2013年12月31日

ザ・ベスト・オブ・アルバム2013

さて、大晦日ですね。
今年もラストの記事は、ザ・ベスト・オブ・アルバムです。ただ、今年はあまりCDを買ってないので、ベスト5で。ザ・ベスト・オブ・ムービーもベスト5だったので、ちょうど合いますね。

音楽は同じものを繰り返し聴くということばかりしていて、新しいものにあまり食指が動きませんでした。収入は上がったのに、毎月カツカツになってしまっているのはどういうわけなのか……。CDを買うお金がありません。
でも、僕はやっぱりCD派で、データで音楽を買うということはあまりしたくないタイプです。CDで聴きたいし、CDを棚に並べたい。モノが好きなんですよね。

外でもあまり聴いてないし、家で聴くか車で聴くかになっちゃってます。欲しかったヘッドフォンを買えてないというのが結構きいてると思います。予約までしてたんですけどね。MDR-1RBT。別にbluetoothじゃなくてもいいかなって思ってます。そもそも音が途切れるのが嫌でbluetoothやめたんだし、戻るのもな。

ま、それはさておき、今年もいきましょう。ザ・ベスト・オブ・アルバム2013どうぞ!

New House Live in PANIC DEATHCO!!! vol.2 at Shibuya Club Asia

New Houseのライブに久々に行ってきました。すごい久々ですね。
来年の春にニューアルバムが出るそうで、新曲「Blow Wind Blow」のMVもアップされましたね。
なかなかいい曲でMVの出来も良いのですが、やはりアニコレっぽさが通底して漂っていますね。

ライブのイベント自体は15時からやっていましたが、New Houseを観るためだけに行ったので、晩メシ食ってから行きましたよ。
そしてNew Houseだけ観て帰ると。他のアーティストなんかどうでもいいもんね。

会場はいつもよりも人が多かったです。始まるまではいつもどおりか、ちょっと多いぐらいかなーって思ってましたが、意外にもそれなりに入りましたねー。
でも客層がなんか違うような印象も受けて、New Houseのファン層の幅が広がったのか、それともただの物珍しさなのか判断つきかねますが、前者であることを祈りますよ。演奏のレベルもかなりアップしましたしね。

ではライブの感想を。

1曲目はCold Water。
2曲目はEmpty Shop。


この2曲は定番ですねー。まあ12インチで出してますから、当然っちゃ当然ですし、好きだからいいんですけどね。
ちょっとだけアレンジが変わったみたいで、ぐっと良くなりましたね。

3曲目はまさかのPath to Freedom。
もう完全にライブではやらないと思っていましたし、なぜこれが3曲目なのか。
モロが曲順間違えたとか言ってましたが、ここなんでしょうか。
Path toは踊れる曲なので、イベントの趣旨からしてマッチしたのかもしれませんね。何はともあれ、楽しい。
タンバリンをいつものように投げて叩きつける前に、自分でぶっ壊すというパフォーマンスが良かったです。

4曲目はNatural Blessings。
最高の名曲。アレンジもすごく素晴らしいものに仕上がっていますね。ぜひこのままアルバムに収録して欲しいってぐらい良かったです。

5曲目はLand Scape。
こちらも新曲で、以前1度だけライブでも聴いたことがあります。
これ最後の曲にしたほうがカタルシス感がありますね。
曲順間違えたのはここかもしれませんね。
これもアルバムに入ると思うので、かなり楽しみです。

6曲目、Blow Wind Blow。
待ってました。MCでMVの話をしたんだからその直後にやったほうがよかったんじゃないでしょうかねー。
まあ曲順間違えることってあるよね!
曲もなかなかいいので、やはりアルバムが待ち遠しいです。

2013年12月30日

ザ・ベスト・オブ・ムービー2013

さあやってきました。
年末恒例の、ザ・ベスト企画です。
ザ・ベスト・オブ・ムービー2013では、ザ・ベスト・オブ・ムービー2012年度にはランクインしなかった作品を入れようと思います。

今年は映画館スタッフを辞めてしまったため、そんなに多くは映画を観られなかったのが残念です。
というわけで、ベスト5を決めます。
それではどうぞ!

ザ・ベスト・オブ・コミックス2013中止のお知らせ

みなさんこんばんは。
年の瀬も迫ってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今年もザ・ベスト・オブ・コミックスをやろうと思ったのですが、諸事情がありまして、あえなく中止とさせていただきます。
理由は以下のとおりです。


▲The Castle Of The Comics

これはすべて積読本です。
未読の漫画でまさに城塞ができてしまいました。

ぜんぜん時間がなくて、漫画を読めていませんでした。
まあ、去年からずっとこんな感じでしたけどね。

おまけにルールが複雑だし、数も多いし、収集がつかなくなってきていますので、来年もやるかどうかはわかりません。
やるとしたら、完結した作品だけにしようかな。

積読本はあまり溜めないようにしたいものですねぇ。


今年は『万能鑑定士Qの事件簿』や『名探偵マーニー』、『坂本ですが?』など面白い漫画が目白押しでしたね。
完結した作品ではダントツで『超人学園』が面白いです。今のところ、一番好きな漫画は? と訊かれたら、『超人学園』と答えます。
予定では、『あまねあたためる』が第1位でした。佐渡川準先生よ、永遠に。
キャタピラー』の匣咲いすか先生もお亡くなりになられました。無念です。

あくの秘密結社』や『村ドル』、『ANDOL』、『サチウス』、『アキタランドゴシック』など面白い4コマもたくさんあります。そういえば、2013年はアイドルの年だったと言えるでしょうね。アイカツ、ラブライブ、ドキドキ!プリキュア、ANDOL、村ドル。アイドルをテーマにした作品が流行りました。

こんなにたくさん面白い漫画が揃っているのに、中途半端にしか読めていないのが残念で悔しいです。
もっと漫画を読む時間を作って、この城塞を崩したいと思います。

でも、収める場所がないので、なんとか新しい本棚を買って部屋に押し込めようかなと計画中です。押し込められるかどうかは、結構ギリギリのラインですけどね。
漫画を買うこと自体が目的になってしまっているのかもしれません。読まないと、いけませんね。

2013年12月29日

スティーブ・ジョブズ

11月1日より公開された映画『スティーブ・ジョブズ』を観ました。
これまた1ヶ月経たずに上映終了。セカンド上映で観ることとなりました。
最近は映画の公開期間を減らして、Blu-ray/DVDの発売時期を早めるというスタイルが横行しており、嘆かわしい限りです。

iPhone/iPadユーザーとして非常に楽しく観ることができました。
でも映画のなかではiPhoneもiPadも登場しないので、iMac G3やiPodに触れられた方、さらには初期Apple、AppleⅡを実際に知っている方のほうがより楽しめるでしょう。
伝記を元にしており、ヤマザキマリさんの漫画でもおなじみですが、すべて実際にあった出来事なので、まさにApple社の歴史を振り返っている映画と言えるでしょう。
NeXT社は少しだけ触れられますが、ピクサーは名前すら出てきませんからね。
脚本はiMac G3までで終わっているので、それ以降が観たかったのですが、まあそれはみんな知っていることだし、いいんじゃないでしょうか。

それにしてもジョブズ氏はすごい人であると同時に、偏執的なまでのこだわりを持つ人だなあと改めて思いました。
先見の明もあるし、最初のほうで自ら電話かけまくってスポンサー探しをするシーンがなかなかいいですよね。

ジョブズが築いたアップル社のスタンスは、他のメーカーとは違い、製品を出したら(あるいは製品を出す前から)次の別のものを考えているってことですよね。
他のメーカーは出した製品をバージョンアップさせたり、踏襲して発展させていくのに対し、アップルは1本のラインじゃなくて、別の道に行ったり違う方向へ行ったり、様々に枝分かれしていくところが常識破りなんだと思います。
それでいてどれかが疎かになるわけじゃなく、常に最高の製品づくりをしている。ジョブズが一旦抜けたらそれができなくなって、戻ってきたらまたそれができるようになった。
終盤では企業の経営の問題もちょろっと出てきて複雑になりますが、全体を通してもちょっと不明瞭な展開がいくつかあるように思いました(まあ全部の出来事を映画化するのは当然無理なのですが)。
それでも、かなりまとまりがいい作品だったなとしみじみ思いましたね。

Jobs Forever



「Apple I」から「iPad Air」まで--アップルの歴史を写真で振り返る
http://japan.cnet.com/news/business/35041575/

from CNET Japan

2013年12月4日

グランド・イリュージョン -NOW YOU SEE ME-

『ソーシャルネットワーク』で鮮烈な演技を見せたジェシー・アイゼンバーグ主演、ルイ・レテリエ監督のマジシャン映画『グランド・イリュージョン』(原題:NOW YOU SEE ME)を観てきました。
諸事情があって2回観ました。けど、あともう2回ぐらい観たいですね。

イリュージョンをテーマにした作品に『レッド・ライト』というのがありましたが、あちらは完全に超能力で、『グランド・イリュージョン』ははっきりマジック(手品)でトリック(タネ)があるよと言っています。「計算されただまし」である、と。
ただ、催眠術だけは実際に能力として扱われています。催眠術も超能力の一種であるとすると、ここだけ受け入れられないかもしれません。

内容としては、マジシャンが手品を使って犯罪行為(金銭強奪)を行うというストーリーがとても面白いですね。
ラストの展開も悪くないです。

ファースト上映は1ヶ月で終了という寂しい感じでしたが、セカンド上映をやってますので、ぜひ観に行ってみてはいかがでしょうか。
ザ・ベスト・オブ・ムービー2013トップ10に入るぐらいの名作だと思います。

それでは感想を。

2013年11月29日

秋の夜長の田舎マンガ特集

みなさまこんばんは。秋も深まってきまして、もはや冬です。
都会の生活に疲れていませんか? 行き帰りの満員電車にうんざりしていませんか? 人混みの多さに辟易していませんか?
時間に追われる多忙な毎日が嫌になったら、ゆっくりのんびり、田舎マンガを読んでスローライフを擬似的に体験してみましょう。

この特集記事はずっと温めていたもので、本当はもっと早く書くつもりでしたが、私も時間に追われる多忙な毎日を送っています。
10月頭に入院してしまったので、時期が少々ずれてしまいました。入院前は暑いぐらいだったのに、10月末に退院してみるとすっかり寒くなっていて、体温調節に苦労しました。

さて、田舎マンガと言っても多種多様です。
離島マンガ、農業マンガ、ご当地マンガなどなど。
単に地方が舞台のものではなく(例:『日常』、『咲-Saki-』など)、その地方の良さや雰囲気、地元ネタ、風景、観光地などをふんだんに取り入れている作品を紹介します。
『咲-Saki-』は特集に入れようかどうかすごく迷ったんですが、麻雀マンガなので残念ながら却下です。たまたま長野や奈良というだけで、舞台が作品の主軸になってはいないので。

それでは参りましょう。

2013年11月27日

the pillows TOUR 2013 "LOSTMAN GO TO CITY" in Shibuya-AX, TOKYO

11月16日に久々のthe pillowsツアーがありましたので行ってきました。
初日のShibuya-AXに行きましたよ〜。ファイナルのZEPP TOKYOもいいんだけど、ZEPPはあまり行かなくなっちゃったな。遠いし。



今回はシングル『ハッピーバースデー』発売後のツアーということでした。アルバムではなくシングルが出たときのツアーは普段滅多にやらないような曲もやってくれるので、とても面白いのです。

グッズは買いませんでした。すごい行列だったし、さすがにもういいでしょう。
あと先月公式サイトがクラッキングされたので、グッズ情報がいまいち把握できてなかったってのもあるんですよね。
曲のTシャツが出ると、ああその曲やるんだってわかりますけどね。

トリビュートアルバムはまったくつまらないアーティストばっかりだったんでスルー。興味が一切持てませんでした。POP CHOCOLATとかカミナリグモとかいればまだ興味惹かれたんですけどね。
僕は最近インディーバンドやインターネット発の音楽ばっかり聴いてるし、今の日本のメジャーっていいバンドがほとんど(まったくといっていいほど)いないんですよ。だから聴く必要もないと思ってるし。

the pillowsも楽しいっちゃ楽しいんですけどね。もう次のライブはいいかなと思ってます。
というのも、僕の立ってた場所の右前方にアラサーぐらいの年齢の女性が5人ぐらいいて、輪になってるんですよ。集団で観にきてるわけですね。別にいいと思います。
で、後ろにはあまりライブ慣れしてなさそうな男2人が「この間のいきものがかりのライブは〜」とか話してるわけだ。
ライブが始まると当然モッシュがあるし、それを避けようと思ったらかなり後ろにいかなきゃならない。
もう年取ったなー、おっさんになりつつあるなーとか感じましたね。
でもまあ始まったら始まったで跳ねたり叫んだりするわけです。
いい発散になりましたね。いろいろあってクサクサしてましたから(前述の周りの人に対するストレスではありませんよ)。

前口上はこれぐらいにして、感想いきますか。

the pillowsのライブの1曲目は大抵いつも「アルバムの1曲目」なんですが、今回は違いましたね。
なんと「Wake Up, Frenzy!」から始まりました。びっくりしましたが、こういう滅多にやらない曲をやってくれるのがシングルツアーのいいところです。
その後、「NO SELF CONTROL」や「Skim Heaven」、「Welcome to bubble town's happy zoo」、「White Ash」など埋れがちな名曲がきましたね。
「bubble town」のTシャツはシンちゃん画だそうですが、MCで語ったさわおさんが絵を依頼したときのエピソードが面白かったです。

「都会のアリス」がライブで聴けて実に良かったです。もうこれを聴くためだけに行ったと言っても過言ではありません。

そういえば『トライアル』からは1曲もやらなかったんですねえ。
「Sleepy head」は前回も聴きましたね。すげぇロックになってるやつ。
「Crazy Sunshine」もよかったですね。「Blues Drive Monster」はもはや定番になりましたね。

新曲が1曲ありました。
タイトルは「About A Rock'n'roll Band」。
これものれるいい曲でしたね。早くCDで聴きたいものです。

行ってよかったとは思いましたが、発散できた反面非常に疲れました。病気のせいもあるでしょう。
アンコールは1回ぐらいでいいですよ。
客層もやっぱり変わっちゃったし、次回(アルバムが出たときのツアーなど)行くかどうかは未定ですねぇ。



2013年11月26日

ソコカシコ & YeYe『HUE CIRCLE』全国ツアー in TOKYO

去る10月6日、渋谷O-nest、7th floor、DUO MUSIC EXCHANGEでRALLYEレーベルのフェス「ソコカシコ」が開催されたので行ってきました。
その前日にタワーレコード渋谷でYeYeとショコラさんのトークイベントがあり、その前々日にも同じくタワーレコード渋谷でYeYeインストアライブがありました。
トークイベントには行かなかったのですが、インストアライブには行きました。仕事終わってから行ったのですごいギリギリになり、あまり良く見えなかったのが残念でしたね。
『HUE CIRCLE』から数曲やりましたね。YeYeを観に来た人よりも、たまたまその場にいて、なんとなく観てた人が多かったように思います。場所譲ってほしかった……。
『HUE CIRCLE』をタワーレコード池袋、新宿、渋谷のどれかで買うとサイン券がついてくるので、サインしてもらっちゃいました。
ライブ会場限定CD『ハウスウォーミング』も売ってたので、買っちゃいました。
トークイベントの特典引換券をもらったんですがね。行かなかったんですよ。ソコカシコを観たあとでは、トークイベント行けばよかったなあ〜とすごく後悔しました。




さて、ソコカシコではYeYeだけ観るのも寂しいなと思ったので、以前1度だけライブを観て、それ以来ちょっと気になっていたSOARINGも観に行くことにしました。
SOARINGはライブよりもCDで聴いたほうが素敵ですね! CDを2枚とも衝動買いしちゃったんですが、買って正解でした。
でも決してライブが酷いって言ってるわけじゃないんですよ。CDだとドラムとベースが打ち込みだから、スカスカでのっぺりした感じになってしまっていて、素敵CD音源の唯一の欠点なのですが、ライブはバンドセットなのでしっかりと厚みのある音を鳴らせています。
O-nestの音が安定しているというのもありますね。
あとはキーボードがいれば完璧なのではないでしょうか。CDの綺麗な音をラインで鳴らしちゃってるから物足りない感じになっちゃってるんだと思います。
「vega」や「NIGHT PARADE」がとても好きで、CD聴いて好きになったのは「e.g.」。特に「vega」をまたライブで聴けて良かったです。



その後はYeYeまで時間があったので、合流した友達と渋谷をぶらついたり、O-nestで味噌おにぎりを食べたりしていました。
やっぱりO-nestではクランベリージュースを頼んでしまうんですが、クランベリーって腸にいいのか悪いのかよくわからないですね。ベリー系だからきっとNGだとは思いますが、実を食べるわけではないので大丈夫でしょう(こういう考え方が不良患者なんですよね。気をつけます)。

YeYeのライブはDUOでしたが、なんとイスが出ている。
YeYeのライブでイス!?
論外ですねー。RALLYEの社長は何を考えているんでしょうか。
イスのあるミュージックフェスとか初めてなので、どうしていいかわからずまごつく一行。文句を言いながら、しかたなく後ろのほうで立って見ることにしました。座るのはありえませんからね。
やっぱり後ろのほうだとちょっと遠い。まあ全体観られたからいいかなという感じではありますが。
やっぱりYeYeのバンドセットはいいですねぇ! 奥行きが出て、立体感が増します。より華やかになりますね。鉄琴があるのがいいです。
イスがあるせいで「Do We We a」があまり盛り上がらなかったのが残念でしたね。

ソコカシコのライブではゲストとしてショコラさんが登場。一緒に「Rainbow Connection」を歌ってくださいました。
ショコラさんのキャラクターはYeYeに負けず劣らずの強烈な天然キャラで、下手なお笑いコンビよりも面白い(笑)
もっと漫才を観たかったので、やっぱりトークイベント行っとけばよかったなあ〜(笑)



次はソコカシコから1ヶ月後、11月9日に行われたYeYe『HUE CIRCLE』全国ワンマンツアーの東京公演に行ってきました!
安定と信頼の渋谷O-nestです。
11月23日は徳島、24日は香川公演だったようですね。

ギリギリに着いたのですが、なんとか間に合いました。本来なら行けなかったのですが、無理やり行くことにしてしまいました。行けるか行けないかわからないってときには、無理してでも行っとくが吉です。
今回もバンドセットなのですが、ドラムのリッキーさんがケガにより欠席という不測の事態に。ベビースターラーメンが好きなんですかね、写真が貼り付けられたマイクスタンドにて登壇。
急遽1曲目に「miserable」。
その後は落ち着いた感じでしたが、ドラムレスというのもこれはこれでありやね。また違った良さがありました。
『HUE CIRCLE』の曲を中心に、『朝を開け出して〜』の曲も数曲。
リッキーさんがツッコミ役なので、YeYeが暴走しても2人じゃ止められないというか、うまく受け止め切れてない感がグダグダっぷりを露呈していて、これもまたYeYeバンドらしさだなあと思いました。あくまでもサポートなんですけど、彼らじゃないとうまくはまらないというか。
でも後半でゲストとして登場したドラムのイトケンさんがバッチリ決めてくれたので、非常にスッキリとした後味でした。
前半と後半で濃淡がついていてとても良かったですね。まあ、欲を言えばやっぱり最初からドラムが欲しくはありましたが、そこは曲順を入れ替えることでうまくカバーできていましたね。
音楽的にはイトケンさんは素晴らしい働きっぷりでしたが、やっぱり漫才MCにはリッキーさんですね(笑)

ワンマンライブだとアンコールをかけやすいですね。
今回のライブはやはりワンマンということもあって、かなりたくさんの曲をやってくれてとても楽しかったです。

次は京都公園に今回一緒に行った友達と遠征する予定です。ツアーファイナルということで、スペシャルバンドセットとのこと。楽しみです。
高速道路でエンストしたり、ケガしたりしないようにしなきゃね。

2013年11月24日

ブラッドラッド 俺たちのマカイへようこそ

新宿マルイアネックスで開催された、「『ブラッドラッド』俺たちのマカイへようこそ」へ行きました。

 

行きたくていったわけではなく、たまたま行ったら開催していたという感じですね。
以前プリキュアショップが開催されていた場所ですかね。

グッズがメインでしたが、複製原画も展示されていました。
以下は写真撮影OKだった2枚▼

 

DVDとブルーレイも売ってました。
グッズはフユミンのストラップを買いました。
ボタンを外すと、携帯クリーナーとして使えるようです。
缶バッジ的な感じだったので、そこだけが残念ですね。缶バッジってすぐ傷つくので▼

  

あとこのイベントで買ったわけではないのですが、ヤングエースの全員応募サービスのブラッドラッドTシャツもあわせて紹介します。
デフォルメのアイコンがかわいいですね▼



ポロシャツも買いました。ネクタイがすごく良かったので、衝動買いしてしまいました。
マルイ先行販売だそうです(もう一般販売されてるかな?)。
パーカーも欲しかったのですが、そこまでのお金はなかったので、断念▼

 

この期間限定ショップで6,000円以上購入するとガラガラくじを1回回せたので、回したところ、展示されていたパネルがもらえました。
いろいろあるなかからどれか1枚もらえたので、こちらのシーンをチョイス▼

 

ベルが頬を染めるシーンも捨てがたかったのですが、やっぱりフユミンですね。

ブラッドラッドのブルーレイも早いところ集めたいですねぇ。
お金がなくて買えてないんですよ。それなのにポロシャツ&ネクタイ買っちゃったりしてるからね。

ブラッドラッドはぜひ劇場版やってほしいですね。
劇場版をやるにふさわしい作品だと思うんですよ。
マンガもまだまだ続いてますし、2期希望ですが、まずは10巻のDVDが楽しみですね。

2013年11月23日

The Suzan Live in Daisy Bar Autumn Fes 2013 ~Well Come Home~

SHOUT LIKE THE MONSTER NOW, COME ON!!

昨日下北沢DAISY BARで行われたThe Suzanのライブに行ってきました!


 

右のポスターはDAISY BARに貼ってあったのでなんとなく撮りました。
まだThe Suzanが4人いたころの懐かしきポスターですね。まあ、僕は4人いたころのライブを観ることができなかったので、それがとても残念に思いました。

朝から病院の通院に行きまして、終わったのが夕方17時半でした。レミケード待ちで1時間半かかったので、メシ食ったり楽器屋行ったりしてましたからいいんですけど、他の予定が全部潰れてしまいました。

小田急線が遅れていたので、下北沢に行くときにすごく混みましたね。
下北沢はあまり好きじゃないというか、慣れない街ではありますね。

DAISY BARに着いて、チケットを買い、コインロッカーかクロークがあるかどうか聞く。
1階のラグーナにクロークがあるらしいと調べて行ったのですが、やってないと一蹴されてしまいました。会場内にコインロッカーもありませんでした。

一番近いコインロッカーはどこにあるのか聞くと、クラブキューに行かないとないって言われました。その通りにしたら、チケット買わないと入りづらい雰囲気だったので断念しました。
仕方ないのでネットで調べて、京王井の頭線の西口にあるという情報をゲット。
駅を大回りして、なんとかコインロッカーに荷物を預け、ダッシュでDAISY BARに向かいました。あと10分ぐらいしかない。

まあどうせ押すだろうと思っていたのですが、おおよそ時間通りに始まりましたね。

セットリストは以下のとおりです。KAERUが1曲目でいきなりテンション上がりましたね。



TOKYOをやる前に、リエが7年後の東京オリンピックで使ってほしい! と発言。
本当にそう思います。superflyとかAKBとかのどうでもいいのを使うんじゃなくて、The Suzanこそふさわしいはずです。ニューヨークを始め、世界中で活躍しているんですから。

前から2列目にいたんですが、Jungle Beatでジャンプしたのは周りで僕一人しかいませんでした。
あれ? って不安になりましたが、2回目のジャンプを決めました。サオリが「Everyone jump!」って言ったからみんなジャンプしだした感があって、なんかがっかり。DAISY BARのライブはかなり盛り上がると聞いていたので、肩透かしをくらった気分でしたが、やっぱりライブの熱量は非常に高く、迫力満点でしたね。

個人的にMoving onが好きになりました。YaYaYaYaYa!

HOMEも安定の楽しさがありますね。
リクエストタイムでAnimalが聴けたのはとてもよかったです。

1時間ぐらいやったのかな。もっと聴きたかったですね。
今までCDでしか聴いたことがなかったのですが、The Suzanのライブに行くとすっかり魅了されちゃいますね。アツすぎる。



GOLDEN WEEKの輸入盤を何枚かサオリが持ってきてくれていて、せっかくなので買いました。
3人にサインもしてもらっちゃいました。ジャケットの裏面に書いてもらったのですが、友達に指摘されて、確かに盤面に書いてもらったほうがよかったかなあと思いました。
でもCDプレイヤーに入れるときに、スロットインだから消えたらやだなあと思ったんですよね。まあ消えないと思いますが。

今はニューアルバムの製作中とのことですが、なかなか思うようには進んでないようですね。
早ければ来年春、普通にいけば夏に出せると言ってましたが、今までも延ばし延ばしだったようなので、たぶん秋ぐらいになりそうですね。
でもすごく楽しみです。

行ってよかったです。素直にそう実感しました。
The Suzanのライブはいつも予定が合わず、平日とかも多いので今までなかなか行けませんでしたが、ようやく行くことができましたね。
最高に楽しかったです! ぜひまた行きたいですね! また来年ですかね!

DON'T STOP MUSIC NOW, COME ON!!



2013年11月22日

キャプテンハーロック

これまた少し前に観た映画の感想ですが、フルCGアニメとして映画化された松本零士『宇宙海賊キャプテンハーロック』を観に行きました。
3D上映で観まして、かなり面白くて興奮しました。

フルCGということでしたが、メインキャラの声優がいわゆる俳優陣だったので不安でした。
最近のアニメはなぜか声優ではなく俳優を使う傾向がありますからね。舞台俳優ならまだしも、普通の俳優は声の演技ができない人が多い。ただ単に知名度を優先しているのかもしれません。残念なことです。
しかし脇役はベテラン声優がガッチリ固めていましたので、そこまで大きな不安ではありませんでした。
観終わってみるとまったくの杞憂でしたね。特にハーロック役の小栗旬には『グスコーブドリの伝記』のせいで一抹どころではない不安を抱いていたのですが、ハーロックのような寡黙で独特の「近寄りがたさ」を持ってる人物には小栗旬はまあまあ合っているんじゃないでしょうか。

実のところ漫画も読んでいないし、TVアニメも観ていないので、映画と比較することができないのが残念ではありますが、その分まったくの純粋な気持ちで観ることができました。
原作やアニメ版とは脚本がだいぶ違うようですが、詳しくは知りません。
脚本は『亡国のイージス』などでおなじみの福井晴敏先生ですね。スタッフロールで知ってさらにテンション上がりました。

時間がないない言いつつあらすじに沿って感想を書いてしまうのが悪い癖になってしまいましたが、なにはともあれ2ヶ月前に観た作品ですので曖昧になってしまう部分もあるかもしれませんね。
どうぞご容赦ください。

2013年11月21日

小鳥遊六花・改 〜劇場版中二病でも恋がしたい〜



今月から『小鳥遊六花・改 〜劇場版中二病でも恋がしたい〜』のセカンド上映が始まったので、せっかくなので2回目を観てきました。

いや、「観直してきた」と言ったほうが正しいかもしれませんね。
1回目は悪評高いシネマサンシャイン池袋で観たのですが、上映中に最初から最後までペチャクチャしゃべってる迷惑極まりないグループが2つあって、まったく集中できないどころか感動が削がれてげんなりしていました。

笑いどころで笑うのは全然オッケーなのでいいのですが、泣きどころで笑われるのはたまったものではありません。
すでにTV放送版の回想編としての作品ですのでネタバレを恐れずに言うと、不可視境界線上で六花ちゃんがパパに別れを告げるシーン。クライマックスもクライマックスなんですが、そこでなぜか笑い声が上がり、非常に腹立たしく感じました。

友達が別の劇場の舞台挨拶を観に行ったそうなのですが、映画を楽しみにしているのではなく、登壇した声優さん目当ての客が少なからずいたらしく、それだけならまだしも傍若無人な振る舞いをするという、オタクであってオタクの枠組みから逸脱した「叛逆のオタク」が存在したようです。
詳しいことは聞き及んでいませんが、おそらく何らかのイベントだと勘違いして調子に乗り、声優さんに声援を送ったり、アニメアイテムを振り回したりしたのでしょう。

映画館に観に来るならまず鑑賞マナーを身につけろ。そんなこともできないような社会不適合者は一生引きこもっていればいいデェース。


さて、気を取り直しまして感想に移りましょう。
ここからは劇場版のみのシーンに関する言及もございますので、読んでいただける方はどうぞご了承ください。

2013年11月20日

エリジウム

結構日が経っちゃいましたが、ニール・ブロムカンプ監督・脚本、マット・デイモン主演『エリジウム』を観たので感想を書きます。

崩壊した地球に住む人々と、新たに作られたスペースコロニーに住む人々の対立構造がメインテーマかなと観る前は思っていましたが、やや予想外なテーマを扱っていました。予想外ではありましたが、SFを現在の延長線上のものと捉えた場合、当然起こりうる問題でもあるのかなと感じました。

最初はFINAL FANTASY 13に似てるのかなーと思っていましたが、全然違いましたね。
あと僕が今書いてるSF小説に結構近い気がします。パクリと言われないようにしたいですね。

では簡潔ながら感想を。

2013年11月10日

Cote&Ciel Messenger Bag 13inch Review



Cote & Ciel(コート・エ・シエル)のメッセンジャーバッグを買いました。
フランスはパリ発のブランドです。ポータブルPCユーザー、特にマッカーに人気のようです。
現にこのメッセンジャーバッグも、「for MacBookPro 13"」と書いてありますしね。

 

表も裏も、素材がふつうのCote & Cielのモデルとは違い、「Techno Canvas」という撥水加工が施された(撥水ワックスなのかな?)特殊な素材でできています。
布とかキャンバス地ではない独特の触り心地がすごく気持ちいいです。すべりが良すぎて、膝の上に乗せて座ってるときとか、すべり落ちそうになります。



裏側のポケットにPCを入れられる、前後クッション付きのコンパートメントがあります。13インチまでのPCを入れられます。
MacBookは入れずに、Surface pro2を入れてます。Type Cover2を付けても、余裕ですね。

仕切りにポケットが2つついています。左側の大きい方には、Nexus7を横にして入れられます。たぶんiPad miniも横で入ると思います。



メインポケット。フリップを上に上げて、ジッパーで開けます。フリップを上げないと、手が入れられません。
奥はかなり深いです。マチはPCコンパートメントにほとんど持ってかれているので、このメイン部分にマチはあまりありません。
ここにエレンタールを詰めた水筒を入れているのですが、かなりかさばりますね。

中にチャック付きのポケットが1つありますが、開けておくと中身が散らかるので注意が必要。しかも、片手では開けられない。困った。



前部分。ポケットが2つあり、ここもチャック式です。全部チャックが付いているので安心感はあります。
文庫本(ハヤカワ文庫トールサイズ)がぴったり収まります。つまりトールサイズじゃない普通の文庫本ならかなり余裕です。漫画はB6までならなんとか入ります。A5は無理です。

ここのチャックにヘルプマークをつけました。


使い勝手としてはなかなか悪くありません。
メッセンジャーバッグは防水じゃないと嫌だというこだわりがありますが、雨でもまったく問題ありませんでした。うっかり文庫本のポケットのチャックを閉め忘れていたんですが、上のフリップが覆ってくれていたのか無事でした。

金具がステンレス製なのですが、特に体に当たって痛いということもありません。ストラップはオレンジ色のワンポイントがかなりイカしてます。

Surface pro2を持ち出したいときに今までのberufのメッセンジャーバッグだと、無印で買った封筒ケースに入れていたのですが、取り出しにくいのでやめました。安かったからべつにいいけど。


beruf CORDURA Messenger Bag(M size)

あと、マジックテープが嫌になったので、すぐに購入しなければならないという事情がありました。
服の袖がマジックテープに触れただけで傷んじゃうんですよね。だからフタを開けるときは気をつけないといけなかったんです。


Cote & Cielのメッセンジャーバッグが置いてあるお店は、都内だと新宿ルミネ1(西口のほう)のB1Fにあるエディション新宿店と、AppBankStore新宿の2階。この2店舗しかありません。
エディションのほうには15インチのメッセンジャーバッグが、AppBankStoreには13インチと15インチ両方置いてありました。いずれも、カラーバリエーションは用意されていないようです(それぞれ展示1色のみ)。

berufは今や東京じゅうどこを探しても置いてありませんから、置いてあるだけマシかもしれませんね。サイズ感や中のポケットの使い心地などを確認して、通販で買いましたから。

Cote & Cielはリュックサックが人気のようですが、僕はメッセンジャーバッグがおすすめです。
「Techno Canvas」にこだわらなくてもいいという方は、いろいろカラーバリエーションが豊富なので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Côte&Ciel - Home

Côte&Ciel - Coated Techno Canvas


2013年11月2日

入院歴プラスワン

みなさんこんにちは。お久しぶりです。
10月9日より入院しておりまして、25日に退院しました。2週間とちょっとですね。
検査入院も含めると、今回の入院で入院歴が合計4回になりました。
久々の入院だったのと、新しく生物学的製剤(抗TNFα抗体)を入れ始めたので、その感想なんかも踏まえて書きます。
特に面白い話もないので、淡々と進めます。生存報告みたいなものですね。

クローン病の原因自体がわかっていないため、なにが原因で入院することになったのか正確にはハッキリしないところもありますが、おそらく疲労とストレスでしょう。
夜中に下血しまして、その1か月前にも下血していたのですが、そのときは自然に止まったので、今回も止まるかなーと楽観視していました。
しかし止まらず。便器が禍々しい赤黒い色で染まるのは、IBD患者の方ならば慣れっこになっている方も多くいらっしゃることでしょう。
同時に嘔吐。晩飯が全部出ました。おかげで胃の中は空っぽになりました。でも、内視鏡検査はやらなかったので、特にいいことはなかったですね。まあ去年の11月にやってますし、入院したら下血が止まったので必要ないと判断されたのかな?
入院したらぱったり下血が止まるというのも変な話ですね。睡眠不足もあったのかもしれません。

IBD患者の方が危惧することとして、「入院=解雇」という不安が常に胸の中にありますね。
でもなんとか大丈夫みたいです。もちろん、復帰してみないことにはわかりませんし、今後も入院前と同じ業務で同じ仕事量をこなしていけるのか心配です。

今回僕が新しく始めた薬は、レミケードです。
生物学的製剤(抗TNFα抗体)と呼ばれるもので、マウスの蛋白質だか遺伝子だか何だかを使っているそうです(よくわかってない)。
同じ薬でヒュミラというのもあります。こっちはヒト由来で、レミケードよりも新しい薬です。

レミケードは点滴で入れます。全部で2時間半かかります。
最初に入れるとき、副作用予防の薬を入れたのですが、これに体が反応してしまい、全身が痺れました。足の先から痺れてきて、頭のてっぺんまで痺れました。痺れ薬を打たれた感じですよ。
痺れはしばらくしたら引きましたが、焦りました。
最初はすごくゆっくり入れるので、4時間ぐらいかかったかな? 時間を測っていないのでよくわかりませんが、結構長かったと思います。

レミケード後、最初の食事と就寝前の2度、お腹が痛くなりましたが、単純に絶食後の初食事だったためでしょうね。
クローン病にはやっぱり絶食が一番なんだなあ。病気になってから食事をあんまり楽しめなくなったので、僕としてはずっと食事とらなくてもいいんじゃないかなって思ってるぐらいです。ただ、頭はたらきませんけどね。栄養もエレンタールだけじゃ完全にはとれないんですよね。
そうそう、絶食してるときは唇が荒れまくっていたんですけど、エレンタール摂り始めたら治りましたね。エレンタールに含まれているビタミンを経口で摂るのが重要なのかもしれません。
エレンタールだけで生活してる人がいるって話も聞いたことありますけど、ぜひノウハウを伝授していただきたいですね。

その後1週間、腹痛はほとんどありませんでした。
今までは毎日腹痛に苦しんでいましたから、それがウソのように消え去り、腹痛のない生活がこんなにも快適だったのかと思い知らされました。いや、それが普通なんですけどね。
クローン病の腹痛がただの腹痛だと思ったら大間違いだぜ!
『相棒12』第3話の食中毒ぐらいの痛みだと思います。あれは腸炎ビブリオ食中毒でしたけど、同じ腸の疾患ですからね。
あのレベルの腹痛が毎日襲ってきていたと思っていただければわかりやすいかもしれません。観ていない方にはわからないかもしれません。

2回目のレミケードは1回目からきっかり2週間後と決まっているので、投与してから退院するか、退院してから外来で投与するかという話になりました。
僕はもう入院生活には飽き飽きしていたので、さっさと退院したくて仕方なかったので、なんとか外来でお願いしますと言う始末。無理は禁物なんですけどねえ。入院に慣れるとこういうこと言い出すから慣れって怖いなと。

最初のころはいいんですよ。本読んだり、音楽聴いたり、一日中制限はあるものの自由な時間で満たされているので。
でも2週目からつらくなってきますね。食事が無いのはは先述の通り全然苦にならず、4人部屋で周りの人が食ってても平気。なんか口に入れたいなあとは思いますが、もうメシ食いたくて食いたくてどうしようもない! っていう状態にはなりませんでした。
退屈すぎてなにもしたくなくなるんですよね。
ベッドの上でぼけーっとしてるか、談話室行ってひたすらTwitter眺めてるか、とにかくぼーっとする時間ばかりでした。意味もなくネットサーフィンしたり、退院したあとに買いたいものを考えたりとか。でも実行に移せないので、結局退屈な時間を過ごすしかない。それがどんどんつらくなってくるんですよね。
周りの人のいびきがうるさくて眠れないというのもよくあることですしね。

来年4月から『くろーんず-マンガで分かるクローン病-』で入院編を描こうと思っているので、そのときにうまく描写できればいいかなと考えています。
10月分は11月に更新する予定ですが、描けるかどうかわかりません。

退院してから、入院中のぼーっとする時間の長さにひきずられてしまい、家でもぼーっとする時間が増えてしまいました。
無論、イムラン(アザチオプリン)の副作用に「ぼーっとする」というものもありますから、そのせいかもしれませんけどね。
イムランは遅効性で、2~3ヶ月で効いてくるので。0.5錠から1錠になって1か月半ぐらいですから、だんだんぼーっとする副作用が出てきているのかもしれません。
今度1.5錠に増える可能性があるみたいです。

レミケードは即効性で、人によっては効き目が出るまでにちょっと時間がかかる人もいるみたいですが、僕はすぐに効き目が出ましたね。腹痛がスッパリ消えましたから。先生も驚いていました。

2回目を29日の火曜日に入れてきたのですが、診察に時間かかりすぎて大変でした。
夕方から友人と約束があったので、レミケードの点滴の時間が2時間だとばかり思っていたら、2時間半だったのでさらに慌てましたね。副作用予防の薬を30分かけて入れてから、レミケード2時間でした。点滴投与中はずっと寝てました。本読んでようと思ったんですけどね。寝ちゃいましたね。

経過も落ち着いています。
今は復帰に向けて体調を整えている最中ですが、明日の日曜日、大学の学園祭を手伝いにいかないといけないので、体力をつかうので心配です。
病み上がりを理由にほどほどにしておきたいものです。

レミケード入れたからって無理しすぎないようにしたいですね。
仕事面は負担が重くなりすぎないよう調整してもらうのが一番かなあ。また入院したら目も当てられませんからね。
難病患者として、一般人と同じように働くのはさすがに無理ですが、そうできればとてもいいことだし、できないのであれば理解と配慮がどうしても必要になってきます。
医療費助成も改悪がなされるそうで、ますます難病患者の経済的負担も重くなっていきますね。
働きやすい社会、生きやすい社会へ移行する兆しすら見えませんが、なんとかやっていきたいものです。

2013年10月3日

CITIZEN ECO-DRIVE NIGHT HAWK

9月11日に自分への誕生日プレゼント♥(笑)として、買ってしまいました。
ずーっと欲しかった腕時計、CITIZEN ECO-DRIVEシリーズの海外モデル、NIGHT HAWKです。



ECO-DRIVEはソーラー電池で動く時計です。光さえ当てていれば、電池交換をする必要はありません。
針と文字盤の時刻の目盛りは蛍光塗料で光ります。ソーラー電池と蛍光塗料、見事にマッチしていますね。
今まで使っていたG-SHOCK G-8100(後述)はデジタル腕時計だったため、暗くなくても液晶ディスプレイの角度によってはライトを点灯させても時間を見ることができないという不便さがありましたが、アナログ腕時計はこの点が優秀ですね。角度をあまり気にしなくてもいいのは片手が塞がってるときはすごくありがたいです。

今流行りの電波時計機能はついていません。
クロノグラフではないので、ストップウォッチとかもありません。
あるのは、9月でも「31日」という存在しない日付が表示されてしまう日付機能(笑) 月が出ないので仕方ないのかもしれませんね。

飛行機のパイロットが使う計算機が周囲にぐるりと張り巡らされています。
左下の竜頭を回すことで、外周の目盛りが回ります。

おそらくメイン機能であるこの目盛り計算機、どういう計算ができるかご紹介しましょう(※主に説明書の訳文です)。

(1)
Q:飛行機が180ノットで飛んでいますが、450海里飛ぶには何時間かかりますか?
A:外周目盛りを回して、外周目盛りの「18」を12時の▲マークに合わせて、外周目盛り「45」のところに一致する内周目盛りに記載された時刻を読みます。「2:30」なので、2時間30分です。

……うん。次行きましょう。

(2)
Q:240海里を1時間20分で飛ぶには何ノットで航行すればよいですか?
A:外周の「24」を、内周の「1:20」に合わせます。12時の▲マークに一致した外周目盛りは「18」なので、180ノットで航行すればよいでしょう。

もうわかりましたね。
計算は中学生の数学ですが、進研ゼミをやってる小学生は簡単にわかるでしょうね。しかし、それ以前の問題があります。
念のため、もう1問見てみましょう。

(3)
Q:1時間あたり250ガロンの燃料を消費して6時間飛ぶことができる燃料は何ガロンですか?
A:外周の「25」を12時の▲マークに合わせて、内周の「6:00」に一致している外周目盛りは「15」なので、1,500ガロンです。

どうでしょうか!?
250を6倍すれば1,500なんですよ? すごい!!!

……計算自体は簡単ですが、数字が複雑になると時計の目盛りでは限界がきてしまいますね。
たとえば、(3)の数字を、1時間あたり240ガロン消費で4時間半とかになると暗算もちょっと面倒臭いし、目盛りも正確に読み取ることは不可能です(答えは1,080ガロン)。

ですが、そこではない。ガロンはまあ置き換えられるでしょう。
1海里って何km!? ただのマイルとは違うの?(海里=nautical mile) ノットってどのくらいの速さ!? ガロン……リットルにするといくつなんですか?
海外モデルなので、欧米基準なんですよ。

しかし! 諦めるのはまだ早い!

(4)
Q:30マイルは何海里で、何キロメートルですか?
A:外周目盛りの「30」を内周目盛りの「STAT▲」と書かれているところに合わせます。内周の「NAUT▲」のところに一致した外周は「26」なので、26海里、12時の▲マークに一致したのは「48.2」なので、48.2キロメートルです。

……うん。
「48.2」……ね。

読めるかっ!!


他にも乗算や、除算、比率の計算なんかもできるのですが、実用的ではありませんね。目盛りの数が足りないので(笑)
20×15ぐらいなら暗算できますしね。

とまあ、この歪みないアメリカナイズドな感じです。メイン機能であるはずなのに、あまり役に立たないというのも面白いところです。
G-SHOCKなんかではよくあるアナログ時計の下に小さい液晶ディスプレイでデジタルを表示するといったこともないので、より正確な時間をチェックしたいときはスマートフォンを持ち出すので、計算もスマートフォンでやったほうが早いという。
いや、気に入りましたね。

時計部分が分厚くてごついのもなかなかいい感じです。
買ってから結構経ちますが、すっかり愛着が湧きました。

やっぱりCITIZENはいいですねぇ。
PROMASTERシリーズなんかすごいかっこいいし、アテッサもなかなかいいですね(ちょっと手が出ませんが)。

結構前にCITIZENのXC(クロスシー)を使っていたのですが、竜頭がぶっ壊れてお亡くなりに。修理不可能な壊れ方みたいですね。
その後、XCのメンズモデルは生産終了となり、レディースモデルだけになってしまって、嘆いておりました。

でも最近はすっかり海外モデル好きなので、長く使えたらいいなと思っています。

最後に、ドゥアズの「夜鷹の夢」(Night Hawk's Dream)を聴いてください!
僕の誕生日である9月11日と、この曲は深い意味を持ちます(戦争の名前は違いますが)。腕に平和を。





2013年9月30日

iOS7で使いたいオススメのアプリ

iOS7にアップデートされた方もされてない方もこんばんは。
僕はiPhone5sを買ったので最初っからiOS7になっていましたが、iPhone4sはまだiOS6のままにしてあります。
その理由は、iPhone4sをドライブレコーダーとして使っていて、「マルチドライブレコーダー」というアプリ(有料\600)がまだiOS7に対応してないらしいからです。
しかし、もし対応したとしてもアップデートはしないつもりです。
iPhone3GsをiOS5にアップデートしたときはひどかった……。結果バッテリがおかしくなって、膨張して基板割れましたからね。電池を食うとかそういうレベルではなかったのだろうと思います。修理費かけて修理する必要もないかなと諦め、机の奥で永眠しました。

iPhone5sではM7コプロセッサというものがつきまして、Gを感知したり、車の運転中はWi-Fiを探すのをやめたりという、かなりスマートな機能があるようなのですが、iPhone5sをドライブレコーダーにはしたくないですねぇ。
上記のようにマルチドライブレコーダーがiOS7に対応していないというのもありますが、なにより、発熱がやばい(笑) これから寒くなりますが、それでもクーラーつけないとやばいんじゃないの? という感じです。USB扇風機を車内に取り付けようと考え中です。PC用の水冷クーラーをうまいこととりつけられないかなー……って、それならiPhoneじゃなくて市販のドライブレコーダー買ったほうがいいか。

さて、iOS7が正式リリースされてから二週間が経ちましたが、その所感を書きます。おすすめアプリはそのあと載せます。
まずは良くなったところから。

 

▲iPhoneのAppStore上からアプリをウィッシュリストに登録できるようになりました。
むしろ今までできなかったことがなんでやねんって感じですよね。
右上の合同マーク(≡)から登録したウィッシュリストを見ることができます。
PCの電源を入れて、iTunesを立ち上げてiTunes Storeにアクセスして……という手間がかからなくなりました。いつでも今欲しいアプリを眺めることができ、セールになったら購入することができ、次にiTunesカードを買ったらこれ買うぞ~と思うことができます。
ちなみに、iPhoneのiTunesStoreでも音楽をウィッシュリストに登録&見ることができます。

◀おやすみモードがロックしていなくても機能するようになりました。
これはウレシイ!

睡眠サイクルを計算してアラームを鳴らしてくれるアプリがいくつか増えてきました(有名なのは僕も使用している「Sleep Cycle」や、レオニャルド・フミンチでお馴染みのドリエルの睡眠サイクル計測アプリ、「ぐっすり~ニャ」)。

そうした睡眠サイクル計測アプリは、大抵iPhoneを充電しながら、画面はロックせずに伏せて使うことが多いかと思います(他のをあまり使ったことがないのでわかりませんが)。

そうした場合に、iOS6ではおやすみモードが機能しませんでした。しかし、iOS7では機能します! これで良質な睡眠がとれることうけあいです。

◀賛否両論あるけど、なんだかんだいって便利なコントロールセンター。
LEDをコントロールセンターからオンオフできるようになったため、懐中電灯アプリが完全に要らない子に。Wi-Fiのオンオフや、おやすみモードのオンオフが意外と便利です。

ただ、デザイン面がまとまっていない感じがして、そこが意見の分かれるところですね。円なのか、角のとれた四角なのか。
ミュージックも使いづらいと悪評がたっていますが、僕は使いづらいと感じたことはありませんね。ふつうです。


 
▲悪い点ももちろんあります。通知センターからTwitter投稿ウィジェットが消えました。

iOS5時代、「LaunchTwi」というアプリを使っていたのですが、今はもうAppStoreにないばかりか、インストールしたとしても使うことができません。
通知センターからツイートする方法は今のところ、何かしらのランチャーアプリをどうにかこうにかして通知センターに出して使うしかないみたいです。
まあ、僕は頻繁にツイートするようなヘビーユーザーではないので別に構いませんが、いつでもツイートしたい方には不便ですね。
あとは、他のアプリを使っているときや、リンクを共有したいときとかにアプリにTwitter共有機能がない場合などでTwitter投稿ウィジェットは活躍していました。今までできていたことができなくなるというのはユーザビリティが低下しますね。残念なことです。

通知センターがらみでもう1つありまして、標準カレンダーアプリの通知タイトルの「カレンダー」という文字の横に今日の日付と曜日が表示されなくなったという残念な改悪があります。
左にフリックすれば見られるんだからいいだろということなのでしょうか。
なので、前々から使っている「今日は」アプリを継続中です。どうやらこのアプリ、今AppStoreにないっぽいですね。残念。



さて、おまたせいたしました。
iOS7で使いたいアプリを3つご紹介いたしましょう。
なぜ3つか? 時間がないからです。

CCal11 


アイコンがまずカワイイのですが、設定をいろいろいじったら見た目もiOS7っぽいキャッチーなデザインにすることができました。
Googleカレンダーと同期し、iOS標準カレンダーアプリにも予定を追加できる。iOS標準カレンダーでは物足りない人は、ぜひこのカスタマイズがバリバリ行えるCCal11を使ってみてはいかがでしょうか。

今までのCCal10を使っていた方は、CCal10からアップグレードみたいな形で、CCal11のPro版と同等のアドオンを入手できるはずです(僕は入手しましたが、今は入手できるのかどうかわかりません)。
ちなみに、視差効果をオンにするとフキダシが動きます。

Weather On 



美しすぎる背景。情報量も抜群のタイルスタイル天気予報アプリ。
無料版のままだと今日と明日の天気しか表示されませんが、1週間の天気予報を表示したい方はぜひアドオンを購入しましょう。

まず特徴的なのは風速と風向きです。かざぐるまが、風速に合わせて回ります。回りまくります。風がないときは、ゆっくり回ります。
風速と風向きを表示する天気予報アプリはいくつもありますが、かざぐるまが回って、見た目で風の強さを判断できるアプリはこのWeather Onぐらいです。今のところ。
僕の妹が言っていたのですが、女性だとスカートが気になるので、天気予報のチェック時には風速も見るのだとか。他にも、帽子とかウィッグとか自転車とか、風の強さは気になる方も多いのではないでしょうか。
そんなときはこのWeather Onアプリですぐにチェックしましょう。「風速20km/h」とか言われても、すぐにどのくらいの風の強さかわかりますか?

デジタル時計のタイル部分をタップすると、アナログ時計モードに入ります。何やら英語の名言集も表示してくれます。置いておくだけで素敵。
通知やバッジアイコンにも対応。気温をバッジアイコンで表示できます。バッジアイコンはiOS6までは、なんか未読数みたいで嫌だなと思っていたのですが、iOS7になってフラットになったら、あまり気にならなくなりました。オススメです。

Label Box 



ビックカメラやロフトなどで、写真にテープなんか貼り付けるアイテムがあるみたいなんですが、それをiPhone上でやってしまうという最高にかわいくてクールなアプリ。
最初からデフォルトで入っているテープもいいんですが、僕はアドオンをばんばん買っています。
特に「Alice in Wonderland」という『不思議の国のアリス』をモチーフにしたテープがかわいくて、あまりのかわいさにツイートしてしまったぐらいです。このアドオンがリリースされたその日のうちに買いました。

使い方はいたって簡単。写真上でなぞれば、テープを貼れます。文字を入力するのですが、今不具合が起きていて、フォントによって文字が潰れてしまいます。早く直ってほしいですね。←直りました!
もちろん文字を入力せずに、目線に使ったり、模様に使ったりするのもOK。
最近は画像を自分で撮ったよ(あるいは描いたよ)という虚偽の自作発言が横行しているので、防止策としても使えますね。URLを入れるとさすがに写真がうるさくなるので、名前だけにとどめていますが。
写真の文字入力アプリは数多くあれど、ここまでかわいいアプリはこのLabel Boxだけですね。


以上です。いかがでしたでしょうか。
僕はiPhoneにアプリを1,000個以上入れるアプリキチガイですからね。それでも、僕の知らないアプリはまだまだたくさんあります。なにせ、AppStoreには10万以上ものアプリがひしめいているのですから(すでに20万以上か? いやもっと?)。
iOS7で使いたいかわいい、あるいはクールなアプリがありましたらぜひお知らせください。そしておすすめしてください。お待ちしております。

おすすめのアプリはまだまだ他にもありますので、いずれまたブログで紹介できたらいいなと思っています。
それでは。

2013年9月23日

5sゲットォォォ(屮゚Д゚)屮 iPhone5s購入レポート&レビュー

9月11日……まさに僕の誕生日に発表されたAppleの新スマートフォン、その名も「iPhone5s」と「iPhone5c」!!
iPhone5cに関してはうわさ通りのカラフルな端末で、見た目がとてもいいですね。
iPhone5sは指紋認証がついに搭載され、プロセッサやGPUも性能がアップしています。

僕は今iPhone4sを使っていて、2年契約が終わりそうです(iPhone4Sは9月11日をもって「iPhone4s」に名称変更されました)。
今! 待ち望んだ契約の刻!!

何度、妹のiPhone5をうらやましく思ったことか。
でも、iPhone4sの3.5インチの画面にも愛着があったのですよ。今やスマートフォン市場では大画面ブームが巻き起こっているので、小さい画面の需要が供給を超えてしまっています。
Xperia Z1とか言って、Xperia rayの後継機どころかXperia Zの後継機を持ち出してきて、あろうことか6インチのXperia Z Ultraを海外で先行発売までしていやがる。Xperiaの小さい端末を待ち望んでいる方はがっかりしてiPhoneに乗り換える人もちらほらいるのではないでしょうか。
今回はNTT docomoからもiPhone5s、iPhone5cが発売されるということで、日本経済新聞の報道が初めて本当になりました。嘘から真とはよく言ったものですね。

iPhone5は、スペックがほぼ変わらないiPhone5cの発売にあわせて生産終了。その代わりに、iPhone4sの8GBモデルが登場しました。なにげに新モデルですよ。

カラーはiPhone5sがスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色。
まさかのゴールド、そしてグラファイトとうわさされていたスペースグレイの登場で嬉しさとAppleらしさの喪失感を同時に感じた方も多いのではないでしょうか。
僕はスペースグレイというかっこよすぎる名前にあわせて、シルバーとゴールドの名前も変えて欲しかったなと思いました。ムーンシルバーとか、シャンパンゴールドとか(発売前夜の9月19日は十五夜、中秋の名月。『MOON GOLD』だとthe pillowsのアルバム名と被ってしまいますからね)。
AppBankの店員さんはシャンパンゴールドと呼んでいました。

iPhone5cはホワイト、レッド、グリーン、イエロー、ブルーの5色。5colorsです。
写真で見るよりもずっとポップなカラーで、裏面のポリカーボネイトの手触りがとても良いです。ぜんぜんチープじゃない。
NOKIAのLumiaシリーズっぽい色合いです。NOKIAの携帯事業がMicrosoftに買収されたというニュースも同時期に起こったので、Apple v.s. Microsoftのスマートフォン対決が見たいですね。そのためにはまず日本市場再参入が期待されるところです。NOKIAの新製品は、Lumia1020と、10月に発表が延期された6インチのファブレットに注目が集まっています。

さて、どちらを購入するかということですが、指紋認証にとても興味があるし、カメラの性能も画素数こそ変わっていないものの2個のフラッシュライトや絞りがF2.2になったり、M7コプロセッサも期待が持てたりということで、iPhone5sを狙うことに。
問題は、いつ買うか?

発表された直後は、iPhone5sは予約がないという絶望的状況に愕然として、並ぶしかない……並ぶしかないんやと取り憑かれたように思っていましたが、発売日が近づくにつれ、やっぱり始発で行けばいいかな~最悪オンライン予約で~とか楽観視していました。

しかし、誘惑には勝てなかった……。


I'm at Yodobashi Camera Shinjuku Nishiguchi!!!!!

ちらっと様子見て帰ろうかな~と思ってたんですけどね~。
ネットで行列情報見てたら、ヨドバシならまだそんなに並んでないみたいな情報がありまして。
ヨドバシは入荷情報出してくれていて、新宿西口ならSoftBankはiPhone5s全色あるぞと(※docomoはスペースグレイしかなかった)。
急に心が揺らぎだす。

10時半ぐらいにヨドバシカメラ新宿西口に着きました。
どこに行列つくってるんだろう? 携帯売り場を覗くが特に見当たらないので、裏に回ってみる。
高速バスの向かい側に物々しい雰囲気を醸し出している店員と客を発見。
まだSoftBankとauそれぞれ5人ずつしか並んでない……(※docomoは1人も並んでないどころか、先頭プレートすらなかった)。
よし、水を買ってトイレ行って……。
あ!? トイレどこや!?
戻ってみると9人になってた。
帰るか……? 並ぶか……? 体力が保つのか……? 徹夜はもう二度としないと決めたのでは……?(※この間、わずか1秒)

よし。
並ぼう。

負けられない戦いがここにある。


「『そのうち』なんて当てにならないな。いまがその時さ」

ほら、スナフキンもこう言ってるじゃないか!

ヨドバシカメラ新宿西口に9時間ほど並びました。
折りたたみのイスを用意してくればよかったです。ケツが大変なことになってしまいました。並ぶつもりでいたときは、買おうと思っていましたが、並ぶつもりじゃなくなったときに買うのをやめてしまっていたので、持ってこられませんでした。もし次並ぶイベントがあったときに必要なはずですので、今のうちに買っておいてもいいかもしれませんね。

並ぶ前にトイレにいっていたので、僕は一度も列を離れませんでした。
のいずさんに怒られそうな気がしたので。

前と後ろの人と少しだけ仲良くなりました。ホッカイロやホット缶コーヒーをもらいましたが、僕はなにも持っていなかったためあげられるものがありませんでした。龍角散ののど飴とブスコパン(痛み止め)ぐらいしかありませんでした。情けないですね。

ヨドバシの店員さんからおしぼりをもらいましたが、アルコールの気化熱で余計寒くなるという、善意が裏目に出る結果になってしまいましたね。

電話回線工事が始まったのがつらかった。行列の真横に車がアイドリングで駐まり、排ガスをぶっかけられるという、ガスプレイを受けてしまいましたが、ヨドバシ店員が苦情を申し立ててくれました。しかし、30分ほど排ガスを食らってしまい、かなりやばかったです。ハンカチを口に当てるという火事の防災訓練さながらの様相を呈しました(いや、訓練ではなくて本番だった)。

前の方との話も尽き、あたりも真っ暗になり、病人なのにこんなことしてていいのか俺……と自分を責め立てること数回。


そして長い長い夜が開け……

ついに契約開始です!!

SoftBank恒例のサーバーダウン!!!!

あれ? iPhone5cの予約開始のときもサーバー落ちてなかったっけ?
いつものことですね(^o^)

再開したけど、一向に進まない。
俺の料金プラン複雑だからなあ~。3Gプラン組んでなくて、データカード通信に依存して、iPhone3GS買ったときのキャンペーンとかなぜかずっと付いてるし、ハートフレンド割引まで組み合わさってるからなあ~(・ω<)てへぺろ

案の定、複雑すぎてヨドバシ店舗のPCからでは手続きができないことが判明……_| ̄|○マジカヨ

本社にFAXを送り、今日中には手続きが完了しないかもしれないと言われる。
18時に再来店することを伝え、タリーズコーヒーで朝飯を食おうとするもまるで食欲がわかない。しかも前日の晩飯食ってないんですよ。腹がとにかく痛い。
腸内にガスがめっちゃ溜まっていたみたいで、これがきつかった。いつも寝てる間に知らず知らず屁こいてるんですかね。人がいるところだとガスを出せないから、お腹がすぐ張ってしまう。腸に病気を持つ人だけの悩みかもしれませんね。

夜通し並んだことにより、クローン病の大敵である、睡眠不足、疲労、体の冷え、iPhone5sをゲットできるかどうかの不安(ストレス)という四重苦に襲われたことは言うまでもありません。

しかも20日は通院日でしたので、血液検査でやばい結果が出るのではないかと内心ビクビクしていましたが、クソネミ( ˘ω˘ )だったのでどうでもよくなりました(※9月20日の通院日は、9月11日の発表日よりも前に決まっていました。発売日にあわせたわけではありません)。

この間もそうだったんですけど、採血室が激混みしていて、おじいちゃんおばあちゃんがいっぱいいらっしゃったんですよ。9月はなにかあるのでしょうか?
次回からもっと早めに病院に来ないとだめだなあ。

丸香で釜玉うどんをがっつり食い(それでも後半きつかった。胃が小さくなってるんだと思う)、『劇場版中二病でも恋がしたい! 小鳥遊六花・改』を観ました。おしゃべりしてる連中が3組ぐらいいて、イライラした。六花ちゃんが不可視境界線上でパパとさよならするシーン(テレビで放映済み)で笑い声が上がるとは思わんかったわ。僕はあまりにもしんみりしすぎて泣きそうになっていたのに。ありえない。
友達も、『中二病でも恋がしたい!』のファンはマナーが悪い輩が多いと感じているようです。同じファンとして恥ずかしいし、悲しいし、かわいそうな奴らだよホント。
席を立ちたくなかったので、スタッフに言いづらかったけど言えばよかったね。元映画館スタッフとしては、お客様からクレームを入れられる前に、スクリーンチェックで事前に注意するのがホスピタリティを上げることにつながると思うんだけどね。シネマサンシャイン池袋よ、がんばってください。

それに引き換え、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のファンはおとなしいですね。
笑い声が起きたのは、スラムダンクの安西先生のネタぐらい。ずっと回想編の総集編でテンポ悪いけど、ずーっともう泣けるんだよな。泣きっぱなしでもいいぐらいなんだよね。

さて、夜の6時になり、ヨドバシ新宿西口へ。過度な期待は禁物、過度な期待は禁物……心のなかで唱える。

 

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ふおおおおおおおおおおお!!!

高級感あふれるラグジュアリー!!
たまらない……中華っぽいダサさ……(´q`)
愛せる。

 

 



ついにこのときがきました。

ゴールドエクスペリエンス!!! WRYYYYYYYァー!!!

iPhone5sは形が変わっていないので、iPhone5のケースを使用することができます。
このジョルノ・ジョバーナのケースは、ジョジョ展で販売されたデコレウェアの一般流通版なので、透明の上にシルバーで絵が描かれています。ゴールドが映えますね。
ポリカーボネイト製なので、触り心地がiPhone5cと似ています。

アクティベーションの間、店員と雑談しました。
タッチペンもらえました。彼もゴールドがほしかったみたいですが、さすがに店員として並ぶことができなかったので、オンライン予約をするとのこと。悔しがり、うらやましがっていました。

ついに  りょうきんプランが  4GフラットLTEに  なったぞ!!

今まではWi-Fiにつながっていなければ通話しかできなかったので、ついイー・モバイルのGL06Pを買ってしまいましたが、これで携帯1個で通信できるようになりました。これぞスマートフォンですよねえ。通話しかできないってPHSかよ。

しかし、フラットにしたことでイー・モバイルの料金が重荷になる可能性がでてきました。新規一括0円で買ったので、月月割が効いているのでまあ良しとしましょう。
ちなみに2段階制のプランなら、ハートフレンド割引は0円〜6,510円です。

その足でAppBankStore新宿へ。
ネットで紹介されていたiPhone5s用の保護フィルムは売っていませんでしたが、無料保護フィルム貼り付けサービスが開始されていました。料金無料ッ! 保護フィルム代も無料ッ!


3,000円以上買うと500円分のiTunesカードがもらえるので、右の緑と白の巻取式Lightningケーブルなどを買いました。
左のLightningケーブルはビックロのAppleコーナーで買いました。ケーブル不足に陥ることは予想されていましたが、意外と出費が嵩みます。


なんと紙切れが2枚しか入っておりません!!
説明書はネットで見てちょ♪
だ、そうです。


個人的に一番楽しみにしてたのが、こちら↑のEarPodsイヤフォン!!
音質がなかなか良いとのこと。AppleStoreでも3,000円ぐらいで売られているので、価格帯に見合った、あるいはそれ以上の音質が期待されます。
高音質を求めるヘッドフォンは2万円以上が最低ラインだと思いますが、どうせ圧縮してわざわざ音質を劣化させて聴くiPhoneにはこれぐらいがちょうどいいでしょう(といいつつ、SONYの新製品MDR-10シリーズを狙っています。10月1日予約開始! 10月25日発売!)。

iPhone5から見た目の上で変わった箇所はホームボタンのTouch IDのみです。
今はAppStoreで無料アプリをインストールするときに指紋認証が使えず、どうしようもなく、解決策が見つからないのでGenius Bar営業開始待ちといったところですね。予約は完了しています。
設定>一般>パスコードと指紋認証>指紋認証>iTunes & AppStoreをオンにして、Apple IDのパスワードを入力し、AppStoreで最初の1回目にApple IDのパスワードを入力→インストール。
そして2回目のの無料アプリのインストールから指紋認証が使える……ようなのですが、どこか間違ってますかね?

Genius Barへ行ったら続報を書きます。
長々とお読みいただき、ありがとうございました。
Have A Nice iPhone!!


追記(2013.09.29)
AppleStoreへ行ってきました。
どうやら、AppleStore渋谷ではiPhone5sのサポートを受けた人は僕が初めてのようです。ジーニアススタッフもまだiPhone5sを持っていなくて、品薄が酷すぎると思いました。
なので、原因は不明!
iPhone5sを出荷状態に復元するとAppStoreでも指紋認証による無料アプリの購入ができました。しかし、バックアップから復元するとまた不能状態に陥ってしまいました。
ジーニアススタッフもSoftBankの実機を使って確認したそうなのですが、そっちでもこの問題が発生し、少し経ったら勝手に直ったとのこと。
だから、原因は不明!(笑)
どうやら、アプリが多すぎると発生するのではないかと言われました。
まあ、アプリを1,000個以上いれていますからね。これでも200個ほど減らしたんですよ?
いまはさらに100個減らしました。まだまだ減らさないといけないみたいです。ジーニアススタッフからは「500個ぐらいでいいと思いますよ?」と半ば呆れ顔で言われてしまいました。

というわけでみなさん、アプリの入れ過ぎには気をつけましょう……(アプリを減らしても直らなかった場合、再びGenius Barに行ってレポートします)。