもと思ってしまいました。
壁に飾ってあったのをわざわざ取ってもらったり、売り子さんに話しかけたり、かなり迷惑な客だったかと思います(笑)

で、まあ人が多いといってもね、大抵はモッシュで前に押されるし、ちょっとかき分けて行ったらいい感じのスペースに陣取れました(ただし、やはりモッシュで微妙な位置になってしまった)。
なんか前回も淳ちゃんの前だった気がします。ちょうどいいんだよね、ライブの見やすさ的に。

ピロウズのアルバムツアーは必ず1曲目から始まるので、Revivalから。
セットリストは今回も憶えていないので、印象中心なレポになっちゃいますがご容赦ください。
昔の曲も何曲かやりました。ICE PICK、TRIP DANCER、Bubble Town、ノンフィクション、ROCK'N'ROLL SINNERS、ターミナル・ヘヴンズ・ロック……。
ターミナル・ヘヴンズ・ロックは結構やりますよね、ツアーでも。
ノンフィクションは途中のブレイクがかなり長くて、あれは熱かったですね。すごい盛り上がってた。

で、途中で地味な立ち位置の曲をやると言うので、わあなんだろ、またBlack Sheepの三拍子アレンジみたいなのが聴けるのかなと思ったらまさかのプライベート・キングダム!
ピロウズのライブはWake Up!ツアーから参加し、Wake Upのなかでは一番好きな曲なので、めちゃめちゃ嬉しくて楽しくて、はっちゃけてしまいました。誰よりもノっていた自信がある。
あまりに感動してしまって、泣きそうになってましたからね。

あと面白かったのが、さわおさんがピック投げるふりだけして結局投げず、ステージの後ろのほうにポイッ投げ捨てたところ、それを見たPちゃんが拾いに行き、自分のポケットに入れるというw
さわおさんが爆笑して、「今回のツアーのなかで一番笑ったわwww」と。
Pちゃんも素でそういうことやるから面白いよな~。


さてさて、今回のライブはかなり良かったですね。
充実感あったし、変な客もいなかったし(バスターズっぽくない人もいたが(笑)、まあ見た目だし)。
トライアルの曲もすごく良くて、Rescueのサビでナーナーナーナーナナーナーって叫んでいたら喉が痛くなりましたからね~。

この世の果てまでで、歌詞をちょっと変えて「行こう昨日までの『僕らを』苦しめたものすべて」って歌っていて、うお~って胸が熱くなりました。

アンコールでfunny bunnyとランナーズハイ、2回目アンコールはNo Surrender。
No Surrenderで「また会おう」を強調してくれて大盛り上がり。

それにしても充実したいいライブでしたね。
6月のZEPP TOKYOツアーファイナルもチケットゲットできたので行きますよ。

帰りははなまるうどんで期限切れクーポン券で50円引きにしてサラダうどんを食って帰りました。
ツアーファイナルも楽しみだ~。
では。


p.s.
更新滞ってすみません。次はNew Houseのライブレポとコミティアレポです。近々。



2012年5月2日

ジョン・カーター

ジョン・タイター……じゃなかった、ジョン・カーターを観に行きました。
ウォルト・ディズニー氏生誕110周年記念作品です。
前回の『バトルシップ』がUNIVERSAL PICTURESの100周年記念作品ですから、またもや記念作品ということですね。

あまり面白そうではないと期待せずに観に行ったためか、それなりに楽しめました。
でも全体的には微妙かも。SF作品ですが、やっぱりわけわからん設定というか下地があって、記念作品はどれもダメなんじゃないか? と思ってしまいます。
しかしながら火星の近年の知識を知っているといきなり楽しめる描写があって、そういう映像的な面では評価できますね。
宇宙船がすごくチープな感じで、翼がすぐ折れそうなところとか、いかにもレゴ作品で登場しそうなところとか(笑)(※褒めています)

原作があるようですね。最後に登場するロゴは原作のロゴでしょうか? なんじゃこれと思ったけど、たぶんそうなのかも。
ストーリーは微妙と書きましたが、19世紀のアメリカと組合せてるところはなかなかいいかも。

原作タイトルは『火星のプリンセス』というそうで(エンドロールで見た)、見た瞬間ボン・ジョヴィの「Captain Crash And The Beauty Queen From Mars」が頭の中で流れ始めるという(笑)

では感想行きましょう。
John Carter of Mars!