2014年12月31日

iOS8で使いたいオススメのアプリ10選

みなさんこんにちは。
iPhone6を買った方も、iPhone6plusを買った方も、iPhone5sやiPhone5cの在庫処分を買った方もこんにちは。
iOS8がリリースされてから早3ヶ月が経ちました。
現在はiOS8.1.2が最新版としてリリースされていますが、まあバグが多くて使いにくいと感じていらっしゃる方が多々おられることでしょう。
特にユーザー辞書の同期バグは酷く、iOS8.1.2にアップデートしても直りません(直ったという人も一部いらっしゃるようですが……)。
仕方なく全部手動で入れ直しましたよ。IMEの更新によって、ユーザー辞書に登録しなくてもサジェストに出る単語もいくつか増えましたからね。良い目で見てみると刷新できたので良かったです。

Apple社は定期的なリリースに拘泥するあまり、質の悪いプロダクトを出してしまっているというのが最近のAppleファンに共通する意見のようです。同感ですね。
スティーブ・ジョブズが存命していた頃は、質の良いものができて満を持してリリースするというスタンスだっただけに、最近の動向は落胆を感じずにはいられません。

『テルマエ・ロマエ』を描かれたヤマザキ・マリ先生の『スティーブ・ジョブズ』が最近話題なので読んでみようかなと思っています。
映画も面白かったしね。

さて。今年は映画もあまり観ていないし、CDもたいして買わなかったので、年末企画は何もできないではないかと思っていましたが、アプリ紹介ぐらいはできるかなと思って急いでピックアップしました。
それにベスト・オブ・ザ・ムービー2014は『インターステラー』、ベストアルバム2014はNEWHOUSE『Kaleidoscopic Anima』で決定ですよね。

漫画はまたしても全然読めず、悔しい限りです。本棚に収まりきらない積読本がこのとき以上にめちゃくちゃ溜まっています
最近は本棚をDIYで自作したいなと思っていますが、なかなか取り掛かることができません。無念。

前回の「iOS7で使いたいオススメのアプリ」も見てくださるとうれしいです。
それでは紹介します。iOS8で使いたいオススメのアプリはこいつらだ!

2014年12月30日

The Suzan Japan Tour at DaisyBar 10th Anniversary pre-party ~Welcome home~ on 27th Dec.,2014



みなさんこんばんは。今年も我らがThe Suzanが日本に帰国されましたので、来日凱旋ツアーに行ってきました!
The Suzanはアメリカ・ニューヨークで活動を続けている日本人女性の3ピースバンドです。

と、いっても12月27日DaisyBarの1日だけですが……。
友達と友達の妹と一緒に観ました。

12月10日のUstreamは家で観ました。旧メンバーのイクエちゃんが来てましたね。円形のライブスタイルがパーティー感を醸し出していて、なんとも楽しそうではありました。
じゃあ行けよ! って話ですよね。テレビとかUstreamとかの生放送配信にもうどうしても映りたくないので、仕方ないのですが。
個人的には電子ドラムよりも生ドラム派、メディアにはあまり映りたくない畑の人間なので、出不精こいてしまいました。
今回はイクエちゃんは来たのでしょうか? 後ろを全然振り向かなかったのでわからず仕舞いでした。

さて当日。
最近は体調も少しずつ良くなってきて(12月の中ごろからかな)、ライブではしゃぐにはなかなか良いコンディションになってきました。
でも夕方から外出するというのが好きではなくなってしまったので、本屋と無印でだらだら買い物して、渋谷の大戸屋で鯵の炭火焼きやまかけ定食を食べてから下北沢へGO。
下北沢はコインロッカーが全然無いので本当に嫌になります。駅の北側に1か所あるだけなのかな? 下北沢界隈のライブハウスにも大抵コインロッカー無いし。もちろんDaisyBarにも無い。クロークも無いです。あるときはあるみたいですけど、クロークは無い。
下北沢は嫌いな街ベスト3には入りますね。ちなみにベスト1は代官山。
じゃあ新代田FEVER行けよなって話に。

どうでもいい愚痴は置いておいて、さっさと中に入ってしまいました。
今回は前回のような何しゃべってんだかわかんない受付の人がいなかったので本当に良かった。しかしドリンクチャージが600円で、話が噛み合わなかった。100円玉のやりとりでまごついてしまった。
千円札を出して、「100円玉あります?」と言われ、お釣りの500円玉が無いのか仕方ないと思って100円玉5枚を探して出したら、「いや1枚でいいです」と言われ、「えっ? どうして?」と聞き返したら「そしたら500円玉1枚でお釣り返せるんで」と。一瞬クエスチョンマークが出て、「ああチャージ600円なんですか!?」「はい……」
揉めたわけではないけど、不満感を露わにしてしまったのは少し反省。
最近ぼったくり居酒屋とか釣銭詐欺とか横行していますけど、500円にしといたほうがいいんじゃないの? お釣りも楽だし。

やっぱりDJがいないバンドだけのライブイベントっていいですね。なんか安心する。懐かしい匂いがする。
開場してから開演前と、間のハケと準備の時間が明確に「休み」になってメリハリがつくからでしょうね。DJが「休み」の時間も音で会場を支配しないからというか。
何言ってんだコイツって感じでしょうが、まあ人それぞれ違うんでしょうね。

1バンド目、YOUR ROMANCE。
音圧がでかくて、ドラムがやたらめったらパワフル。なかなかうまい。
以前、ドラムなんていなくてもいいんじゃないのとか言っちゃいましたけど、ライブは別。ドラムがいないと話にならない。
でも技術に走ってる感じがしましたね。手数が多いオカズよりもまずは基本パターンでしょう。
1曲目がVAMPIRE WEEKENDみたいな曲でちょっとだけ期待しましたが、2曲目からセンス無いな~という感じの曲調になってしまって残念。
右のキーボード&ギター&サブボーカルがうぇーい系(あるいはテニサー系、湘南系とも呼ぶ)のノリなのが気に障った。

2バンド目、NOなんとかMAN。
ロキノンを意識したありふれたバンド。今日は全体的に音圧がでかくて声が割れてましたね。
終わった直後、最前列を陣取ることに成功しました。The SuzanのライブはホームであるDaisyBarなのにもかかわらず、モッシュがないのでこういう気軽な行動がとれます。モッシュがあるバンドのライブで最前列取るとひどい目に遭いますからね。客同士でトラブルを起こすと演奏を止めてしまうバンドもあるとかないとか。

そしていよいよ3バンド目、The Suzanの登場です!!
なんでも他の2つのバンドと曲の良さについて殴り合いの喧嘩の末、見事ドラムのニコが勝ったのでThe Suzanがトリを獲得したそうです。さすがアフリカの女戦士。腕っ節がそんじょそこらの下北系バンドとは格が違うということを見せつけてくれました。
でも僕は、ニコはネット弁慶なんじゃないかと思っているので、意外と彼女はそんなことはできないのではと感じています。銀行に就職したぐらいですからね。まあ喧嘩の話は本当かどうかしりませんけども。

セットリストをサオリが返しのスピーカーに貼り付けていたのですが、読み取ることはできませんでした。最近スマートフォンの画面ずっと見てるから視力ががくっと落ちちゃったんですよね。自業自得ですけど、メガネの度を変えないといけないかもしれません。1.2下回ってるかも……。危ないですね。

今回のThe Suzanのセットリストはこれだ!


ライブ後にリエ姉からいただきました。
チラシの裏にメモ書きで書かれたセットリストはある意味貴重ですね。ありがとうございます。
こういうのをいただいてしまうと、ライブレポートを書かざるを得なくなるというね。まあThe Suzanのライブレポートを書いているのは日本でも僕1人ぐらいなんじゃないでしょうか? NEW HOUSEですらそうだもんな。
自分の肩書は「Blogger」が一番しっくり来るなあと最近感じています。Writerではないかな。まあそれが仕事じゃないけどさ。

ライブの感想ですが、まさかの1曲目から新曲です。「cat」
そのタイトル通りのキュートな曲ですね。猫のかわいらしさと獰猛さの二面性を感じられる曲でした。
そして「Jungle Beat」。ジャンプしろジャンプ!! ジャンプしない奴はモグリだ。

新曲がたくさんあってアルバム3枚ぐらい出せそうとかニコが言ってましたが、アルバム出る出る詐欺を2年前ぐらいからずっと続けているので、本当に3枚同時リリースしてもいいんじゃないの? ってぐらい新譜を今か今かと待ってるんですよ。
まあ出るのはさらに2年後でしょうかね。

次に「Come」。そして「Desire」……なのですが、メンバー内では旧曲名の「Kaeru」で通してる模様。
また少しアレンジが変わりましたかね。新しいMVも早く観たいです。
二段キーボードで旋律とベース音を弾き、さらにおもちゃ笛も吹くリエ姉は本当にすごい。

「Musica」も新曲。チャイニーズな感じのアレンジがとても良いですね。東洋系というか。素敵です。
「Wild」も新曲といえば新曲なのですが、もはや聴きなじんでいますね。YAAYAYAYAYAYAYA!! YAAYAYAYAYAYA!!

「Moving On」はiTunesで買えますね。新曲群の中でリリースされているのはこの曲だけ。
Moving On - Single - The Suzan

この曲は特にニコのドラムがかっこよくて好きなのです。やっぱり自分がドラムをやっているからか、ドラム目線でバンドを観てしまうことが多いですね。

「Ha Ha Ha」をやって、「Home」。「Devils」から、「London Tonight」、「Uh Ah」で締め。
「London Tonight」もかなり好きなので、ライブで聴けると非常に嬉しい曲ですね。
メンバーが楽屋に引っ込むことなく、そのままアンコールへ突入。なんか去年のDaisyBarでもこんな感じだった気がします。締めてるのに締まらないというか、グダグダになるというか。
でお決まりの「TOKYO」をやると。
そしてDaisyBar10周年を記念して昔の曲「Play the guiter」でラストとなりました。ローファイ・ガラージですねぇ。さすがにもう古臭い感じがしますけど、もう10年もやってるのか~と感慨深くなりますね。まあ去年もこの曲やってましたけど。

会場はかなり暑く、熱気に包まれましたね。前の2バンドはそこまで熱くなりませんでしたが、The Suzanで一気に室温が上がりましたね。まあ踊ってたからかもしれません。
明日31日もカウントダウンライブがDaisyBarでありますので、行ける方はぜひとも行きましょう!

それではまた来年も凱旋を待っています。今度こそアルバムを引っさげてきてくれるかな?
東京オリンピックが始まるまでにはリリースしてほしいですね!

2014年12月8日

インターステラー

今話題のSF映画、『インターステラ―』を観てきました。

近い将来に起こるであろう食糧危機の問題と人類の植民をテーマに描いた素晴らしい作品でした。
地学が好きな人はものすごく楽しめると思うし、SFファンタジー、疑似SF(疑似科学)が好きな人にもオススメしたいですね。

ヒューマンドラマとしての側面が強く、スリルがあって、夢と未来を感じました。

2014年12月2日

NEWHOUSE『Kaleidoscopic Anima』 Release Party at Shibuya Home ,30th November, 2014

11月30日、NEWHOUSEの『Kaleidoscopic Anima』リリースパーティに行ってきました。
最近NEWHOUSEのライブには行っていなかったのですが、リリースツアーのファイナルということなので楽しみにして行きました。
前回行ったのは5月かー。あれ? 前回もリリースパーティって言ってましたね。