2012年9月29日

ハンガー・ゲーム

28日公開の『ハンガー・ゲーム』を早速観てきました。
予告の段階からすごく楽しみにしていて、全米4週連続1位だったとか。スーザン・コリンズ氏の小説をもとにしています。
Hunger Games……空腹のゲーム……。一体どんなバトル展開が待っているのかとわくわくして、まさにハングリー精神で観にいきましたね。
生存確率1/24の、まさに『バトル・ロワイアル』です。

では感想いきましょう!↓

2012年9月27日

天地明察

映画『天地明察』を観てきました。
『マルドゥック・スクランブル』から冲方丁先生のファンになりましたが、相も変わらずすごいスケールの作品を書きますよね。ここにも「竜」が一人おりますね。

さて、先日の冲方サミット長月の陣では「観終わった後、小説の読後感と同じ」というお話を拝聞しており、とても楽しみに、期待して観に行きました。
大抵原作が大好きで、期待高らかに観に行くと裏切られるパターンが多いのですが、美事(みごと)に原作の味を生かし切っての良作と仕上がっておりました。
なにより演技が事細かに表現され、微に入り細を穿っての脚本であり、演出であると感じました。映画全体を褒め称えたくなる作品を観たのは久々ですね。原作ファンとして、とても嬉しいことです。

冲方先生の名言である「1に原作、2に原作ファン、ついでスタッフ、原作者の順で大事にしなきゃいけない」ということを、きっと滝田洋二郎監督もわかっていらっしゃるのではないでしょうか。
そう思える脚本であると感じました。観終わったあとでは、キャスティングもなかなか絶妙だったなと感服。
パンフレットも久方ぶりに購入しましたね。購入してよかったと思える作品でした。
「僕にとっては」非の打ち所のない映画でした。ただ、原作とは少々違いますので、やはり「兄弟分」として楽しめますね。

では詳細な感想を以下に。

2012年9月18日

HOTEL MEXICO LIVE "Day In Day Out vol.8" at Live & Lounge Vio, Nagoya

HOTEL MEXICOのライブに行って参りました。なんと埼玉から名古屋へ。
前日に友達から連絡があり、急遽「ノリで」決定しました。
最初は、あれ名古屋って聞いてたけど都内だったのかな~とかメキシコの告知を確認してしまいましたよ。
車で片道4~5時間。旅行ですね。
しかし観光などは一切ナシ! ただライブを観て帰ってくるだけという廃人的行為。完全にHOTEL MEXICO厨(それも見境ない類の)になってしまいました。

16日の市役所の試験を終え、雨が土砂降りになる前に帰宅。出発まで少し寝ました。
そして東名高速道路をぶっ飛ばすこと5時間。途中渋滞やらなんやらあり、晩メシを食べる暇もなくライブハウスへ。

地下2階にあるLive & Lounge Vioは素晴らしくおしゃれなライブハウスです。
ソファやテーブルが備えられており、キャンドルが灯っている。禁煙だし、軽食もある(ただし量は少なめ)。
バーテンダーがみんなイケメンでしたね。酒の種類が普通のライブハウスだと考えられないぐらい多い。音楽も楽しめるバーという感じ。

機材も小さい箱にしてはそれなりに良くて、ドラムセットはTAMAだし、スピーカーの音圧も適度。PAも細かい注文に対応するという良心っぷり。素敵です。

第一部が終わり、テキトーに、するっと入ったんだけど、疲れてソファで寝てましたね。
さすがに何も腹に入れてなかったので体調が落ちましたが、メシ食ったら持ち直しました。
本当はタコライスなんて食っちゃダメですよ。友達に「大丈夫」とか平気で言ってるしね。不良患者化しているな……。

Hot Hot Sexがトリだと思っていましたが、彼ら平気で音出ししまくって、「始まったのか?」みたいな雰囲気にすらなりましたからね。
対してHOTEL MEXICOはいつもの落ち着いた感じ。

Hot Hot Sexもなかなか悪くなかったですね。ボーカルの動きとかパフォーマンスが面白くて、3曲目か4曲目のディスコっぽい曲が好きでした。2曲目も良かったですね。
アルバムはまだ出ていない様子?

そしてしばらく間が開いて、いよいよHOTEL MEXICO!
彼らを観るために片道400キロ近く走って(正確には走ってもらって)きたのです。
6人体勢になってからは初めて観るライブです。ベースの人がサングラスをかけるようになりました。いかしてますね。

一番最初にちょっとしたイントロ(?)があり、「G.I.R.L」。客のテンションがめっちゃ高い。まあ酒入りまくってんだろうな~。
次は7inchとiTunesでの例の2曲です。「A Space in the Loveless Field」と「Wolves running through the Desert」を続けて。早くアルバムが聴きたいな~。
やはりライブで聴くと圧倒的ですね。とにかくイイ。僕の後輩なんかHOTEL MEXICOを聴いたときに、ライブで同じようにできないでしょとか言ってたけど、彼らは平気でやってくるんです。CDと同じ音を出して、同じパフォーマンスをしてくる。しかもそれにアレンジを上乗せしてくるから、そんじょそこらの邦楽インディー名乗ってる輩とは格が違うんです。

お次はお馴染み「Animals Strike Back」! 「No good no good no good...」の部分は合唱やで。
「dear les friends」はおとなしめでしたね。いつもはもっと荒れ狂うような演奏だったと思うのですが、この辺り6人編成になった影響が一番出てる曲かなと。

そして新曲。でも、ギターとベースのフレーズがどこかで聴いたような感じだったので、あれこれ新曲かな? すでに公開されてるかも? と思いつつ聴いていましたが、ボーカル聴いてるとやっぱ新曲だなと。
歌詞のカンペ使ってたしね~。今後が楽しみだ。

30分なんてあっという間ですよ。とても短い。1時間以上やってほしいですね。
期待に応えてアンコールでは「It's Twinkle」。案の定という感じでしたが、やっぱこれめっちゃいい曲だ。
もう踊りまくりましたね。疲れがピークだったので、変なテンションになってしまったというのもありますが。変なテンションになってると、大抵変なことされても許せますねぇ。


短い名古屋遠征も終わり、次HOTEL MEXICOを観られるのはいつになることやらと、冷めやらぬ興奮と多少の寂寥感を伴いライブハウスをあとにする2人。

漫喫とかで寝て名古屋観光という手もあったのですが、思った以上に名古屋の町並みが東京と変わらんなぁと思ってしまい、また行きたいところも特に思いつかなかったためそのまま帰ることに。
浜松SAでメシ食って車のなかで4時間ほど寝ました。このうどんは柔らかくてSAにしてはなかなか美味でした。
試験の疲れもあり(頭をフル回転させるので思った以上に疲れる。特に論文)、移動中も死んでました。
静岡SAでも休む。なんかこの辺り記憶が曖昧なんですよね(笑)

ガンダムショップは下りの静岡SAだったか~。残念。新東名で帰ったんですよ。
あと上りの海老名SAで食ったネギ塩親子丼がゲロまずだった。

ところで、僕はサービスエリアが好きです。雰囲気や外観のデザインなど、どこも中身は変わり映えしないのですが、個性的な建物が高速道路上でしか見られないというところにグッときますね。
あとトンネルが好き。


今回は試験終了後の開放感から、はっちゃけたいという衝動的なノリの気分で行きましたが、もうやめたほうがいいですかね。
HOTEL MEXICOの素晴らしいライブを素晴らしいライブハウスで観ることができたのはとても満足なのですが、疲れや眠気があまりにもひどく、事故ったりなんかしたら一大事ですからねー。
それでも小旅行気分で楽しめたので良しとしましょう。

メキシコ~~~~~!!! 早くアルバムを!

2012年9月11日

9.11☆誕生日

年をとりました。あまり嬉しくない。日にちではなくて、自分の立場上。。
進路が決まっていないと生きていくことも不安になりますね。

近況報告などしましょう。
最近は主にバイトしたりゲームやったり漫画読んだりしながら、試験勉強をちょこっとやったり。

ポケモンホワイト2を買ったので、まずビクティニを2へ保護し、ホワイトを最初からプレイしています。ビクティニは戻しましたが、まだ言うことを聞かない48レベル。

キングダムハーツRe:codedを先日クリアしたので、早いところ3Dをプレイしたいところですね。
すばせかの3枚目のサントラ=3rdアルバムが10月に発売するので、それまでにプレイしたい。
iOS版新楽曲とキングダムハーツ3Dで使われた曲なんかが入るそうです。予約しておかなくちゃ。
予約といえばFF25周年ULTIMATE BOXを予約しちゃいました。高価な買い物です。
アルティマニア3冊セットも予約注文しました。金額が増殖してます。


さて本題。
「誕生日なう」と発言しました。
フォロワーの方々に「おめでとう」と言っていただけるのは、先にあまり嬉しくないと述べたものの嬉しいです。
でも鼻についたのが、非公式RTで誰ともしれない人が「おめでとう」と言ってくる、その腹立たしいセンスについてです。
彼らは機械だ。一つの機械の回路だ。「誕生日」という言葉に反応して、誰彼かまわず非公式RTを送りつけるbotだ。
非公式RTは嫌いじゃないけど、よるほーのおめでとう然り、誕生日のおめでとう然り、使い所を間違えるとこんなに不快なんだと実感しました。非公式RTの使い方では、よるほーのおめあり以外で不快になったのは初めてだなー。

Bさん「おめ☆ RT @Aさん おめでとう! RT @yudukiyo 誕生日なう」という形です。
Aさんは悪くありません。BさんはAさんのフォロワーです。BさんはAさんにもメンションしてしまっています。
この場合、僕にだけ「おめ☆」という文言を送ればよくないですか? BさんはAさんにとってもう関係ありませんよね。しかもBさんは僕のフォロワーでも何でもない赤の他人です。

Twitter公式は、絶対時間を取りやめて相対時間で縛るよりも、非公式RTを完全に使えなくすればよろしいのではないかと(※iOS公式アプリでは非公式RTは使えませんが、他のアプリやクライアントでは使えますし、いざとなれば手動でもできる)。
Twitterで誕生日をつぶやくのも考えものかな。いらん気遣いが増える。


9.11テロからは11周年、11回忌。早いものです。黙祷。


追記:9月11日はクレヨンしんちゃんの臼井儀人先生の命日でもあります。お悔やみ申しあげます。

冲方サミットpresents OPEN-冲方 長月の陣

去る9月2日、冲方サミットの当選メールを持って銀座へ行きました。
パセラの地下にある、BENOAというダーツバーです。恐ろしく高級感がありましたね。

さて、感想を書くのが大分遅れてしまいましたが、「冲方サミットpresents OPEN-冲方 長月の陣」の感想です。



いきなり結構な列に出くわしました。入場の列で、やっぱりたくさんの人が当選してここに来たんだなぁという印象。もちろん当日券もあったようなので、すごい人数なんだろうなと思っていました。
でも入場の際にちらりと観た当選者数は63人。当日券を入れても100人いなかったかなぁというぐらい、ゆるゆるなイベントで、自分としては好都合でした。
なぜなら最近人ごみがすごく苦手で、その当日の昼間に池袋をぶらついていたら人ごみにあてられて気分が悪くなっていたからです。
ちょっとライブとかも控えたほうがよさそうですね……。

開幕後、第一部は9月15日から公開の『天地明察』、29日から公開『マルドゥック・スクランブル排気』、そして発売したばかりの『光圀伝』と各作品の貴重なお話を聞けました。
『天地明察』では冲方先生自身も作中にモブとして登場しているという話もあり、また各キャストのみなさんの写真も観られたり。
昨日のめざましテレビ「すっPPIN」では奥様も作中に登場しているという情報が! 美男美女夫婦なのは以前の冲方サミットで知っていましたが、モブなのに存在感があるので、ぜひとも早く劇場で観たいですね~。

『マルドゥック排気』はセリフ付きの予告編が初公開となり、2連続で観るというサービス!
セリフ無しの予告映像は以前からあったみたいですが、この冲方サミットで初公開で胸が高まりましたね。
前売り券はトランプ付きという情報もゲットし、早速買いに行こうと決めた矢先にハプニングが!(後述)。

『光圀伝』は、僕の小説購入スタイルからして文庫が出てから買えばいいかなと思っていたのですが、配布された小冊子に載っていた一部分とコミックス版の登場人物紹介を観て、かつお話を聞いていたら購入欲がむらむらと高まり、衝動買いしてしまいました。リブロ池袋にちょうどサイン本が売っていたので、とてもいい買い物をしました(まだ読めていませんが……)。

第二部は恒例のカジノゲーム! 前回はポーカーのホールデムでしたが、今回はブラックジャック対決!
AppBankのiOSアプリ・ポケベガでもブラックジャックはよくやるので(完全にマルドゥックの影響ですが)、待ってましたの対決でしたね。
そもそもマルドゥック・スクランブルはブラックジャックのお話ですから(笑)

不在の中西Pとゲストをシード枠に設置した上で、9月20日のマルドゥック排気公開直前イベントにおける本戦対決への出場者2名を決定します。
冲方先生はなんとディーラーです!(笑) いつもカジノスクールの先生でしたが、20日はすごく楽しみですね。

まさに小説の中のような展開に会場全体が沸きました。ブラックジャックはディーラーとの対決ですが、2戦目は特に他プレイヤーとの駆け引きが熱かった! たぶん家で配信動画を観ていたら感じられなかったでしょう。座席の関係で少々観づらかったのですが、それでも十分、衝動的な結果に興奮が収まりませんでしたね。観ているだけでもとても楽しかった。

第三部は主に宣伝や告知。
『もらい泣き』という実際のエピソードをもとにした短編作品集も買っちゃいましたよ。その場で宣伝を聞いちゃうとダメですね。サミットメンバーの提供話もあって、「誰がどの話を提供したのかいずれ教えましょう」という発言にグラリ。『光圀伝』とあわせて買いました。
『天地明察』のコミック版もいよいよ3巻。まだ1巻すら買ってないので、いずれ。シュピーゲルシリーズも読みたくなったし、冲方作品を全部読みたくなった。
大学の大先輩なので劣等感を感じることもあれど、やっぱり素直に尊敬して、憧れちゃいますね。

そして最後に抽選会! サイン本などが当たると聞いて心躍りましたが、なかなか当たらない……。
無理かなーと思っていたら、なんと『マルドゥック排気』のペア鑑賞券が当選しました!

上部に冲方サミットと英字で書かれ、その下にサインが入っています(光の関係上見えにくくなっていますが)。

いただく際に、冲方先生と握手しちゃいました。
きゃ~うぶち~ん!

なんてね


実はペア鑑賞券をいただいたことは初めてなので、いつもどういうことかわかっていなかったのですが、2枚綴りになってるってことなんですね。そして鑑賞券自体は特別なものではなく、前売り券と同じです。

一緒に観に行く人誰かいるかなあ? いなかったら、自分で3回観に行けばいいか。
というのも、前売り券を買っちゃいましたからね。鑑賞券当たったのに!(笑)

 



劇中で用いられているデザインと同じデザインのトランプ。
前売り券が1,000円なので、トランプ自体は400円と考えるとすごく安いですね。グスコーブドリトランプが1,000円、ファイナルファンタジー25周年トランプが1,200円ですからね。もっと高くても買うのにね。

さて、最近はすっかり気分が落ち込んでしまっていて、おまけに人ごみで気分悪くなってどん底だったのですが、今回のライブ冲方サミットのおかげで大分気分が良くなりました。
とはいえ、ポジティブシンキングを獲得できたかというと全然できていませんが、『天地明察』と『マルドゥック排気』を楽しみに生きようと思えました。

いろんな人に自慢したいなあと思ったのですが、自慢する側は気持ちいいけど、される側はあんまり気持ちよくはないので、そこそこ控えようと思います。
親しい友達とかになら平気でいいだろ~とか言っちゃいますけどね。バイト仲間とかには言えないですね。

9月20日には渋谷公会堂にてマルドゥック直前イベントが開催されます。
もちろん当選しましたよ~。今回冲方サミットに来場したお客さんは強制参加ですという冗談が飛びましたが、冗談じゃなかったりして……(笑)
往復はがきでの応募だったので、マルドゥックシリーズに対する熱い思いをがりがり書きました。会場で紹介されちゃうかもね。PNは夕月碧(ゆうづきへき)にしておきました。

どんどん知名度を上げるうぶちん、すごい羨ましい。銀幕デビュー、テレビデビューの次は何デビューをするのだろう。
すっPPINの中で、「未来・現在・過去を書ける作家でいたい」とおっしゃっておりました。SFも書くし、現代小説も書くし、時代小説も書く。とても自分には真似できない芸当だなと、純粋に尊敬しちゃうね。

2012年9月7日

ヒックとドラゴン

『ヒックとドラゴン』をレンタルで観ました。ブルーレイが欲しくなりました。
久米田先生が『さよなら絶望先生』の「紙ブログ」内で営業していた頃から漠然と観たいなーと思っていたのですが、ようやっと観ました。
めっちゃ面白かったし、続編、続々編も制作決定で3部作になるとか。
楽しみですね。

2012年9月5日

プロメテウス

予告編から気になっていた作品。『エイリアン』シリーズに繋がるので、好きな方は好きでしょうね。
テーマが「人類の起源」ということですが、先日鈴木光司『ループ』を読んだ身としては興味ありますね。
人類は猿から進化したものとされていますが、ではその猿は何から進化したのか、そしてその前は何から進化したのか……と突き詰めていくと、微生物的な何か生命体に当たるわけでしょう。でも、その最初の微生物的生命体がどのようにして地球上に発生したのかはまだ解明されていない。
『ループ』内では“神”としての誰かが生命のタネを播いた説が採られていますが、果たして……

『エイリアン』シリーズはまったく観ていないので、これから1だけでも観ようかなと思います。
IMAX3Dで観たので、迫力や臨場感は満点ですよ。近年のCG技術バリバリのSF作品はやはり3D、特にIMAXがピッタリですね~。しかし、今回この『プロメテウス』では別のところで、IMAX3Dの良さを実感したので、それをまず書きましょう。

それにしても、ストーリーはよく理解できなかった。たぶん『エイリアン』シリーズを観ていても理解できない部分があると思う。それのせいでどうしても好きになれない。あと敵が怖い。
SFホラーなので、そういうエイリアン系が苦手な人は観ないように。
あと、先日テレビでやった『プレデターズ』よりは面白いと思う。

では、以下感想です(※ネタバレを含みます)。