2012年7月30日

グスコーブドリの伝記

今日は宮沢賢治原作、ますむらひろしの漫画を基にした『グスコーブドリの伝記』を観に行ってきました。
公開してからずっと観たかったのですが、友達と観に行こうと突如思いたち、ようやく都合がついて観に行けました(最近忙しかったのです、僕が。まあみんな忙しいのですが)。
7月の頭に公開されて、7月終盤の今日すでに公開劇場も上映回数も少なくなっています。
朝っぱらは無理だったので、夕方の回を観ることに。新宿ピカデリーで観たのですが、上映回数は全2回。夕方の回、満席でした。いくら日曜日とはいえ、みんな『ダークナイト・ライジング』や『おおかみこどもの雨と雪』、あとナルトを観るから空いてると思ったんだけどなぁ。

せっかくのなので昼に集まって遊ぶことに。カラオケ行ったりゲーセン行ったりして遊びました。最近カラオケが好きなんですが、今日はあんまり高音でなかったなぁ。ゲーセンでメダルで遊んでいたら、ビンゴギャラクシーで2倍以上に膨らみました。ビンゴギャラクシーは一度やってみたいと思っていたゲームで、同じビンゴゲームのアニマロッタが好きなんですよ。

ますむらひろし漫画についてですが、後輩が持っていた『風の又三郎』を読ませてもらったぐらいで、全然読んだことがありません。ですが、登場人物が猫だし、すごい独特の雰囲気があるんですよね。
観終わったあとで思ったのですが、宮沢賢治らしいなぁということ。全然読んだことなくても、空気や味や雰囲気を感じました。
それに、観ている人の解釈にかなり委ねられてしまう点も。

とても賛否両論ある作品だと思います。調べてみたら以前にも一度映画化されているのですね。
友達は酷評でしたし、確かにストーリー的に微妙に失敗しているような感じを受ける場所が多々あるのですが、嫌いじゃないなぁ、この映画。
予告編や主題歌がすごく良いので、騙されたのかもしれませんが、結論としては宮沢賢治ワールドの中に入りたい気持ちを増幅させてくれます。

2012年7月26日

TOGETHER

近時の記事がほぼ映画の感想と化してしまっていますね。もう、それぐらいしか書くこともないのです。
最近けっこう忙しいし、考えることも多いので。
でも本当はなにもしていません。モラトリアムの延長をしているだけで、なにも考えていません。いわゆる無気力症候群、アパシーではないのか。

最近カラオケがまた好きになってきました。
SNoWの「逆さまの蝶」は高校生の頃は歌えなかったのですが、大学生になったら歌えるようになりました。伊藤かな恵の「メタメリズム」もブランクあっても平気で歌えますね。らき☆すたの「かえして!ニーソックス」は以前はよく歌っていたのですが、こちらは全然ダメでしたね。初めて歌うつかさの「寝逃げでリセット」は初めてなのに普通に歌えました。おジャ魔女を練習中ですが、なかなかではないだろうか。

アニソンばかりではありません。
相対性理論はなにを歌っても歌えますね。「人工衛星」が一番高得点です。男性ボーカルの曲よりも高い点数を出せます。ドゥアズやキロロはもとより。
最近はメジャーの曲を聴くことも少なくなってきて、noodlesやPOP CHOCOLATやWater Faiの曲もカラオケに入ればいいのにと思っています。

憧れだった女声は少しずつ出せてきているかなと。でも麻生夏子さんや新居昭乃さんの歌はイマイチ出せないんですよ。
今の目標はfiction junciton「stone cold」ですね。最終目標はfripSide「only my railgun」です。「only my railgun」はCROSSOで歌うとマギー審司が笑わせてくるのでまともに歌えないんですよ。

新しい音楽を聴こうと思ってもなかなか食指が伸びないものですね。
そんななか、Passion PitやLetting Up Despite Great Faults、KYTE、Smashing Pumpkinsが新譜を出してきていますね。9月にはThe XXが新譜を発売するそうです。
The WhipとCSSのアルバムは未だに買っていません。買いたいんですけどね。
そうそう、今日池袋ルミネのHMVに行ったんですけど、HMV ONLINEでLetting Up Despite Great Faultsのインタビュー記事を載せていたくせに店舗に置いてないんですよ。ありえないですよね。許せないですよね。
まあタワレコで買いました。タワレコポイントとPontaポイントってどっちが溜まりやすいんだろう。
この間HMVでポイント5倍だったのでRadhioheadのライブ盤「I Might Be Wrong」を買いました。タワレコは今日ポイント2倍でしたね。「True Love Waits」を聴きたかったんです。アコギの繊細な曲。

心がどんどん無感動になって、黒くくすんで腐っていくような感覚がしているのですが、音楽を聴いたところでなにも変わりませんね。
CCJAPANに書いたときとは打って変わって病気との付き合い方もわからなくなってきました。
ちょっとだけ気分が上向きになったかなと思ったのですが、やっぱりすぐに下がっちゃいますね。

公務員試験の勉強はほとんどやってないし、やる気もまったく起きない。
毎日つまらなくないですか? なんで無理してまで生きる必要があるんだろうとか、考えちゃいませんか?
食欲とか、欲求があるうちはまだ大丈夫なのかなと思いますが、やっぱり食べたいもの食べたいし、おいしいものだって食べたいじゃないですか。エレンタールはまずいし。

信念って持っていますか? 僕にはありません。自信とか、将来の自分のイメージとかも。
ただ惰性的に毎日を消化しているだけ。人生を切り上げるタイミングは決めているので、それに向かっているというだけでもある程度マシなのかな。本当に無為に過ごしているというわけでもなさそう。

今は輪るピングドラムを1話から観返しています。といっても、まだ途中までしか観ていなかったのですが。
マルドゥック・スクランブル燃焼のBlu-rayが届いたので、圧縮を観てから観ましょうかね。排気の公開は9月の後半とのこと。
今期は一応もやしもんとじょしらくだけ観るつもり。ああ、録画が溜まっていく。

一緒になにかを楽しめる人ってあまりいないなぁ。
カラオケとバンドメンバーぐらいかな。あとはライブ行ったり、映画観に行ったり?
僕の趣味が独特すぎるのだろうか。
グスコーブドリの伝記がもうそろそろ終わってしまうのではないかと焦っています。おおかみこどもの雨と雪は夏の間は上映してるでしょうからいいとしても、早く観ないと置いて行かれる。
夏以降はトータルリコール、アベンジャーズ、ハンガー・ゲーム、天地明察と面白そうなのがぞろぞろ来るのでね。

カラオケ行きたいね。今日もヒトカラ行ってきたんだけどね。この間もカラオケオフ会やったんだけどね。
Twitterで2万ポストつぶやいたらオフ会やろうかなって言ったんだけど、どうしようかな?

2012年7月23日

アメイジング・スパイダーマン

アメスパを観てきました。もちろん3D字幕。
アメイジング・スパイダーマンを観るがためにスパイダーマン1~3を先日観たわけですが、こちらのリテイク版よりも、前3部作のほうが好きになってしまいました。
もともと原作漫画でも設定が複雑になりすぎて回収できなくなっちゃったから高校生編からリテイクし直すよとか言って描き直されたものらしいので、そりゃダメだろって感じですね。
でも3Dの映像や、あくまでもリテイク版として楽しめればいいかなと思ったので観に行きました。
これは全然客が入ってない理由が以上のことも踏まえても納得できてしまいますね。
でもちょいちょい良いシーンもあったので、ともあれ感想をどうぞ。

2012年7月22日

幸せへのキセキ

マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソンの実話を元にしたフィクション『幸せへのキセキ』を観てきました。
なんと音楽担当がヨンシー。シガーロスのホピポラも流れます。ヨンシーのソロ・アルバムから、「GO DO」が主題歌的な存在として作中でやたら聴けます。
もちろんヨンシー以外の挿入歌もあります。
まあ、シガーロス好きで感動系のストーリー好きならぜひ観に行きましょう。

2012年7月11日

ファミリー・ツリー The Descendants

ラジオで紹介されていた『ファミリー・ツリー』。映画で音楽をやられている方がゲストに来られて、ハワイの音楽を奏でてくれていました。
そのラジオを聞いたときから、観たいなあと思っていた映画。というか、すでに公開終了間近だったのですけどね。
主演はジョージ・クルーニー。『スーパー・チューズデー』を観た少しあとのことでした。

ハワイにももちろん伝統文化は生きています。細々とではありますが、なんとかして守ろうという動きがあるみたいですね。ハワイ語を学校の授業に取り入れたりしながら。
ハワイではどこでも日本語が通じると聞きますが、本当でしょうか。観光産業も伝統文化と同じくらい大事なことはわかりますが、アメリカなんだから英語だけでいいじゃないの。英語と日本語とハワイ語の3つになっちゃいますからね。現にハワイ語を話せる人も少ないみたいですし。
日本でも方言を守りましょうね。標準語は大切かもしれないし、訛ってるとバカにされちゃうかもしれませんが、方言には地域独特の文化が根付いています。もちろんハワイ語は方言とは違いますが、またハワイに限らず地域言語が失われてしまうのは悲しくもありますね。

この『ファミリー・ツリー』(原題:The Descendants、意味は「末裔たち」)も、文化とは違いますが、ハワイに残された自然を守ろうとするお話です。
紆余曲折あり、脱線しまくりますが、それがまたいいのですよ(笑)

ハワイに行きたくなる映画です。ハワイの海で泳いだり、自然のなかでキャンプしたくなる映画です。
ハワイの伝統音楽を聴きながらね。

2012年7月10日

New House "Burning Ship Fractal" release Tour Final at 新宿MARZ

NEEEEEEEEEEEW HOUSE!!!
前回のクソライブから少し経ち、アルバムの発売から数ヶ月、そして7月8日、ツアーもいよいよファイナルということで、ライブを観に行きました。
奇しくも同じ新宿MARZということですごく不安で、ライブの2日前までは行く気がまったくありませんでした。
でも東京に行く用事ができたし、友達も行くし、まあ観に行ってやらんでもないという気持ちで行きました。

原宿に行き、東急プラザの新装AppBankStoreでナイスなiPadスタンドを買い、新宿でゲーセン巡りをしました(池袋と違ってほしいプライズがなぜかひとつもない! なぜだ)

行く途中、カバンに2つつけていた見えない障害バッジの1つが外れてどこかに消えていました。
前日飲み会で終電帰りだったため、おそらく混雑する電車内でなくしたものと思われます。
さらにヘッドフォンも落としてなくしてしまいました。交番に遺失物捜索届を出したり、JRの落し物センターに問い合わせてみてもありませんでした。すごい落ちこんだ状態でライブ会場へ向かいました。
表面的には平静を装っていましたが、今回も前回みたいなしっちゃかめっちゃかなライブをやったらどうなるかわからへんで! といった具合にはフラストレーションが溜まっていたと思います。冗談です。

さて余談はこのくらいにしましょう。
開場から30分ぐらい経ったあたりで入りましたかね。どうやら15分ぐらい押していたようです。押すのがデフォですから。
で、よく考えたらタイムテーブルの確認もなしに入ってしまったことに気づく2人。そういえばタイムテーブルの事前情報チェックって完全に友達任せだったわ。いつもすまないねぇ
で、17:30ぐらいにチェックしたんですが、New Houseはなんと21:00から。ちょっと気になっていて観ようと言っていたWater FaiもNew Houseの前、20:00から。これは早すぎたぞとうなだれる2人。
むかつくから酒飲んでやろっかなと思ったけど、やめました。

今回は2階から観られたので、Water Faiが始まる前までは上にいることに。
最初のバンドが始まるまでやたら長かった気がしますね。爆音だし。

最初のバンド。通称ホラーズ。理由はホラーズみたいだから。
ゴスパンクみたいな感じ? このイベントの空気にまるで合ってない。演奏自体はなかなか安定していてうまいとは思うのですが、曲調というか容姿というか? ヴィジュアル系ともちょい違うかもしれませんけど、僕の好きな部類ではない。
しかし1曲だけかなり素敵な曲がありました。繊細で瑞々しい曲。あの路線で行きましょう。1stから2ndの路線に切り替えたホラーズのようになってほしいとそのときは純粋に思った。最後に片腕を上に突き上げてかっこつけたのも目をつぶりましょう。

DJが挟まり、毎度おなじみ(?)Cherry Brown。嫌いじゃないよ、彼のこと。
以前聞いた曲もいくつかありました。ニーソックス、マジナイス! 最後にフロアを走り回るアクトは結構いいなと思った。
沢尻エリカは耳に残るんだよな~w
で、最初にやったPlastic zoomsのメンバーかな、そいつがCheryy Brownのことをキメェと言っていて嫌な気分になりました。
ああやって自分の好きなことを全力で、なんの嘘偽りもなくありのままの気持ちをラップしてるのってかなりかっこいいと思うけどな。
そうやって上から目線で頭ごなしに否定しかできない奴って大抵ひねくれてるから、自分の素直な気持ちを歌にすることもできず、ゴス化粧して見た目だけはかっこつけようとしてるんでしょ?
さっき湧いた応援の気持ちは完全に消えました。そいつの彼女かな(親しげに話していたので)、着物姿でライブ会場に来ていて、なに考えてんの? って思った。スーツはまだいいとしよう。でも着物はないわ~。完全に楽しむ気ないよね。男も男なら女も女というわけだ。類友乙。

おっと、つい攻撃的になってしまいましたが、そんな奴らは忘れて下のフロアへGO!
いよいよWater Faiです! 5人組のガールズバンド。いいね。
いきなりインスト曲を数曲かますというマニアックなバンド。しかも惚れ惚れするほど演奏がうまい! そして5人みんなかわいい。
でも途中で挟まった音の洪水みたいなノイズのインタールードはいらないなぁと思った。爆音だし、また耳がおかしくなっちゃうかもと一瞬恐れた。
後輩くんを連れてくればよかったかな。彼はノイズやってるんですよ。
でも一曲一曲はすごく好きだ。最後の2曲が特に素晴らしい。一番最後のゆったりしたスローテンポで始まる美しい曲はまだCDに収録されていないらしい。
CDを衝動買いしたくなるほど素晴らしい曲ばかりで、実際友達は衝動買いしていたのですが、僕はしませんでした。
なぜかというと、CDに「ふわゆる轟音系ガールズバンド」みたいなことが書いてあって、轟音系……つまりノイズ……う~んと迷ってしまったからです。
まあ今は迷っていても、いずれ買うかもしれません。それぐらい、彼女たちのことが気になります。5人の中では右側のサイドギターの子が好みです。あのギター、尖ってていいですよね。

さてお次は真打New House!
Water Faiの後にやるのはハードルが高いぞと思いましたが、彼らは見事乗り越えてくれました!
今までで最高傑作と思えるほど熱くて、ノれて、心の奥が揺さぶられまくる素晴らしいライブでした。
前回のぐちゃぐちゃなアレンジと音は一体なんだったのかと耳を疑うほど。プンプンが叫んだり、ちょっとノイズが続きそうになると不安になりましたが、効果的なタイミングで起動修正されるため、それすらもパフォーマンスになります。いや、なっていました。
セットリストは、
(SE:君の知らない物語)
Lost
So Clean
He Howls
Cold Water
Empty Shop
新曲(Natural blessings)
新曲
Path to Freedom
Pond I
かな。
8日はちょうどボーマス21が開催されていたので、それに合わせてのsupercellかなーとか思ったり。化物語の曲ね。
終わった後、飯食いながらセトリはあーだったこーだったと語り合いました。
曲名と曲を勘違いすることがよくあるため、これも定かではありません。
Lost、So Cleanは定番ですが、ついにHe Howlsを成功させてくれました!
たぶんHe Howlsは高円寺でやったと思うのですが、あれ以上でしたね。いつもうまくいってませんでしたから。ついにいい演奏のHe Howlsが聴けたとあってテンション上がりまくった!
新曲2曲は前回もやったと思うのですが、前回は音がごちゃごちゃでなにがなんだかわかりませんでしたが、今回聴いてみるとなかなかいいではないですか。なんとかセカンドアルバムを発売してほしいところです。
Path to freedomはいつも以上に盛り上がっていましたね。というか、ノリノリの客が珍しく多かった。ノリノリのほうが、気持ちいいからね。
モロはまたタンバリン壊すしさ~。天井に投げちゃダメでしょ。客に投げるよりかはマシかもしれんけど、破片が降って来てたし、照明とかに当たったら弁償じゃないの?w
そして、なんとまさかのアンコールが起きた! これは異例の事態ですよ。驚きました。
まさか、Water FaiやHotel MexicoやTurntable Filmsならまだしも、あのNew Houseが! アンコールを受けるなどとは思いもよりませんでした。
そしてすぐ出てくるw 慣れてないのがバレバレw まあ、時間も押してたしね。でも次は社長のDJなんだからさ、社長もうれしいと思うし、だったらもうちょっと引っ張りましょう。
アンコールではSpiral CloudとSmall World! Spiral Cloudは前々から友達と「ライブでやってほしいね」と言っていた曲です。すごいうれしかったし、すごい良かった! 演奏がグダグダにならないで良かった!
着実にレベルアップしていっていますね、彼らは。

New Houseのこと、前回のこともあってちょっぴり呆れていてごめんなさい。
見直しました! この調子でまたいいライブやってください。見切りをつけず、諦めないでライブへ行って良かった!
Water Faiといういいバンドも知ることができたし、なにより楽しかった。
彼らに直接感想を伝えることはできませんでしたが、ツイートしたらリツイートしてくれました。
ともあれ、ツアーお疲れ様でした。いつ出るかわからんし出ないかもしれないけど、セカンドアルバムに期待するしかないなこりゃ。

2012年7月7日

テルマエ・ロマエ

去る6月21日木曜日、映画『テルマエ・ロマエ』を友達と2人で観に行きました。
本当は4月頃、いや、3月の終わりだったかもしれませんが、僕を含めて友達5人で観に行く予定でした。
しかし全然予定が合わず、公開終了も差し迫った6月終わりになってしまいました。

原作の漫画はもともと好きなので、阿部寛がルシウス役って大丈夫か? とかその前提からして不安でしたが、結果はとてもおもしろく、杞憂に終わりました。
漫画原作の映画化・ドラマ化はそのほとんどが失敗する中で、珍しく原作にはない設定を盛り込んで成功しましたね。

では遅ればせながら感想行きましょう。
まだまだ書かなければならない感想が多くありますが、ネタが豊富なのはいいことなのかもしれません(笑)