2014年1月30日

Surface pro2レビュー――その重厚感

去る10月末、Surface pro2を購入しました。



10月の入院中、突如として「Surfaceめっちゃほしい」状態に陥り、毎日検索しまくっていましたね。
そんななか、海外でSurface2/Surface pro2が発売されるというニュースを知り、これは日本版出たら2を買いたいぞと思っていました。

10月22日、Surface2/Surface pro2が諸外国にて発売され、iPad AirとiPad mini Retinaが発表。Surface pro2もiPad Airもどっちも買いたいぞ! と決め込んでいますが、まだiPad Airは買えていません。お金ほしいです。

同日、NOKIA Lumia2520と、Lumia1520、Lumia1320が発表されました。Lumia2520はWindows RT 8.1タブレットということですが、あまり脚光を浴びず。Lumia1520とLumia1320は6インチのWindowsPhoneですが、こちらもあまり取り上げられていませんでしたね。NOKIAは好きなんですが端末を全然持っておらず、先日Lumia520をいただいて、やはりNOKIAの端末はすばらしいと感動しています。日本でも出してほしいですね。絶対売れると思います。



10月24日、急遽Microsoft Japanの記者会見があり、日本でもSurface2/Surface pro2の発売が決定されました。しかも翌日25日発売!
ちょうど25日が退院日だったため、その足で新宿ビックロに行ったところ、タブレットPC売り場の店員さんが徹夜でSurface売り場でがんばっていました。

では、3ヶ月も延ばし延ばしで時間が経ってしまいましたが、Surface pro2のレビューいってみましょう。

2014年1月27日

Surfaceショールームに行ってきました。

昨日、表参道ヒルズに期間限定でオープンしているSurfaceショールームに行ってきました!



1月27日(月)までオープンしており、最後の3日間、Surfaceニュースレターをショールームで見せるとペンケースがもらえるキャンペーンが開催されているので、せっかくなので行ってみたというわけです。
土曜日(25日)のお昼ごろに行ったのですが、もう結構な数はけていたみたいですね。青は残っていなかったみたいです。もともと黒をもらおうと思っていたので、黒をチョイス。黒は人気ないんですかね~。TypeCoverも黒を選んでいます。

  

「Scientia est potentia(知識は力なり)」
16世紀イギリスの哲学者、フランシス・ベーコンの格言がラテン語で記されています。かっこいいですね。

その下に、「GENUINE LEATHER」。なんと本革です。リッチなキャンペーンですね。
中がかわいいし、こぶりなのでちょっとしたペン入れとして使えそうです。もう学生の身分ではないので、大きめのペンケースは毎日カバンに入れていないものの、ペンケース自体はあったほうがいいなと思っていたのでちょうどよかったです。
今日思ったことは、無印とかでも売ってるペンっぽく畳めるハサミを入れておこうと思いました。外出先で、手だとちょっと開かないパッケージを開けたいときに便利ですからね。

こぢんまりとした店内はとても暑かったです。すぐマフラーとコート脱げばよかった。ちょっと汗だくになっちゃいましたね。

アンケートに答えたり、先日ようやく発売されたアークタッチマウスSurfaceエディションをさわったりしました。
アークタッチマウスは操作性と持ちやすさは僕の手にベストマッチして、不安に思われたホイールスクロールも実際試してみると不便さはあまり感じませんでした。問題なく、使いやすいです。折りたたんで電源オンオフは便利ですね。
ただ、滑り具合が悪いというか、喫茶店のテーブルとかで使うには少々使いづらそうかなと感じました。マウスパッドがあれば気にならないのかもしれませんが、マウスパッドを持っていなかったので試せませんでした。そのあたりどうなのでしょうか。レビューなどを参考にしたいと思います。

帰りしな、Surfaceのエコカイロをもらいました。
ショールームでSurfaceを体験すると誰でももらえます。



今日も外出したので、せっかくなので使えばよかった。
中の金属片を曲げると発熱するみたいです。
使った後は、お湯で加熱して常温に冷ますと再利用できるとのこと。

小学生のころ、カイロが破けてポケットの中が鉄粉だらけになる事件が勃発して以来、あまりすすんで使ってこなかったのですが、これなら躊躇なくどんどん使えそうですね。

そういえばSurface pro2のレビュー記事を書いておりませんでした。
近日中に書きたいと思います。

2014年1月25日

YeYe『HUE CIRCLE』Tour Final at KYOTO MUSE

YeYe『HUE CIRCLE』ツアーファイナルということで、京都に遠征してきました!

前回、京都旅行記の続きでございます。
四条河原町をぷらぷらと歩き、KYOTO MUSE前で待機する僕と友達と友達妹の3人。
京都はジュンク堂が多い気がしますね。なんか結構近い距離に2軒ありました。新宿店が潰れたことが未だに信じられません。

30分ぐらい前に着いたのですが、どこかに入ってお茶するにも中途半端な時間なので、いわゆる「開場待ち」をすることにしました。
メジャーなバンドだと開場待ちは見慣れた光景で、物販なんかの行列に並んだりするのですが、物販は開場後ということで、こぢんまりとした箱の階段下で待つことになりました。



するとどんどん人が集まってくるではないですか。
狭いエントランスに人がわんさか集まっていますよ。この間の東京公演もかなり人入りましたし、もうYeYeがどんどん有名になっていきますね。すぐにでもメジャーデビューしてもおかしくないですし、このツアーファイナルを観た後では異論を唱える人は誰もいないでしょう。

同じビルから出てきた滋賀在住の若い3、4人のグループでYeYeを知っているのが1人だけとか音楽なめてますね。

さて、結構チケットの番号は早いほうだと3人とも思っていたのですが、先行予約的なチケットからの入場でしたね。
まあ、会場入っちまえば、飲み物取りに行く人や物販行く人や後ろのほうで話してたりする人などいますので、いつも大して気にしていません。前の方に入り込もうと思えば入り込めますからね。ぐいぐい。

コインロッカーが少なすぎるし、階段の途中にあるので焦りましたが、クロークもありました。わかりづらいねん。チケットの番号告げる人も、入場案内の人もちゃんと説明してくれやという感じでした。
物販はまたお菓子とかあったよ。おにぎりはちょっと気になりましたが、結局なにも買いませんでした。

僕の前に背の高い人がいてあまり視界は良好とは言えず、ちょっと残念でしたが、それでも迫力満点魅力満点の素晴らしいライブでした。今までの中で最高だと言えるのではないでしょうか。

あ、グッズをもらいました。



タオルですね。まだ開封していません。いつか使おうかな。売りたくないし。

ではそれぞれの曲について感想を。
あんまり中身がないかもしれませんが、許してください。

幕が開き、1曲目は「woo lino sunte on lino」からスタート。
この曲はライブ版のバンドセットアレンジになるとすごい重厚な曲になって、熱く乗れます。踊れよ。

2曲目は「おいで」。

ここでゲストのTurntablefilmsの井上陽介さんが登場。
3曲目は「明日は来ないか」。

しっとりした曲が2曲続いて、
4曲目は「あるある言いたい」。

5曲目はカバー曲「Buddy Holly」。BPMがめっちゃ早いスピーディーなアレンジで大変素晴らしかった。

6曲目は「morning」。安定してますね~。

7曲目「uminami」。めっちゃいいね。
シンセサイザーの音が素晴らしく突き抜けていて、実に感動的でした。

8曲目「fangjia」。来ました! fangjia! ライブで聴けてうれしかったです。

9曲目「ハイ、ディア、ペネロピ」。これもいいですね~

10曲目は田中オブザイヤーの曲「under the sun」。これ東京公演でもやったんですが、結構好きです。
終わった後CDもらおうと思ったんですが、あっという間になくなっちゃったみたいでもらえませんでした。そういえばTwitterでくださいっていうの忘れてましたね。まあいいか。

11曲目は宇宙人の曲「であう、わかれる」。

12曲目は幻の曲で、初期の頃の配布CD-Rに収録されていた曲だとか。ほしい。聴きたい。

13曲目は「プログレ」。
14曲目は「TAO」。なっちゃんって言いたいですよね~。なかなか言えないですよ。
15曲目「Do We We a」。踊ろう! 楽しい!

ここでスペシャルバンド編成になりました。
トランペット2人と、コーラス3人が登場。

16曲目「miserable」。
泣きました。あまりの感動のあまり、泣きました。
ただ、トランペットの音がぜんぜん聞こえなかったのが残念でした。

17曲目「パレード」。
今度はトランペットの音もちゃんと聞こえました。ついにコーラス部分をPAから出すことなく曲を披露できるまさに「完全版」!!
泣きましたよ。感極まって、涙がにじみましたね。心にしみました。嫌なこととか全部忘れてさ~もう最高だよね。

アンコールで「言う」と、三井不動産CM曲「1347smiles」。
聴いたときは知らなかったのですが、後で友達が教えてくれました。
コーラスの3人がめっちゃがんばって、すごい曲に仕上がっていました。ぜひ次のCDに収録してほしいですね。

最後にカーペンターズの「Rainbow Connection」。ショコラさんを思い出しますね~。

以上です。
その後は颯爽と車に乗り込み、京都の街をあとにしました。
もうこのまま帰りに死んでもなんの未練も悔いも残らないってぐらいよかったです。

帰りの車中では、SAでメシを食ったあとずっと寝ていて、家に着いたら罪悪感に苛まれました。

また旅行に行きたいですね。




2014年1月24日

京都旅行

桓武天皇が王城の地を定めてより千二百年……
京都へ旅行に行って参りました。
その目的とは、YeYe『HUE CIRCLE』ツアーファイナルを観に行くこと!

2014年1月5日

ハンガー・ゲーム2:CATCHING FIRE

ハンガー・ゲーム2を観てきました。
前作『ハンガー・ゲーム』から1年とちょっと、とても楽しみにしていました。
そして原作も三部作なので、映画の3も楽しみですね。いつ公開されるのでしょうか。ワクワク。

なぜかあまり多くの劇場で上映されておらず、前作を公開した映画館でも公開されていないという体たらく。
というかこんな面白い作品を後悔しないなんてもったいないですね。

それでは、感想行きましょう。

2014年1月4日

日本三大新興宗教

世界には三大宗教があります。
キリスト教、イスラム教、仏教ですね。
日本においては創価学会、立正佼成会、幸福の科学ですね(※個人的見解です)。

これらの宗教は煙たがられることもあり、政教分離の原則を逸脱しているのではないかとしばしば議論が交わされることもありますが、ちゃんと宗教法人として法人格を付与されている立派な法人です。
とやかく言うこともないでしょうし、また、そのつもりもありません。

本題は次です。

どうやら日本にはさらに三大新興宗教なる新たな宗教ができあがりつつあるようなのです。
まあ創価学会とかも新興宗教といえるかもしれませんが、今から紹介する三大新興宗教が上記宗教法人と違うところは、恐ろしいことに知らず知らずのうちに一定数の人口に膾炙してしまっているところであろうと思います。
そして信じる信じないは人の自由である前述の宗教とは裏腹に、あたかもその提唱する理念が科学的に正しいと根拠もなく嘯いていることです。

幸いにも「マイナスイオン教」は消えました。まだその残党をときどき見かけることもありますが、さすがにもう信じる人などいないでしょう。
新年からきな臭い記事を書いてすみませんが、ただの自分が買ったものの紹介記事なので心配しないでください。

それでは紹介しましょう。


①地球温暖化信仰教会

地球温暖化なんて起こっていません。今はただ暑いだけの温暖期です。
みんな、特に政治家たちは温室効果ガスを悪者視していますが、地球になくてはならないものです。不要なものではありませんし、削減する必要もありません。エコというのは、方向を見誤ればただのエゴにしかなりません。
まあ、僕がただ地球温暖化懐疑派なだけなのですが、ともすれば懐疑派の意見も推し進めれば煙たがられてしまいますね。
異常気象や海岸線上昇の問題対策は確かに必要ですが、地球温暖化の対策としてやるのは間違っていると思います。


②食物繊維万能会

はなまるうどんが主体となって興った宗教。
「食物繊維は誰にとっても万能薬となる」というのが教義のようで、うどんの麺にレタスに含まれる不溶性食物繊維を配合するというとんでもないことをやってしまいました。
うどんの麺にだって食物繊維は含まれるようですが、うどんは消化の良い食べ物であるはずです。それなのに、消化を悪くする不溶性食物繊維を配合するなんて言語道断ですね。いやはや恐ろしい。
食物繊維は必ず健康に良いという思い込みを利用した宗教です。むしろ食物繊維の摂りすぎは体に悪いので注意が必要です。
ことの顛末をまとめていなかったので、ここで紹介しておきましょう。みなさんも新興宗教はなまるうどんには気をつけてくださいね。

はなまるうどんに送ったクレーム
はなまるうどんから届いた返信


③ブルーライトカットレンズ教

一番新しいトンデモ科学の一種、ブルーライトを敵視した宗教です。
ブルーライトというのはその言葉通り青い光のことです。急にブルーライトが目に悪いって言われても、PCだけじゃなくて、液晶テレビとか携帯ゲーム機とかもブルーライトが出ているわけですね。
確かにゲームやってると目が悪くなるって言われていますが、青い光だけが悪いというのはイマイチ腑に落ちない感じがしますね。

さてこんな風にボロクソ言っていますが、この度、ブルーライトカットレンズ教に入信してしまいました。



一日中PCを使う仕事に就いたのですが、頭痛がひどくなってきたので購入しました。最初の頃は大丈夫だったのですが、やはり眼精疲労が蓄積されてしまったようです。肩こりは起こらなかったのでよかったのですが、帰宅途中ずっと頭が痛いというのは悩ましいものです。仕事に支障も出ますしね。

物は試しということで買ったのですが、なかなか悪くないです。見え方もそんなに違いありませんし、数年前に買った眼鏡市場のUVカットレンズのメガネのほうが色味が茶色かったので、眼鏡のレンズも年々進化してるんだなあと感心しちゃいました。
ALOOKのPCレンズはJINSやZoffと比べてギラつきが抑えられているようで、見え方が普通のレンズと大差ないレベルにできているそうです。

考え方も少し変わりました。
青い空の光だって、ブルーライトと言えますよね。でも、空の青さは太陽の光が大気の屈折によって青く見えているだけです。強い光が、大気というフィルターを通して僕たちのもとに届いているわけです。
ブルーライトカットレンズを大気のフィルターと同じだと考えるようになりました。もちろん、モニターの輝度はある程度まで下げることも必要です。

そうそう、太陽の光を浴びると時差ボケが治るように、ブルーライトは体内時計に影響していて、寝る前にPCとかスマートフォンの液晶を見ていると眠れなくなるとか良質な睡眠がとれなくなるとか言ってる人もいますが、彼らもこの宗教の教徒なんです。でも、実はそんなことないと言っている人たちも、「反ブルーライトカットレンズ」という組織の一員かもしれませんね。


要するに、何が悪で何が善かは自分で決めたらいいってこと。
周りの意見を鵜呑みにしていると自分を見失っちゃうし、体に悪影響も出ることになりかねませんから。食物繊維然り、PCの頭痛然り。
ブルーライトなんて嘘っぱちだと信じこむのもいいですが、僕のように頭痛や、さらには肩こりまでひどくなってしまっては元も子もありませんから。
取捨選択をするということも大事ですね。プラセボでもなんでも、効果が出たので助かってます。
本当にひどかったら病院行けばいいんです。新しい眼鏡も欲しかったんでちょうどよかったです。オススメしているわけではありませんが、一つの選択肢として試してみるのもありかなと思います。

2014年1月2日

ゼロ・グラビティ

昨年12月22日に話題の『ゼロ・グラビティ』を観てきました。
というか、厳密に言うとSFではないかもしれません。現代でも十分起こりうる話です。

IMAX 3Dで観ました。みなさんもぜひIMAXの大画面でかつ3Dで観ましょう。
ザ・ベスト・オブ・ムービー2013にこそランクインしましたが、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニー好きは間違いなく観たほうがいいと思いますし、映像や雰囲気だけでも十分観る価値があります。

冒頭でいきなり宇宙の静けさを感じられます。治安の悪い映画館(例えば、MOVIXさいたまやシネマサンシャイン池袋)ではこの静けさを感じられないでしょうね。ぜひ、ユナイテッド・シネマ浦和など快適な映画館で観ることをオススメします。そしてIMAXで観ましょう。

それでは感想いきましょう。

2014年1月1日

瑞光祥春



あけましておめでとうございます。
2014年になりました。2013年の本厄を乗り切りましたが、まだまだ後厄の一年が残っていますね。
よくなかったこと、ついていなかったことを厄年のせいにしたくないので、気をつけて、反省をし、努力しようと思います。

さて、一年の計は元旦にありということで、昼になる前に今年の目標を決めましょう。
去年の目標は「さっさと就職決めてバイトをやめる」ということでしたが、無事に達成することができました。
しかしその一方で、今までのバイト生活のほうがよかったかなあという気持ちもあり、複雑です。
でも今の仕事をしっかりやることが重要ですね。責任感を持って取り組みたいと思います。

去年は『くろーんず-マンガで分かるクローン病-』第4話を退院後ぜんぜん描けず、小説もまったく思うように書けず、「ザ・ベスト・オブ・コミックス2013」を中止にせざるを得ない状況に陥るほど積読を消化できず、ゲームも買ってもプレイできず、簿記3級も受かったはいいもののギリギリの得点だったので圧倒的に勉強時間も足りていませんでした。

というわけで、今年の目標は、「時間をつくる」ということにします。

資格勉強をする時間、漫画を読む時間・描く時間、小説を読む時間・書く時間、ゲームをやる時間、映画を観る時間などなど……よく学びよく遊べということですね。

昨年末はコミケには行きませんでした。でもライブに行ったからそれなりに楽しい年末でしたね。
年越しの瞬間はゲームしてました。毎年テレビを見ていたんですが、今年はガキ使ですら恐ろしくつまらなかったので、好きなことして過ごしました。ゲームはFF13-2をやっています。FF13が好きだったので、かなり楽しくプレイしています。PS3の同梱版で買ったのに今まで積んでたんですよねー。早くLightning Returnsもプレイしたいですね。

今まではバイトで年末年始の休みなんて全然なかったものですから、こうして長期休暇があると逆にだらだらしてしまってダメですね。早速目標が達成できないフラグが立ちつつありますね……いかん。

それでは、こんなグダグダなブログではありますが、今年もよろしくお願い申し上げます。